FC2ブログ

Bun meets man.

日本テリアのいる暮らし


関東 東海 東北以外は梅雨明けしたようですが 熱帯低気圧のせいで 梅雨明けは来週に持ち越されそうです。
梅雨入りしてからの日照時間が極端に短いという記録を残し 今日太陽を見たのは久しぶりの気がします。
とはいえ 外はこのほか暑く 蒸し暑いです。
カリガネソウ(雁草 雁金草)です。
名前の由来は 雄しべと雌しべとが弓のように飛び出ている姿をカリ(雁)が飛んでいるのに見立てたことから来ていますが 花の形を船に見立てて ホカケソウ(帆掛草)とも言われます。

過去のカリガネソウの記事です。

・ カリガネソウ 今年も!


1.
bmm19-174.jpg

カリガネソウ(雁草 雁金草)は 東アジア(日本 朝鮮半島 中国)に分布し 全国の山地に自生するシソ科(クマツヅラ科) カリガネソウ属に分類される多年草。別名 ホカケソウ(帆掛草)。

草丈 60-100cm。花期 8-10月。果期 10-11月。花冠長 8-10mm。 花色 青紫色。

2.
bmm19-165.jpg

茎上部の葉腋から花柄を出し 集散花序に たくさんの花をまばらにつけます。
長いしべはこの可愛らしい蕾の中に折りたたまれています。

3.
bmm19-168.jpg

花弁と萼片は 5枚 であることが多く(4~6枚 のもある) 花弁は凹形で 縁がひだ状になっています。
2枚 は上に 2枚 は左右へと大きく広がり 下側の花弁は大きく舌状となっていて 蜜標となる白い斑点紋様が入っています。

4.


舌状の花弁は 昆虫が吸蜜する時 とまりやすくするため。

オンマウスしてね!

5.


雄しべより雌しべの方が長く 雄しべ(長さ 3-3.5cm)は 4本 で 2本 が長く 2本 が短くなっています。
雌しべは 1本 で先端は 2つ に割れています。

オンマウスしてね!

6.


ハナバチなどの花粉を媒介する虫が花を訪れると  左右の花弁に脚をかけるようにして止まり 花に虫の重みが加わると花序が垂れ下がって花が首をもたげるように角度を変え 虫の背中に花粉と柱頭が付いて花粉を付けるとともに受粉する仕掛けになっています。

オンマウスしてね!

7.


バックのオレンジ色は ノウゼンカズラです。

オンマウスしてね!

8.
bmm19-176.jpg

透過光で輝いて。

9.
bmm19-177.jpg

カリガネに見えるでしょうか・・・

10.
bmm19-179.jpg

それとも帆掛け船?

11..
bmm19-178.jpg

若い果実。熟すと黒くなります。
宿存した萼片のカップのなかには 4ヶ の種子が 並んでいます。

12.
bmm19-173.jpg

カリガネソウ(Tripora divaricata (Maxim.) P. D. Cantino)シソ科 カリガネソウ属


* 今日のぶんちゃんともんちゃんは お休みします。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


アゲハさんの花巡り! もよろしく!





スポンサーサイト





梅雨寒が続いております。
1日中 の雨降りは 気持ちまで暗くなりそうです。
さて 今日はぶんちゃんをお迎えした記念日です。
もうずいぶんと昔のお話ですが 今でも忘れることのできない日です。

ブログの更新も滞って 春に観察したヤハズエンドウ(矢筈豌豆)です。
ヤハズエンドウという名前の由来は 小葉の先端が凹んでいて 弓矢の弦を受ける部分(矢筈)に似ていることによります。
ヤハズエンドウというのは 学術的に用いられる和名ですが カラスノエンドウ(烏野豌豆)という名で定着しています。
黒く熟した豆果はカラスの濡れ羽色で カラスノエンドウといわれる由縁です。

若芽や若い豆果を食用にすることができるし 熟した豆も炒ると食用になります。
秋に発芽し 春になると高さに達し 夏には全草枯れます。
茎には巻きひげがあり 茎は全体に毛があり 四角柱状。強い臭気があります。

過去のカラスノエンドウの記事です。

・ ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ


1.
bmm19-161.jpg

ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)は 本州から沖縄ユーラシア大陸に広く分布し 道ばたや堤防 荒れ地などのいたるところに生息するマメ科 ソラマメ属のつる性の多年草。

草丈 60-50cm。花期 3-6月。花色 淡い紫紅色。花長 12-18mm。
果実 長さ 3-5cm 幅 5-9cm の豆果で無毛。

2.
bmm19-153.jpg

葉腋に紅紫色の蝶形花を 1-3個 付けます。

3.
bmm19-154.jpg

真上から見ると・・・

4.
bmm19-157.jpg

葉は 1枚 の葉に 長さ 2-3cm 幅 3-7mm の狭卵形の小葉が約 12枚(8-14) あり 頂小葉は巻ひげになり 他のものに絡みつきます。
茎は 全体に毛があり四角柱状。

5.
bmm19-156.jpg

葉の付け根の托葉には 赤褐色の蜜腺があります。(花外蜜腺)
蜜腺は本来花の中にあり 花粉媒介のために昆虫を引き寄せる重要な意味を持つ器官です。
ヤハズエンドウには 花の他にもこのように蜜腺があり おそらく蜜でアリなどを引き寄せ 葉を食べる昆虫を補食してもらっていると考えられています。

6.
bmm19-162.jpg

アリ さんがいます。他にもアブラムシでいっぱいのことがあります。

7.
bmm19-149.jpg

花後には種子の入った莢をもつ実(豆果)をつけます。

8.
bmm19-159.jpg

豆のへそが長いのは ソラマメ属の特徴。

9.
bmm19-160.jpg

5-10個 の種子が入っていて 莢は初めは緑色をしています。
葉の先端の巻きひげがいろんなものに絡みついていますね~

10.
bmm19-150.jpg

熟すと黒色になり 晴天の日に裂け 種子を激しく弾き飛ばします。
カラスの濡れ羽色でしょ!

11.
bmm19-151.jpg

鞘を開くとこのように 模様の入った可愛い豆が整然と並んで入っています。

12.
bmm19-152.jpg

ヤハズエンドウ(カラスノエンドウ)(Vicia angustifolia L.)マメ科 ソラマメ属


*今日のぶんちゃん ”またですか~~!” の巻 '08.07.14

1.
bun19-36.jpg

法被を着て鉢巻きされて。

2.
bun19-37.jpg

ぶん: ”この上 まだポーズするのでちゅか~~!” とやや不機嫌に!

3.
bun19-38.jpg

さらにこの表情!
やる気なし! ってとこでしょうか・・・


* 今日のもんちゃん ”ボクちゃんも やる気なし!” の 巻 '08.07.14


1.
mon19-31.jpg

ぶん ちゃんとお揃いの法被を着せられて超不機嫌なご様子!

2.
mon19-30.jpg

すぐにこのありよう!
はい! はい! 今日はふたりともやる気がないのですね。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


ヒメアカタテハ さんの産卵! もよろしく!


orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-3147.html




台風一過ですが カラッとせずに じとじとと蒸し暑い 1日 でした~
これから先はこういう日が多いのでしょうね。
梅雨に似合うお花 ドクダミの八重です。
名前の由来は ドクダミの生葉の特有の臭気から 何かの毒が入っているのでないかということから毒溜め。
毒を矯める 止めるという意味で 毒矯み。
毒や傷みに効能があるという意味で 毒痛み。と諸説あるようです。
十種の薬の効能があるので ジュウヤク(十薬)とも呼ばれています。
ドクダミの葉は乾燥すると 成分が変化をして無臭になります。
このにおいの成分には強い抗菌作用や抗かび作用があるとのことです。

過去のヤエドクダミの記事です。

ヤエドクダミを手向けます!


1.
bmm19-135.jpg

何重にもなった総苞の間から 花が咲きます。
この総苞は 若い花序を保護すると同時に 開花時に昆虫を誘い込む役目を果たしています。

2.
bmm19-139.jpg

一重の普通のドクダミです。花弁も萼片もなく 白いのは総苞で 4枚 です。

3.
bmm19-144.jpg

こちらも1つ1つの花には 花弁も萼片もありません。 
花のユニットは 1本 の雌しべのまわりに 3本 の雄しべがつく裸花です。
雌しべの柱頭は 3-4本 で反曲しています。

4.


緑色の総苞が美しいです。

オンマウスしてね!

5.


一重と八重とでは 趣が全く違いますね。

オンマウスしてね!

6.
bmm19-145.jpg

蕾といっしょに!

7.
bmm19-147.jpg

いろんなスタイルがあって 楽しいです。

8.
bmm19-141.jpg

まとまって咲いていました。

9.
bmm19-143.jpg

だいぶ咲き進んで総苞も汚れてきました。
少ないけど 果実もできているような・・・

10.
bmm19-137.jpg

ドクダミ(Houttuynia cordata Thunb.)ドクダミ科 ドクダミ属


*今日のぶんちゃんともんちゃんは お休みします。
ぶんちゃんは ほとんどこれまでにアップしてしまっていますし もんちゃんは 2015年 のがたくさんあるのですが pc の不具合で削除されてしまって以来 再読み込みをしていないのでアップできないのです。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


ヒメアカタテハ さんの産卵! もよろしく!


orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-3183.html



昨晩の地震 突然のことだったので驚かれた皆様も多いのではないでしょうか。
追い打ちをかけるように 大雨も降っているようで心配です。
被災された方々には 心よりお見舞い申し上げます。
梅雨に入って以来 寒さが続いたり 暑くなったりとお天気は不安定のようです。
お天気病に悩まされていらっしゃるお方も多いようです。

今回は 3月 の終わりころに咲いていたユスラウメ(梅桃 山桜桃)が 果実となるまでを追ってみました。
名前の由来は・・・ 
ウメに似た花を咲かせ 風に揺れる様を例える ”ユスルル” にウメをつけたという説。
熟した果実を採る時に枝を揺すって落とすことからという説。 
朝鮮語名の ”移徒楽(いさら)””イスラ” がなまったという説など諸説ありますが・・・
サクラ モモ ウメのようなかわいい花からこの名がついたのでしょうか・・・
果実は薄甘くて酸味が少なく サクランボに似た味がします。
古くから日本に渡来し 観賞用として広く庭園などに植裁されています。
実が赤い品種と実が白い品種(シロミノユスラウメ)とがあります。
実は 去年から気になっていたユスラウメの花にそっくりな花をつける樹が シロミノユスラウメだということもわかりました。
満開のピークは微妙にずれているし 白実の方はあまり結実しないような・・・
今は その両方の果実も鳥 さんに食べられて見当たりませんが・・・

過去のユスラウメの記事です。

ユスラウメの果実が美味しそうです~!

1.
bmm19-126.jpg

ユスラウメ(梅桃 山桜桃)は 中国北西部 朝鮮半島 モンゴル高原原産のバラ科 
サクラ属の落葉低木の果樹。

樹高 2-3m。花期 3-4月。果期 6月。花色 白または淡紅色。花径 果径 1cm。

'19.03.18

2.


一重咲きの 5弁小花。
葉の展開に先立ち あるいは同時季にサクラに似た白色または淡紅色の一重咲きの 5弁 の小花を
葉腋に 1つずつ 咲かせます。樹冠全体に多数咲かせます。
花弁の基部は細くなっていて 隣の花弁との間に隙間から萼全体が見えます。

オンマウスしてね! 

'19.03.18/'19.03.18

3.
bmm19-127.jpg

葉は互生し 倒卵形で葉面にはしわが多く 上面は暗緑色 両面に毛が密生しています。
縁には不規則な細鋸歯。

'19.03.18

4.
bmm19-124.jpg

分枝が旺盛で 枝は太く樹皮は暗褐色で無毛ですが 密に茂る葉の裏や若枝には絨毛が密生します。
樹皮は 薄片になってはげ落ちます。

'19.03.18

5.
bmm19-128.jpg

きらきら~!

'19.03.18

6.
bmm19-133.jpg

花後 可愛い果実ができ始めました。
未熟なうちは わずかに毛を有し 光沢があります。

'19.04.21

7.
bmm19-121.jpg

赤く熟したら食用になります。
果実(核果)は 1cm くらいの小球形で 小さなサクランボといったところでしょうか・・・

'18.05.22

8.
bmm19-117.jpg

多汁で香りがあり 甘酸っぱくてやっぱり小さなサクランボだ~! 笑

'18.05.22

9.
bmm19-115.jpg

ここからは シロミノユスラウメです。

'18.03.29

10.
bmm19-116.jpg

時季にもよるのでしょうが 今年に比べると見事なまでの花付きです。

'18.03.29

11.


こちらが今年見たシロミノユスラウメです。

オンマウスしてね!

'19.03.24/'19.03.24

12.
bmm19-129.jpg

花弁が真っ白で美しいです。

'19.03.24

13.
bmm19-131.jpg

たくさんの白い花に囲まれて。

'19.03.24

14.


こちらも花後に果実ができていました。

オンマウスしてね!

'19.04.21/'18.05.01

15.


そして 名前の通り白い果実です。

オンマウスしてね!

'18.05.22/'18.05.22

16.
bmm19-119.jpg

こちらも美味しかったです~!

'18.05.22

ユスラウメ(Prunus tomentosa (Thunb.) Wall.)バラ科 サクラ属


* 今日のぶんちゃんともんちゃんは 今少しお待ちくださいね。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


キンランとおまけのギンラン! もよろしく!






 | HOME |  »

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター