2010
08
10

:はなからぶんへ!  そして・・・:

 

Hana of Taiko M.

ぶんの JKC ネームです。

2001年 4月 3兄妹 の長女として倉敷で生まれました。
Taiko というのはいくつかあるニホンテリアの系統のひとつで 太古系と言う意味です。

ぶんとの出会いは ブリーダー さんから直接に譲っていただいたわけではなく たまたま通りかかった某デパートのペットファームで見かけたことが始まりでした。
この時点では血統書はお店にも届いていないので 名前も出生地も何もわかりませんでした。
しかし 後から考えてみても どういう経緯で生後 2ヶ月 の小さなワンコが倉敷から遠く離れた東京に来たのかは全くわかりません。

親とブリーダーさんの元から離れ 知らない土地で知らない人や初めて見るよそのワンコに囲まれ 不安のあまりたくさん怖い思いをしてきたことは想像に難くありません。
でも ブリーダー さんが愛情をかけて育ててくださったせいか ケージから出してもらったそのワンコはとても人懐こかったです。

家での環境を整えてその仔と暮らそうと決心をした時 じつは病気に罹患しているということを知らされました。
それでも このままここにいたら・・・と考えた時 連れて帰ることを決めました。

7月 に迎えたので文月の文を音読して ”ぶん” と名付けました。
暫くしてから 血統書が届き ”はな” という名前だということを知りました。
いくつか考えた名前の候補のなかには ”はな” と言うのもあり 捨てがたい思いでした。
でも 迎えた時の記念にと ”ぶん” としました。

その時から 早速 ぶんのルーツ探しが始まりました。
その頃は まだネットもあまり普及しておらず HP をお持ちのお方も数えるほどしかありませんでした。
少ない情報のなか ぶんの 1年後 に生まれた くりりちゃん の HP にあった JKC ネームに釘付けとなりました。
”これだ!” と 藁をも掴む気持ちでブリーダー さんの bbs に投稿したり メールで確かめたところ 間違いありませんでした。
やっとの思いで ぶんのルーツに辿りつきました。ここまでなんと 3年 もかかってしまいました。

”はな” と言う名前の由来は 岡山の名桜 ”醍醐桜” をイメージしてつけてくださったそうです。
日本犬ですから 日本らしい名前をということだったのでしょう。
日本の花といえば桜です。
いつかぶんを連れてこの醍醐桜を見に行きたいと思っていたのですが それは叶わぬ夢になってしまいました。
せっかく ”はな” と言う可愛くて聡明なニホンテリアをこの世に送り出してくださったブリーダー さんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。我が家に受け継いでからは ほんとうにほんとうにぶん姫に愛情を注ぎました。


はなからぶんへ

と言うタイトルにはそんな思いを込めました。


bun-2270.jpg

醍醐桜ではありませんが 北の丸公園のシダレザクラです。 '08.04.05

bun-2271.jpg

この時はたくさんのお花が咲いていたので それを写真に撮っていると 私の姿が見えなくなるたびに
クイー?ン! クイ?ン! と悲しそうに鳴いていたのを思い出します。

今日はそのぶんが逝ってしまってから 人間でいうところの 49日 にあたります。
ぶんが生前大好きだった神戸のカピラ さんのクッキーを供えてあげました。
暑い中をわがままを言って ケーキとクッキーとを焼いていただきました。
ぶんは食べることはできないけど 代わりにもんが喜んでいます。
暫くぶりでカメラを手にしました。

bun-2272.jpg

これらをお願いしました。

bun-2273.jpg

リンツァートルテ(オーストリアの銘菓)

bun-2274.jpg

クッキーは お星様 ハート ワンコの形に焼いていただきました。

bun-2275.jpg

可愛いお箱に入っているのは そのカピラ さんの 3テリさんから・・・
思いがけないサプライズに号泣してしまいました。



今朝 ぶんの祭壇に供えました。

オンマウスしてね!

bun-2278.jpg

祭壇にはぶんの思い出の品物やいろんなお方からプレゼントされたぶんのグッズでいっぱいです。

この 1ヶ月半 の間 何かにつけてぶんのことを思い出しては号泣の毎日です。
涙っていくら流しても尽きることがないのですね?
すこしずつ すこしずつ 元気を取り戻さなくってはとは思うのですが・・・

前の記事に皆様からの温かいコメントをたくさんありがとうございました。
ご一緒に悲しみを共有していただきまして 申し訳ない気持ちでいっぱいです。
応援や拍手もありがとうございます。
本来なら おひとり おひとりにと思いつつ 涙が止らなくなりますので まとめて返事をさせていただきました。
これからもゆっくりと更新できたらと思いますので よろしくお願いします。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

☆ 月日は百代の過客にて・・・ もアップしましたので ご覧くださいね。






Comment

[28293]

ぶんちゃんのことを思い出して、涙してるびぶんさんが少し元気を取り戻して、良かった~と安堵しています。
そうですか・・・49日が過ぎたのですね。
49日の間は魂が側にいるそうですよ。ぶんちゃんもびぶんさんやパパさんの悲しむ姿に泣いていたのでしょうか?

ぶんちゃんがこの世に生きていた証は、しっかりと刻まれていますから・・・
確かにペットなんかではありませんね。こんなに愛されてぶんちゃんは幸せです。
今はびぶんさんの悲しみが想像でしかありませんが、いつか同じ気持ちを・・・と思うと又泣けてきます。

それから、びぶんさんの承諾頂いてないけど、あまりに悲しくて記事にさせていただきました。ごめんなさいね。
いつかぶんちゃんのことを、悲しまないで思い出せる日が来ると信じています。

[28294] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[28295]

☆ まこちゃん さん おはようございます!

突然にビックリさせてしまって申し訳ありません。
昨日は ぶんが登って行ったと思われる空をじっと眺めていました。
抜けるような青空でした。
ぶんが見守っていてくれるような気がしました。

ふとしたことで 思い出しては涙する毎日です。
ぶんのこと 忘れないでやってくださいね。

記事にしていただいたそうで ありがとうございます。
気持ち的にはまだ伺う勇気がわかないので失礼します。

この悲しみが癒えることは一生ないと思います。
でも皆様に励ましていただき感謝です。

コメントしにくい記事にありがとうございます。

[28296]

☆ [28294]  の 鍵コメ さん おはようございます!

そうでしたか~
それはそれはたいそうご心配ですね。
何でもないことを心からお祈り申し上げます。

悲しみが癒えることはこれから先も一生ないと思います。
ふとしたことで思い出して涙する毎日です。

お励ましをありがとうございます。
暑い中 頑張られてくださいね。

コメントをありがとうございます。

[28297]

待ってましたよ。
やっとすこ~し書く気力が戻ってきましたか?
言葉をかけるのも悲しませるだけだと思っていましたが、少し安心しました。
少しずつ元気になっていってくださいね。
号泣ばかりしてたら顔つき変わっちゃいますよ。

[28298]

☆ きらり  さん こんにちは!

書く気力は今もって生まれてきません。
なので 皆様のブログにもお訪ねできない状態です。
いっそのこと ブログをクローズしてしまおうかとも考えてしまいます。

きらり さんには何度もお励ましをありがとうございます。
そういう方たちのためにも 少しは元気にならなければと鞭を打っています。
でも でも・・・ 涙が止ることはありません。
顔つき きっと変わってしまったと思います。

コメントをありがとうございます。

[28299] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[28300]

☆ [28299] の 鍵コメ さん こんにちは!

コメント ありがたく受け止めさせていただきます。
早く切り替えなければと頭のなかではわかっているのですが ふとしたことで涙してしまいます。
ご迷惑をおかけして 申し訳ありません。
お優しいお言葉にただ 感謝です。

コメントをありがとうございます。

[28305] 遅くなりましたが

お悔やみ申し上げます。
ぶんちゃんのことは、先週末にBENさんより聞きました。
最近、ブログをチェックしておらず、ぱぱさんにも連絡をご無沙汰しておりましたので知りませんでした。すみません。

眼が良くないという話は聞いていたのですが、まさかと思いました。急だったようですね。残念です。
もうすぐ2ヶ月ですか?まだまだとっても悲しまれていると思います。心中お察しします。

じろを亡くした当時は、この歳になってもこんなに涙がでるのかと思うくらい泣いてしまいました。1年と1ヶ月少し過ぎましたが思い出すとまだ悲しいです。もちろん少しは、落ち着きましたが・・・

ぶんちゃんとじろ、生前は会えませんでしたが空の上で遊んでいるかも知れませんね。

電話でも良かったのですが一緒に泣いてしまうと思いましたので、このコメントにしました。
また、いつか落ち着いた頃に電話をいたします。

[28306]

☆ じろおやじ さん おはようございます!

どなたかと思ったら・・・
ぶんへのコメントをありがとうございます。
本当に急でした。

電話でなくってよかったです。お互い泣きあってしまいますから・・・
まだまだ ふとしたことで思い出しては涙してしまう毎日です。
いただいたコメントにも涙しています。
この悲しみは お互いずっと背負って生きて行く道ですね。

暑い日が続きますので お体ご自愛ください。

コメントをありがとうございます。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター