FC2ブログ
2009
10
28

:ホソバオケラとナガバノコウヤボウキ:



おおよそ 1000種 ほどあるキク科植物のほとんどは草本で 木本は少ないといいます。
その数少ない木本のナガバノコウヤボウキ!
コウヤボウキとよく似ていますが 花のつき方などが微妙に違います。

コウヤボウキの花後は こちらからご覧になれます。
コウヤボウキの枯れ姿

それとやはりキク科で コウヤボウキとはとてもよく似た花を咲かせるホソバオケラ! 
こちらは多年生草本です。

このふたつ いわゆるキクの花とは一味も二味も違った風情です。



1.
bun-294.jpg

ホソバオケラ(細葉朮)は 中国中部の東部地域に自生するキク科 オケラ属の多年草。雌雄異株。
別名 ソウジュツ(蒼朮)。

草丈 60-100cm。花期 8-10月。

2.
bun-289.jpg

白?淡紅紫色の花を咲かせます。日本には 雌株だけしか無いので果実はできないそうです。

3.


蕾。 '09.08.21 撮影

オンマウスしてね!

4.
bun-290.jpg

根茎は塊状で硬く 茎も細く硬いです。
葉は濃緑色で茎の下部の葉は 3裂 上部の葉は 卵状披針形?狭卵状披針形。
長さ 3-3.5cm 幅 1-1.5cm。先端は尖り 葉縁には尖った鋸歯があり 葉質は硬く光沢があります。

5.
bun-291.jpg

茎や葉脈から花柄を出して先端に白い頭状花序をつけます。
外側に葉状の苞が1列に並び羽状に深裂して 管状花は白色 先端は 5裂。

6.


名前の由来は 葉が細く日本産のオケラに似ていることから来ています。

オンマウスしてね!

7.
bun-295.jpg

8.


花後の枯れ姿。'08.01.17 撮影

オンマウスしてね!

9.
bun-288.jpg

ホソバオケラ(Atractylodes lancea DC.)キク科 オケラ属

おまけ!

10.
bun-298.jpg

これがおそらく日本産のオケラ! 葉は丸いでしょ!
この後 残念ながら枯れてしまいました?

オケラ(Atractylodes japonica)キク科 オケラ属


ここからは ナガバノコウヤボウキ!


11.
bun-279.jpg

ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)は 本州(宮城県以南) 四国 九州に分布する
キク科 コウヤボウキ属の落葉小低木。日本への伝来は江戸時代中期に渡来。

樹高 50-100cm。花期 8-9月。

12.


花は 2年枝 の束生した葉の中央に頭花を 1個 つけます。
頭花は白い筒状花が 10数個 集まったもので 筒状花は長さ 約1.5cm。
花冠は 5裂。雄しべは 5個 雌しべは 1個 いずれも花冠から突き出します。

オンマウスしてね!

13.
bun-282.jpg

本年枝には卵形の葉が互生しますが 1年目 の葉が落ちたところから短い枝が出て
2年枝 の葉は 5枚 前後の葉が束生(輪生状)し細長い楕円形。
葉縁には小さな鋸歯。両面とも無毛。

14.
bun-280.jpg

類似種のコウヤボウキは 葉や枝に毛が多く 花が当年枝の先端につくのに対して
ナガバノコウヤボウキは 葉が細長いこと 両面無毛であること 花が束生した葉の中心に付くことなどによって区別できます。

15.
bun-300.jpg

花が終わったばかりの頃。

16.


名前の由来は 高野山ではこの木の枝を束ねて箒の代わりに用いたことから来ています。
その花のつく葉が長いのでナガバノコウヤボウキ!

オンマウスしてね!

17.
bun-281.jpg

果実はそう果で 長さ 7mm。枝は紫色を帯び 無毛。

18.


オンマウスしてね!

ナガバノコウヤボウキ(Pertya glabrescens Sch.-Bip.)キク科 コウヤボウキ属


たくさんご覧いただきまして ありがとうございます。


この記事を気に入っていただけたらクリックを!

にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつも 応援ありがとうございます。

☆ クズ をアップしていますので こちらの方もよろしく。









Comment

[25976]

こんにちわ!
これがキク科って見てもぜんぜんわかりませんね。
でもどちらも綺麗なお花。
そして、花後がとっても風情があっていいですね。
今日気持ちのいい日でしたね~
これからお散歩行かなきゃ。

[25977] ユニークですね

葉っぱの細いオケラに、葉っぱの長いコウヤボウキ
なんですね。どちらも見たことありません。オケラも。
かろうじて、コウヤボウキは1度だけ見ましたが、ナガバノ
コウヤボウキとは花のつく場所なども違うのですね。
細いリボンのような花びらがゆるりとカーブを描いて
優雅!とても素適です。花後は綿毛のようになって
この姿を見ると、あぁキク科かなって気がしますが、
そうと分かっていて見るからかもしれません。
枝を切ってそろえて作った箒、使いごごちはどんなで
しょうね。
ホソバのオケラさん、オケラさんともども何てユニーク
なんでしょ。花の周りの細いトゲトゲしたのは苞なのですね。
つぼみ時代は緑なのに、花が咲くと赤っぽくなって
花と共演しているかのようです。これまた綺麗ですね。
花後に茶色く枯れて、すっかりドライフラワーになった
様子もいい味わいで素適です。
珍しい木本のキク科、ありがとうございました♪

[25978] 似てますが雰囲気はちがいますね

ホソバオケラ、初めて見ます。
花はコウヤボウキとよく似ていますが、その佇まいは全く異なりますね。
日本には 雌株だけしかないため、実がならないというのはなんかすごい。
ということは雄株なしで、果実はつくらずに繁殖するということですか。
6,7枚目、豪華な花ですね。

ナガバノコウヤボウキ、これは何ともお洒落な花ですね。
14枚目、とても可憐です。モダンバレーの踊り手みたいな雰囲気です。
18枚目、これはまた、すてきなリボンですね。

[25979] 初めてです

オケラもコウヤボウキも初めてです。枯れた風情もいいですね。何のことか知りませんが オケラ と云う言葉を聴いたことがありますがこれからきてるのでしょうか・
色々と知らない花を見せて頂き折りが問う御座います。 
でも なかなか覚えられない物ですね。

[25980] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[25981]

キク科が1000種類以上あるとは驚きですね!v-12
でもこれは全然キク的ではありませんね。
ナガバノコウヤボウキってマンサクの形に似ているような!

[25982]

☆ きらり  さん こんばんは!

1番にお越しいただきまして ありがとうございます!
そうでしょ!
キクの咲き方とはまるで違いますよね~~
はい! とても美しいお花です。
花後 いいでしょ!
今日も気持ちのいい1日でしたね~~
美味しいもの食べに行かれたのですね。

コメントをありがとうございます。

[25983]

☆ ポージィ さん こんばんは!

こちらにもコメントをありがとうございます。

はい! 私も初めて見ました~
コウヤボウキは花後の姿を見たことがありますが・・・
このリボン とても可愛いですよね。まっしろというのがとても清楚で・・・
花後の姿もとてもユニークでいい色合いですよね。
高野山のお坊様にお聞きしないとわからないけど 箒として成り立つのでしょうかね?
お清めなんでしょうね。
オケラ とてもユニーク!
アザミのお花にもちょっと似ていますね。
きっかけはこのドライになった花後にひかれてお花を撮りたいと思っていたのです。

こちらこそ楽しんでいただけて嬉しいです。
前の記事で誤った名前を書いてしまって申し訳ありませんでした。ちゃんと確かめればよかったのですが・・・

コメントをありがとうございます。

[25984]

☆ asitano_kaze さん こんばんは!

こちらにもコメントをありがとうございます。

似ているようで全く似ていないこのふたつのお花!
キクのお花とは思えませんよね。
どうやって繁殖するのでしょうね。
勉強不足でわかりません。

ちょっとアザミの花にもにているような感じですね。
白というのが清楚でいいです。

ナガバノコウヤボウキは見頃を過ぎてしまっていたので 最後の1輪です~~!
くるくるカールした花弁がとても可愛いですよね。
おっしゃるようにバレエダンサーのようです。

14枚目 18枚目 ありがとうございます。
前回アップした花の名前が違っていました。
正しくはコボタンヅルでした。ここにお詫び申し上げます。
おっちょこちょいなもんですみません。

コメントをありがとうございます。

[25985]

☆ カピラ小坂 さん こんばんは!

オケラにはふたつあって ひとつは昆虫 ひとつはここにある植物です。

オケラはケラという虫の俗称です。
よく 無一文になることを ”おけらになる” といいますよね。
これは虫のケラの方から来ています。
ケラを前から見ると万歳をしているように見えるので 一文無しでお手上げ状態になった姿に見立てて ”おけらになる” というのだそうですが・・・

京都の八坂神社で 大晦日の深夜 境内で植物の方のオケラを焚き 初詣に来た人たちはこのオケラ火を授かって持ち帰り 元旦の雑煮の種火にする行事(おけらまいり)というのがありますが・・・

花は清楚だし枯れた姿もまた素敵ですね。

コメントをありがとうございます。

[25986]

[25980] の 鍵コメ さん こんばんは!

私にもよくわからないのですが・・・
そちらにレスしました~
お役に立てないで申し訳ありません。--;

[25987]

☆ びーぐる さん こんばんは!

こちらにもコメントをありがとうございます!

双子葉植物ではキク科 単子葉植物ではユリ科植物は多いのです。
でも いわゆるキクの花とは趣が違いますよね。

あは!くるくるカールしたリボンが そういわれてみれば・・・

コメントをありがとうございます。

[25992] うわ~

ナガバノコウヤボウキ綺麗ですね!

くるりんカールが可愛いです。
それにしてもお写真が綺麗!
勉強になります^^;ホソバオケラは初めて見ました^^
少し好い天気が続くみたいですね。明日は仕事ですがーー;

昨日は失礼しました^^;

[25993]

☆ ミンゴ さん おはようございます!

これ 先日もいいましたけど 最後の1輪だったようで・・・
ほとんどがブラシになっていました~

マクロ使われたのですね。
きれいに撮られていらっしゃいますよ~~!

あはは! 私も1度やったことがあります~~
それ以来 下書きというのを先にクリックしています~
PING にも流れちゃって~~ 汗 汗
タイトルだけで記事無し! お笑いですよね。

コメントをありがとうございます。

[25994]

両方とも趣のある花で素敵ですね。
キク科の木なんですね。
ホソバオケラ、色合いが良いですね。
オケラ、沢山蕾を持ってて咲いたら綺麗でしょうね。
くるりんとした花びら、なんとも可愛いですね。

[25995]


☆  kuriko さん おはようございます!

こちらにもコメントをありがとうございます。
とても趣のあるお花ですよね~
白いというのがまた清楚で。
オケラも木のように見えますが 多年草です。

コメントをありがとうございます。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター