FC2ブログ
2009
10
13

:谷津干潟で見た鳥:


爽やかな秋空が続いていますね。
今日もいいお天気です。
ちょっと間が空いてしまいましたが お約束の谷津干潟で見られた鳥たちです。
目玉となる鳥はいませんでしたが セイタカシギとコサギに力を入れました? ってたいしたことないですが・・・
同じようなカットばかりですみません。http://blog63.fc2.com/control.php?mode=editor&process=load&eno=696#
これも試し撮りです??



☆ 先ずは ウミウカワウから・・・



カワウ(川鵜)は ユーラシア大陸 アフリカ大陸 オーストラリア大陸など広い範囲に分布し 
日本には本州と九州の河川部や湖沼に生息するペリカン目(またはコウノトリ目)ウ科の鳥。 
体長 80-90cm。

ウミウとは 顔の白い部分が三角になっているので区別できます。
クチバシは鋭く 先端が鉤状に曲がっているので魚を捕らえるのに適しています。

オンマウスしてね!

bun-197.jpg

鵜は口にした魚を噛まずに丸呑みにすることから ”鵜呑みにする” という言葉の起源になっています。

カワウ(Phalacrocorax carboLinnaeus, 1758)ペリカン目 ウ科

☆ そしてコサギへと・・・

bun-194.jpg

コサギ(小鷺)は ユーラシア アフリカ オーストラリアの温暖な地域に分布し
日本でも本州?九州の湖沼 河川 農耕地に生息するサギ科 シラサギ属に分類される鳥。
 
体長 61cm。体色 白。クチバシは通年 黒。足指のみ黄色。



日本で見られるシラサギ類の中では最も小さく 繁殖期には 頭に 2本 の冠羽と 背に飾り羽が出ます。

オンマウスしてね!



採餌法は水辺を早足で歩きながら魚などを探したり 羽で影を作って魚をおびきよせることもあります。

オンマウスしてね!

bun-208.jpg

コサギ(Egretta garzetta)サギ科 シラサギ属

bun-201.jpg

ダイサギ(大鷺)は 世界中の熱帯 温帯に繁殖分布し 河川 湖沼 干潟などに生息する
サギ科 シラサギ属の鳥。体長 90cm。

雌雄同色で 全身が白。足とクチバシは黒ですが 冬にはクチバシは黄色くなります。
いわゆる ”シラサギ” と呼ばれ 日本で繁殖する白いサギ類の中では最も大きく 首が不釣り合いに長いのが特徴。
水の中をゆっくり歩いて主に魚類を採食しますが 両生類 甲殻類 小形哺乳類なども食べます。

ダイサギ(Egretta alba)サギ科 シラサギ属

bun-199.jpg

アオサギ(青鷺 蒼鷺) は アフリカ?ユーラシア大陸にかけて広く分布し 河川 湖沼 水田 干潟などの水辺でよく見られる大型の水鳥でサギ科 アオサギ属に分類される鳥。
体長 90cm。日本に分布するサギ類の中では最大種。

和名 ”アオサギ” の ”アオ” は古語で灰色のことを指すそうです。
成鳥は頭から首にかけては白で 目の上から後頭部にかけて黒い冠羽があります。
首には黒い線状のまだら模様。胴体は淡い青灰色で 翼の前部に黒 その内側に白の模様。
クチバシ 顔 脚の裸出部は黄色。

魚 カエル 甲殻類 昆虫類などを捕食。たまに小鳥やネズミ ウサギなどを捕食。

アオサギ(Ardea cinerea Linnaeus, 1758))サギ科 アオサギ属

☆ 最後は ”水辺の貴婦人” セイタカシギを!

bun-200.jpg

セイタカシギ(背高鷸)は ユーラシア大陸の暖地 アフリカ北部 オーストラリア 南北アメリカ大陸に渡り鳥
または留鳥として分布し 湿地 干潟 湖沼や水田などに生息するチドリ目セイタカシギ科 セイタカシギ属の鳥。



日本ではかつては迷鳥でしたが 1978年以降 東京湾や愛知県の埋立地などで繁殖するようになりました。
絶滅危惧II類。

オンマウスしてね!



雌雄ほぼ同色。
体長  40cm。 25cm ほどある長い脚が特徴で 名前の由来もこの脚から来ています。
脚はピンク 翼は灰色 首筋から腹部にかけては白 嘴は黒。

オンマウスしてね!



食性は魚類 甲殻類 昆虫 ゴカイ オタマジャクシなどの動物食。

オンマウスしてね!

bun-211.jpg

まさに ”干潟の貴婦人” !



長い足を前に曲げているのが面白いでしょ!

オンマウスしてね!



”明るいところへ移動!”

オンマウスしてね!

bun-198.jpg

セイタカシギ(Himantopus himantopus(Linnaeus, 1758))セイタカシギ科 セイタカシギ


たくさんご覧いただきまして ありがとうございました。


応援ありがとうございます。
気に入っていただけたら クリックよろしく!

にほんブログ村 犬ブログ 日本テリアへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


☆ >ハギ!はぎ!萩! もご覧くださいね。

☆ チャノキ もアップしましたのでよろしく!




Comment

[25892]

干潟の生き物、面白いですね。
アオサギは兎を食べるとは驚きです。
伊達に大きいわけじゃないですね。
コサギの飾り羽は繁殖期の時だけなんですね。
セイタカシギの足の曲がり方、ホント面白いです。
干潟では長い足が必要なんですね~

[25893]

植物よりももっと名前を知らない鳥!
白いのはサギ、黒いのはカラスかカモ
ホントにこれくらいしか知りません。
でも、写真見てるだけでもかわいいですね~^^
こういう可愛い鳥たちが日本の水辺にずっといられますように。。って感じです。

[25895]

鵜って何だか凶暴そうな感じですよね!v-12
でも鵜飼いなんか見ると案外従順なのかなぁ?
コサギは最近は町の中でも見かけますが餌取りが上手いです!
セイタカシギはじっくり見たことがなかったので、名前の通りだと納得ですぅ!!
↑の人は鳩や雀も知らないんだろうか?v-8v-8

[25897]

☆ kuriko  さん こんにちは!

1番にお越しいただきまして ありがとうございます。
はい! 干潟にはいろんな生き物がいて 面白いですよ~
アオサギ 大きいですからね~ 私は見たことないですが・・・笑

はい! コサギの飾りはねは美しいですよね~

セイタカシギ ながいあんよが前に曲がるのって驚きですよね~
長い足の方が 深いところまで行かれますよね。

コメントをありがとうございます。

[25898]

☆ きらり  さん こんにちは!

あはは! いいんです~~! 名前なんか知らなくっても!
写真を楽しんでいただけて 嬉しいです。

↑ で びーぐる さんが スズメやハトも知らないんだろうか? なんてことおっしゃていますよ~~!

そうですよね~
この干潟 だんだん渡ってくる鳥たちが少なくなって来ています。
今年の秋は もうひどい有様のようで・・・
周囲がこのような建物と車道ばかりですからね~~
なんとか 生き残ってくれるといいのですが・・・

コメントをありがとうございます。

[25899]

☆ びーぐる  さん こんにちは!

3番目にお越しいただきまして ありがとうございます。
ウって 凶暴そうですか~~
そうかも~~ 笑
コサギは 鳥のなかの漁師さんですよね~
頭がいいのでしょうね。

セイタカシギ とても美しかったです。
親は標識をたくさんつけられていました~
若は 今年生まれだと思います。

コメントをありがとうございます。

[25900] これだけ撮られれば

カワウはここはたくさんいますね。
杭の上で休んでいますね。
コサギ、この子の真っ白な羽、とても美しく撮られていますね。
ダイサギは身体が大きい分、コサギよりも威張っているようです。
アオサギは表情がとても面白いです。
ここの絵は哲学者然といった風に見えます。
干潟の貴婦人、どこから見ても、優雅に見えます。
仰有るように足の曲がりる角度が面白いです。
シギチ類があまり見られなかったとはいえ、これだけ撮られればよしとしましょう。

[25901] お上手ですね~♪

こんばんはv-22

佐渡のサギは警戒心が旺盛でなかなか上手く撮らせてくれません。
素敵に撮られていますねe-266
特に水の中にいるコサギさんが素晴らしいですv-283
表情の捉えかたもお上手ですね~e-343

[25902]

☆ asitano_kaze  さん こんばんは!

これ カワウでしょうか・・・
クチバシの黄色い模様 大きくして何度も確かめましたが ウミウだったように思ったのですが 今 再度確かめたら やはりご指摘のようにカワウのようです。
訂正させていただきました。 ありがとうございます。
ウミウはこんなに簡単に見られませんね。

コサギ ダイサギ アオサギとサギの仲間はたくさんいました。
セイタカシギは 今年生まれた若と親とがいただけでした。

そうですね~
試し撮りですから・・・

コメントをありがとうございます。

[25903]

☆ saho  さん こんばんは!

そうなんですか~
トキは撮らせてくれるのにね~
水のなかのサギ ありがとうございます。
500ミリ望遠や90ミリマクロで撮りまくりました~

コメントをありがとうございます。

[25904]

多分、コサギだと思うのですがよく田んぼに出没します。
撮ろうと近づくと、さよなら~されてしまうのですが・・・
昨夜は日本テリアをポチッとしたら、マルチーズが^^
色んなワンコが^^かわいい~
で、コメントするの忘れてましたーー;

[25905]

☆  ミンゴ  さん おはようございます!

コサギ ダイサギともに田んぼなどにいますよ~
逃げちゃいましたか~
それはちょっとざんねんでしたね。
ポチっ! ありがとうございます。

いろんなワンコのサイトがあるのでびっくりです~
やはりマルチーズに目が行かれましたか~~
梅吉君 可愛いですものね。
これからも応援 よろしく!

コメントをありがとうございます。

[25906] 干潟の水鳥さん

みなさんスリムで首や足が長いですね。
夕暮れ時に差し掛かったころの干潟でしょうか。何かこう静かなドラマを
感じさせるお写真ですね。

カワウは、魚を丸呑みする様子をじーっと見ていた人間に利用されて
鵜飼いなんていう漁法が生まれたんですね。
コサギは隣市の公園でいつも見かけてファンになってます。
飾り毛は繊細なレースのようでとても綺麗ですね。
ダイサギやアオサギが小さな哺乳類まで食べるのはちょっとびっくりでした。
魚のほかにはカエル程度までだと思っていたので。ウサギまでとは~
アオサギのアオが古くは灰色のことを指すというのも初めて知りました。
意識下でもやもやしてたのが晴れた気がします(^^)
セイタカシギはあったことのない鳥です。ほんっとに長い足ですね!
長い足をもてあますことなく、自在に使ってるようですね。

[25907]

アオサギのエサの中に小鳥やネズミ、ウサギまであったのにびっくりしました。
まさか生きてるのを捕食しませんよね、死骸でしょうか?
生きているのを捕るとしたらもう立派な猛禽類ですものね。

セイタカシギの足の長さと言ったら!
羨ましくてひっくり返そうになりました。
貴婦人のわりには目が垂れ目に見えて(笑)可愛い。

[25908]

☆ ポージィ  さん こんばんは!

こちらにもコメントをありがとうございます。
はい! みんなヘビのように首が長いですよね~
ウロコは羽毛に変化など鳥類は爬虫類から進化したというのも納得です。足の皮膚はウロコそのものですものね。

お昼前に着いたのですが 満ち潮だったので潮が引くのを待ってそして また満ちてきました~

コサギは田んぼなどいろんなところにいますよね。
飾り羽はとても美しいです。

アオサギの食性は見たわけではないのですが そう書かれていたので・・・汗 汗

蒼という色の意味が灰色と言うのもうなずけますね。

セイタカシギは 地味なシギや千鳥のなかに混じって本当に美しい鳥ですよ。

親子でいました。

コメントをありがとうございます。

[25909]

☆ あまもり  さん こんばんは!

こちらにもコメントをありがとうございます。

アオサギの食性については見たわけでもないのに無責任ですね。
でも すごいですよね~
あはは! ひっくり返りそうになりましたか~~
ピンクの足がとても長くってスマートな鳥さんですね。
親は 標識がたくさんついていました。

コメントをありがとうございます。

[25947] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[25957]

☆ 2009/10/23 の 鍵コメ さん こんにちは!

こちらにもコメントをありがとうございます。
そんな~! いくらでも歓迎ですよん!笑

はい! オリンパスペンに昔持っていた500ミリのレンズをつけて撮ったのや 90ミリマクロで撮ったものとかいろいろです~~

ここはフェンスがあるので近づくことはできません。
なので 望遠で狙うしかないようです。
もっとも マクロで狙ってもみましたが・・・・笑

コサギは田んぼや畑出よく見ることができますね。
あはは! 気配は隠していないのですが・・・
ダイサギ どこかで見ることができるといいですね。

セイタカシギは地味な水鳥のなかでも一際その赤くて長い足が目を引きます。
飛ぶ姿も優雅です。
そうですね~ 貴婦人ですからね~~笑

以前の記事でもどこでもコメント歓迎です!

コメントをありがとうございます。

[25989] オリンパス ペン

オリンパス・ペンで撮った写真を見に来ました。
ペン+FDレンズいいですねえ。

ペンにマクロレンズをつけて捕った写真なんかもありますか?
マクロをつけて気軽にお散歩しながら植物撮影・・・いいですねえ。

ぼくも欲しくなりました。

[25991] ご訪問とコメントとをありがとうございます。

☆ テッド さん ようこそです。

初めまして! 書き込みをありがとうございます。

オリンパスペンとFDレンズ まだなれなくって・・・
FDレンズが遊んでいるのはもったいなくって購入したのですが・・・
ファインダーがないというのもなれなくって やっとこの頃慣れてきました。
マクロレンズでも撮ったのですが こちらはキャノンX3につけています。
普段はX3 にマクロや望遠(70-200)をつけて花や鳥を撮っています。
でも 遠いのはやはりオリンパスペンに300 400 500のFDレンズをつけようと思っています。
ペンにマクロをつけて撮ったことはまだないです。

デジイチはどれも重くってなんですが なんといっても軽いというのが いいですね~
ファインダーがあるのがいいのならパナの方が使いやすいかもしれませんが こちらは手ブレ補正がないようで・・・

あまりお役に立てるような情報ではなかったですね。
すみません。

コメントをありがとうございます。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター