2007
11
28

:成東食虫植物群落で・・・:


成東湿原の花野に咲く植物たち 秋の七草から長く引っ張ってきましたが これで〆ます。
ご高覧ありがとうございました。最後は思いっきり長いです。<(_ _)>

どれも素敵なお花たちでしたが なかでも金平糖のようなお花をつける(正しくは花弁ではなく萼片ですが)タデ科のアキノウナギツカミとナガバノウナギツカミとは可愛かったです。
花の感じは ミゾソバやママコノシリヌグイなどと似ていますが これらを区別するには葉を見るのが一番!
アキノウナギツカミは葉が茎を抱き ミゾソバは鉾形 ママコノシリヌグイは三角形に近く ナガバノウナギツカミは細長い葉に艶があるのが特徴。
また どれも茎に下向きのトゲがありますが 一番鋭いトゲを持つのがママコノシリヌグイ! アキノウナギツカミはトゲの数が多いが短く ミゾソバのトゲは 一番目立ちません。
どうでしょう? よけいに混乱してきてしまいましたか?笑

b-3986.jpg

ナガバノウナギツカミ(長葉の鰻攫)は日本各地の水田 畦 湿地帯に生育するタデ科 イヌタデ属の1年草。
花 期 9-10月。草丈 30-80cm。
茎は地を這い長く伸び 上部は直立し 成長しながら各節から白い根を出します。
アキノウナギツカミに似ていますが 花柄には腺毛が生えています。

b-3972.jpg

また アキノウナギツカミは葉柄が短く矢じり型になった葉の基部が茎を抱いていますが 本種には約 1cm の葉柄があり 葉の基部が小さく開出し 茎を抱くことはありません。 
葉は披針形で長さ 約 10cm で 基部は鉾型 両面無毛で表面にはやや艶があります。
茎には下向きの刺毛がまばらにありますが 軟らかく 同属のアキノウナギツカミほどの引っ掛かりはありません。

b-3982.jpg

托葉鞘は約 2? と長い筒形の膜質で 先にはやや短い縁毛。
花は上部は紅色 下部は白色 全体に淡紅色の可愛らしい小花を多数総状に咲かせます。 
花被は 5裂 して長さ 約 3mm。萼の長さ 3-4mm。

b-3975.jpg

ナガバノウナギツカミ( Persicaria hastato-sagittata (Makino) Nakai)タデ科 イヌタデ属 

b-3985.jpg

アキノウナギツカミ(秋の鰻攫)は 北海道 九州 朝鮮 中国 シベリアなどに分布し 沼沢地 湖岸 放棄水田などの水湿地に生育するタデ科 イヌタデ属の1年草。花期 7-10月。草丈 0.6-1m。
名前の由来は 秋に咲き 茎や葉柄に逆向きの刺毛がついていて 滑らかなウナギもこの刺毛にひっかかってつかめるということからきています。

b-3974.jpg

茎は枝分かれしてよく伸び 葉と葉の間が離れています。
茎から葉柄 中脈の下半分にかけては鋭い曲がったトゲがあり 下部は地に伏し 上部は立ち上がって他の植物に引っかかって生育。
葉は互生し 長さ 5-10cm の卵状披針形?長披針形。基部は矢じり形で 茎を抱くように張り出しています。
下部の葉には葉柄があり 托葉鞘は長さ 0.7-1cmの筒形で 先は斜めに切った形。
花は茎の先端あるいは葉腋から枝分かれした枝の先端に付き 10数個 が頭状に花序をつけ 萼の上部は淡紅色を帯び 下部は白色で長さ約 3mm で 5深裂 します。
花柄は無毛。果実はそう果。

b-3983.jpg

アキノウナギツカミ(Persicaria siebold Meisn. )タデ科 イヌタデ属

去年のアキノウナギツカミに詳しく乗せています。

b-3973.jpg

ワレモコウ(吾亦紅 吾木香 我吾紅 我毛紅)は 北海道?九州 中国からシベリア ヨーロッパに広く分布し 山野の草地に生えるバラ科 ワレモコウ属の多年生草本植物。花期 8-10月。草丈 0.4-1m。
地下茎は太くて短く 根出葉には長い柄があり 5-11 の小葉からなる羽状複葉。
小葉は 長さ 2.5-5cm の細長い楕円形で細かい鋸歯があります。
秋に茎を伸ばし その先に可憐な穂状の花をつけ 上部から咲き始めます。穂は短く楕円形につまり 暗紅色に色づきます。花弁はなく 萼片 4枚 おしべ 4本。

”われもこうありたい” と はかない思いをこめて名づけられたといいます。
この花は何色だろうかという論議があり その時皆それぞれに茶色 こげ茶 紫などと言い張りましたが どこからか花が ”私は断じて紅です。” と言うのが聞こえたとのことで ”吾亦紅” となったという説もあります。

b-3976.jpg

ワレモコウ(Sanguisorba officinalis)バラ科 ワレモコウ属

b-3978.jpg

コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)は 本州(関東?近畿地方)に分布し 山地 丘陵 台地の草地に生育するガガイモ科 カモメヅル属のつる性多年草。花期 7-9月。

茎は巻きついて長く伸び わずかに曲がった毛があります。
葉は長楕円状広披針形?披針形で 長さ 3-11cm 幅 1-2.5cm 7-15mmの葉柄があります。
花は 葉腋から伸びた花柄の先に 直径 7-9mm の花を散状に 2?数個つけ 花冠は暗紫色の星型(花の直径は 1cm)で 5裂 し 裂片は細長いです。
これはコバノカモメヅルの果実。もう少ししたら ガガイモ科特有の絹糸のような冠毛を持つ種子が飛散するのですが・・・

b-3979.jpg

コバノカモメヅル(Vincetoxicum sublanceolatum var. sublanceolatum)ガガイモ科 カモメヅル属  

b-3980.jpg

ガマ(蒲 香蒲)は 日本全土 温帯北半球から熱帯 オーストラリアなどに広く分布し 池や沼などの水辺に生えるガマ科 ガマ属の多年草。花期 6-8月。草丈 1-2m。
名前の由来は 古事記ではカマと呼ばれていたのが転訛して ガマになったといいます。

葉は高さ 1-2m で 水中の泥の中に地下茎をのばし 地中に柔らかくて通気組織の発達した太い地下茎を発達させ 群落を形成します。
初夏に花茎を形成し円柱形の穂をつけ 穂の上半分は細く 雄花が集まる雄花群を それに接して穂の下部は 赤褐色で太い雌花群をつけます。雄花も雌花も花弁はありません。
雄花の開花時には 黄色い葯が一面に出ます。(蒲黄)
雌花は結実後は 綿のような冠毛を持つ微小な果実になります。(穂綿)
この果実は風によって飛散する風媒花で 水面に落ちると速やかに種子が実から放出されて水底に沈んで発芽します。

花粉は生薬としては蒲黄(ほおう)と呼ばれ 止血剤 増血剤 鎮痛剤 消化剤 利尿剤として用いられ 切り傷 火傷に塗布します。
”因幡の白兎” で大黒様がウサギの傷を治したのは 雄花の花粉の黄色い蒲黄で 穂綿ではありません。
江戸時代 ガマの油売りが傷薬の軟膏を売り歩く商売が有りましたが このガマとはガマカエル(ヒキガエルの別名)ではなく このガマの事で 口上にカエルを利用したそうです。

b-3977.jpg

ガマ(Typha latifolia L.)ガマ科 ガマ属

b-3984.jpg

ゴマクサ(Centranthera cochinchinensis (Lour.) Merr. subsp. lutea (H.Hara) T.Yamaz.)ゴマノハグサ科 ゴマクサ属  

ゴマクサは 東アジアの熱帯から暖帯に広く分布し 本州(関東地方以西) 四国 九州 沖縄の日当りのよい湿った草地に生えるゴマノハグサ科 ゴマクサ属の1年草。絶滅危惧?B類
花期 8-9月。草丈 20-50cm。
名前の由来は 花や果実の形が胡麻(ゴマ)に似ているためです。
葉は茎の下部では対生し 上部では互生。長さ 3-5cm 幅 3-7mm で葉身は披針形で 葉先は鋭く尖っています。。
両面に毛があり 上部の葉は小さく苞となっていて 基部には三角形の葉があります。
茎の上部の葉腋に筒状の黄色の花をつけ 花冠は筒状(長さ 2cm)で 上部は 5裂。 
蕚は暗紫色のつぼ形で 花時に長さ 7-10mm 果時に1-1.5cm。果実は果。

b-3970.jpg

成東湿原とは田んぼのど真ん中にあるこんなところです。なにやら恐ろしい文字が・・・

b-3971.jpg

観察舎です。












Comment

[15306]

朝一番、読ませていただきました。怖い湿原だったのですね。遠くから見たら、花も咲いてないし、草ボウボウだ~と思って私なら通り過ぎるでしょう。
それが、pole poleさんの目には植物の宝庫に写るんですね。↑に写っている植物達、喜んでいると思います。
ガマの花粉に効能があるのにはびっくりでした。

ぶんちゃん、寒くなったけど、お散歩行っていますか?

[15307]

解説を読ませていただいても、すっきり頭に入ってきません。(年のせいにしましょう)

いつもながらくっきりとした写真ですが、おっしゃるように花だけ見ても区別が付きませんね。

[15308] 一番に書き込み ありがとうございます。

パル母 さん おはようございます!

朝一にお越しいただきまして ありがとうございます。
あはは!マムシですか?
以前に行った時にもこの看板ありました。

たくさんの植物を見ることができました。
上にご紹介したもの以外にもあったのですが・・・

ぶんは車で出かける以外は 外を歩こうとはしませんです!立ち止まって抱っこをせがみます。
歩くのはトイレの時のみです。

[15309] 説明がくどかったですね。

hisamichi さん おはようございます!

説明の文章が長すぎましたね。汗 汗
文字が多いのは 読む気が起こりませんよね。笑
写真だけご覧いただければ 充分です。

ここは植物の宝庫でした。
いつかチャンスがあれば また行って見たい所なのですが 何しろ不便!

[15310]

ピンクの金平糖っぽい子、かわいいですね♪
でも、名前が(爆)
アキノウナギツカミですよ!?
ツカミはOK!と勘違いなお笑い芸人みたいな。

ガマ・・・子どもが幼い頃、旅先で頂いてきて、私はどうしても断面がどうなってるか知りたくて、切って見たことがあります(笑)

[15311] おはようございます

アキノウナギツカミとナガバノウナギつかみの違い
わかりましたよ~
葉っぱと腺毛、覚えました!
今日はお天気、私も出かけてみようかな~
いろんな野草を見せて頂いて
散歩しようという気、満々(^^*)

[15312] 嬉しいのですが・・・

お久しぶりです。
pole poleさん復活で コチラでまたいろいろと勉強させていただけて 
たいへん嬉しく思っています。
でも、こんなに長い記事を書かれて 目のほうは大丈夫なのかな?と
ちょっと心配になってしまいました。。。(^へ^;A あせあせ

あまり根をつめない様に のんびり更新してくださいね。

[15313] ちょっと心配

大丈夫ですか。記事も写真もいっぱいだったのでちょっと心配しております。
私なんぞ、最近記事の更新が手抜きになってますし(^^;

あまり無理なさらないようにしてくださいね

金平糖、やっぱりそんな感じに見えますよね(^^)

[15314]

私が見たことのあるのは、ミゾソバと、ママコノシリヌグイでした。
アキノウナギツカミとナガバノウナギツカミのお写真を見せていただいて、はっきりと分かりました。
いつも色々教えていただいてありがとうございます。

[15315]

えへ。
誰かが書いているけど、私の記憶力もあやしいので右から左へGOデス。
でも、詳しいので何か知りたい時は、植物図鑑がわりに読みに来ていますので、たくさん書いてあるとありがたいデス。
ウナギツカミちゃん!名前がいいなぁ~
ウナギをつかまえているぶんちゃんも絵になるなぁ~
この冬もドラム缶みたいな格好しておでかけするのかなぁ~

[15316]

金平糖のお花を見ても、これで全部わかるぞ~??
ウナギツカミの名前は聞いたことありましたが 
この花なんですね~
ウナギにはお気の毒ですが ママコよりよいですね
ガマのお話・・・目からウロコが2度おちました。
うさぎはフワフワの綿毛 カエルは鏡は?でしたが
長年の疑問が解決しました。

[15317] 忘れられない名前ですよね。

ヒヨドリ さん こんにちは!

あはは!お笑い芸人ですか~~!なるほどね。
でもユニークな名前でしょ!
ママコノシリヌグイ同様 一度聞いたら忘れられないような・・・・??

タデ科の植物には魅力がいっぱいです~!
金平糖はまだまだありますよ。笑

ガマ 断面どうでしたか?

[15318] こちらは曇り空です。

panda  さん こんにちは!

この他にもヤノネグサ サデクサ ツルソバ ヒメツルソバと金平糖のお花は区別が難しいですよね。

そちらはお天気がいいのですね?
こちらはここのところ曇りで肌寒いです。
季節外れの台風もきているようで・・・
また素敵な野草を見せてくださいね。

[15319] 無理はいたしませんから・・・

るびい  さん こんにちは!

お越しいただきまして嬉しいです。
ご心配ありがとうございます。
無理はいたしませんので。

こちらこそまたどうぞよろしくです。

[15320] 美味しそうですよね?

しーたけ さん こんにちは!

ちょっと頑張りすぎてしまいましたかね?笑
たくさん撮り貯めてあるのをアップしているだけですから・・・
原稿も以前に書いてあったものもあって・・・
無理はいたしませんので。
疲れたら また間が開くかもしれません。

金平糖ですよね?笑

[15321] 似たもの同士は難しいですね。

ミュー さん こんにちは!

いつもコメントをありがとうございます。
毎日は伺えませんが 少しずつコメントさせていただきますのでよろしくです。

ママコノシリヌグイ 未だ写真に撮っていませんです。
この手の植物 同定が難しいですね。

[15322] ぶんがウナギをねぇ~!

ENO さん こんにちは!

最近はお忙しそうですね。
毎日コメはできませんが 遊びに伺いますね。

右から左で結構ですよ。私も覚え切れませんです。
メモがわりに書いているだけですから 責任もあまり持てませんが・・・笑

あはは!ぶんがウナギを捕まえることできるのでしょうかね?爪 だいぶ伸びていますからね。
イラストの方がおもしろそう!
ちなみにウナギ 私もぶんも大好きです!
でも何も出ませんよね? 笑

[15323] 誤った解釈は困りますね。

haniwa さん こんにちは!

いつもコメントをありがとうございます。
まだ ヤノネグサ サデクサ ホソバノウナギツカミというのもありますよ~!
haniwa さんのことですから きっと全部お分かりいただけると思います。

ガマ 面白いですよね。
間違った解釈というのは困りますね。
ガマの穂綿 私も目から鱗でした~!

[15324]

今日は1番じゃないので、ゆっく~~~り読ませていただきました(笑

今年も重要なポイントだらけで赤ペンが必要ですね。
今年は赤ペン用意しても覚えられないような・・・

来年が楽しみだ^^

[15325]

pole poleさん、こんにちは!
なるほど!似ているお花の時は
“葉”を見るようにすればよいのですね~
またまた勉強になりました!
ちっちゃなお花を可愛らしく撮られていますね。
ピンク色が綺麗で、より可愛く見えます。

[15326] 私も右から左です!

きらり さん こんばんは!

どうされたのかな~?って思っていましたよ。
そそ!ゆっくり読んでいただいても量が多過ぎますよね。苦笑

赤ペンね~!懐かしいな。
写真だけでいいんですよ。

来年ね~ どうしましょうね。

[15327] ご心配をありがとうございました。

noa さん こんばんは!

お越しいただきましてありがとうございます。
図鑑などで頭に入っているつもりでも実際に目の前にすると わけがわからなくなること多いです。汗

タデ科の可愛い子ちゃんたちです。笑
美味しそうでしょ!
ただ撮っただけの写真ですが・・・

[15328] 分かりました~

散歩の前に、さっと読んで今またじっくり読みました。
アキノウナギツカミ、区別が出来そうです!

コバノカモメヅル、ガガイモと同じように種を飛ばすんですね。
日の光を浴びて飛ぶ姿は、ホント美しいですね。

ガマってそうなんですか・・・・へーへーへー笑
蛇がいるってことは自然が豊かなんですね~

え~ぶんちゃんは抱っこなの~

[15329] 解説文が楽しい

今回は盛り沢山で、すっかり堪能しました。
pole poleさんのブログのよさは写真だけでなく、詳しい解説文があることです。
もっとも私の浅薄な知識では理解できないことも多いのですが、ほほう、なるほど、そうなのか、と思う所も随所にあって、とても楽しいです。
アキノウナギツカミはよく知っていましたが、ナガバノウナギツカミは全く知りませんでした。
やはり似ているようでも、様々な所が違うのですね。
吾亦紅とは吾もこうありたい、というところから来ているとは初めて知りました。
ゲンノショウコと違って、期待を裏切らないいい名前だと思います。
吾はくれないなりという説よりも前者の方が好きです。

[15330]

そうそう、金平糖系のお花たちはそっくりなのであまり見分けがつかなかったのです。
区別のポイントを教えていただいてとても助かります。

アキノウナギツカミのお写真、とてもきれいに撮られてますね。小さな花だから難しいのに… (^^)v

[15332] たくさんの植物に出会えました。

kuriko さん こんばんは!

じっくりとお読みいただけてとても嬉しいです。
アキノウナギツカミ 可愛いお花ですよね。

もうすぐコバノカモメヅルも飛ぶんじゃないかと思いますが・・・・ガガイモ科の植物大好きです。

あはは!ぶんを連れていたら ”ワンコはちょとね~!” と言われてしまいました。仕方なく抱っこ!
まぁ~ 保護区だからしかたありませんね。
周りは田んぼなのにね。笑

[15333] ありがとうございます!

asitano_kaze  さん こんばんは!

じっくりとお読みいただけてとても嬉しいです。
拙い知識と検索とで 自分なりに解釈しているので間違った箇所もあるかもしれません。

花の命名はとてもロマンチックな場合とあまりにも直接過ぎてかわいそうなものとありますね。
命名者の知恵が問われますね。

他にもホソバノウナギツカミというのもあるそうですよ。
同定は本当に難しいです。

[15334] タデ科は難しいですね。

あまぞんりりー さん こんばんは!

タデ科の可愛い子ちゃんたちはどれも似たようなお花をつけるので区別が難しいですよね。
去年からずっと観察していて やっと少しずつですが わかるようになってきましたが 実物を目の前にしたら どうでしょう? 笑

ただ撮っただけの写真なのにおほめいただきましてありがとうございます。
小さなお花はちょっと風が吹いただけでも 難しいですよね。

[15336]

湿原と聞くとわくわくしますよ。
ミゾソバの仲間は花がきれいですが、ナガバノウナギツカミって腺毛がすごいですね。
ガガイモ科の実って弾けたときがおもしろいですよね。
成東湿原ですかφ(.. )機会があったら行ってみよ。

[15337] 是非いらしてみてください。

かげ さん こんばんは!

さすがはかげさんですね。湿原面白いですよね~
でも我が家からは遠くて おまけに途中でナビが故障してしまったのでお手上げ状態で ここについたらすっかり 夕方になってしまっていたので駆け足で撮りました。
以前にも行った時 迷いました~~笑

タデ科の可愛いお花は本当に愛らしいですね。
はい!毛深かったです。笑

[15338]

pole poleさん こんばんは

お久しぶりです。
またこうやって詳しい植物のお話を聞かせて頂けて嬉しいです。
ミゾソバやママコノシリヌグイとナガバノウナギツカミなどで、
ま~ったく区別付かなかったのですけど、
こうやって見せて頂けるとよく解って助かります~
今度このお花に出会ったららしげしげと観察してみます。
出会えるといいな。

[15339] ご心配をありがとうございました。

やんやん さん こんばんは!

こうしてまた起こしただけて嬉しいです。
ご心配とお気遣いとをありがとうございました。

ぼちぼちです。笑

タデ科のこの種は本当によく似ていて区別がつきにくいですよね。
私も突然 目の前に現れたら・・・???かも~!

出会えるといいですね。

[15340]

今日は大作ですね。(^^♪
ミゾソバやママコノシリヌグイなど今年も撮ったのですが、アップせずに終わってしまいました。
詳しい解説堪能しましたよ。\(^^)/

[15341] 金平糖

これもタデ科。蕎麦に近いのね。
言われてみると花の付き方が蕎麦に似ていますよね。すくっと立った茎にチョコンとあって可愛らしい。

湿原でマムシ。
近所の雑木林には必ずいます。(笑い)
序に暖冬傾向ですから、スズメバチも活動中の時も。だから綺麗な花も咲くのかもしれませんね。

[15342] ちょっと多過ぎたかな?

あんずパパ さん おはようございます!

ちょっと頑張ってしまいました~!
撮っても おっしゃるようにアップしないで終わってしまうものたくさんありますよね。
また来年と思いつつ ずっとできなかったりして・・・・

拙い知識と検索の合作です。

[15343] タデ科植物はいいですね。

ふん転菓子 さん おはようございます!

そうなんですね~ タデ科の植物はいろんな顔があってとても楽しいです。
この金平糖の形をしたのは特に可愛らしいですね。

あはは! 普通の林にもマムシはいますよね。
でもこう警告されると 少しは用心します。
スズメバチは 怖いです。

[15344]

なかなか興味深く読ませていただきましたが、
毎回の事ながら勉強になります。

ガマの穂は、
私が趣味としている火起こしでも、
発火の材料としてつかうんですよ。
乾燥させて灰汁に漬けておくと、
灰汁が触媒作用になって火種の素になります。

ご近所ではガマの穂を見かけないので、
今度は探しておこうかなともおもっているぐらいです。

[15345]

う~ん。ほんとに今回は長かったですね(^^;
ワレモコウの語源のお話はおもしろかったです。
そんなふうに命名されてたんですね。
ガマの油売りのお話も知らなかった。
ガマガエルから採った軟膏だと思ってました(^^;

[15346] 火おこし 面白そうです。

ポレポレとうさん さん こんばんは!

長いのをお読みいただきましてありがとうございます。
そうなんですか~!よく火が起こりそうですよね。
昔の人の知恵ですね。火起こしは 世界共通したやり方のようですね。

そうなんですよね~ガマの穂はそん所そこいらには生えていませんものね。
どこかで見つかると 実験できますね。

[15347] 長々とありがとうございます!

キメラ さん こんばんは!

長いのをお読みいただきまして ありがとうございます。
植物にもいろんなお話があって ことに命名は面白いですね。

ガマの油売りのことは知っていましたが 穂綿と穂黄の誤った記述は初めて知りました。

[15348]

こらこら!病み上がりなんだから
そんなに張り切らないでミニサイズで行きなさい!v-26

[15349] はい!わかりました。

びーぐる さん こんばんは!

あっ!はい!
ご心配をおかけして申し訳ありません。
以前から原稿を用意してあったもので・・・
ちょっと多過ぎましたね。反省!
こんなに長いと 読んでいただく方も疲れますね。

[15350]

何度もお伺いいたしましたが、好天に誘われ紅葉狩りに明け暮れコメントまで行かずじまいです。

ナガバノウナギズカミは自信なくアップしかねましたが、勉強させてもらいましたので、忘れてなければ来年は自信を持ってアップ出来そうです。

ガマの穂は、孫が吹き飛ばして喜んでいましたが、広範囲に穂綿が飛び散りますね。

[15351] ナガバノウナギツカミ 楽しみです。

九ちゃん  さん こんばんは!

秋の空は目まぐるしく変化するので好転に恵まれた時はチャンスですから コメなど気になさらないでくださいね。

ナガバノウナギツカミをご覧になられたのですね。
来年とおっしゃらずに・・・笑

そそ!ガマの穂はすごく飛び散りますよね~

[15352]

おひさしぶりです~
ガマがでてきてホッとしました。。。ふふっ
白ウサギもガマの油も、このガマの事だったんですねっ
ふんふん・・そっか・・・と、読んじゃいました~

[15353] ガマには驚きでしょ!

bibi さん こんばんは!

そうですよね~ あまり馴染みのある植物たちではないですから・・・
そそ!ガマのことについては 目から鱗ですよね。
長いのをお読みくださいましてありがとうございます。
びびこちゃんは 元気そうですね。

[15354] 復活おめでとう~

こんばんは~
復活おめでとうございます。
ミゾソバに似たアキノウナギツカミ、ピンク色がとても可愛い花ですね^^
それにしても湿原が田んぼの中にあるとはちょっとびっくりです。
湿原にマムシって多いんですね。
私が時々行く湿原にも同じことがかいてありました。

[15355] ご心配とお気遣いとをありがとうございました。

riri さん おはようございます!

ご心配とお気遣いとをありがとうございました。
ぼちぼちですが 更新できればと思っています。

去年見たアキノウナギツカミもミゾソバもガンガンに陽が当たっているところに生育していたのと もう少し時が経って紅葉していたので もうちょっと赤みが差していましたが ここのはきれいなピンクでした。

そうですよね~ 湿原にはマムシがつきものですね。気をつけましょうね。(^^;

[15356]

アキノウナギツカミ、ミゾソバ、ママコノシリヌグイ、
ナガバノウナギツカミどうも見分けが良く出来ません。
何れもよく見かけることは見かけるのですが、
何れも可愛い花で好きな花です。

[15357] 実際目の前にすると・・・

和さん さん こんばんは!

花の部分だけ見ていると どれもよく似ていますよね。
葉っぱの形とトゲ 茎を抱いているかいないかである程度区別できると思いますが 目の前にするとどうでしょう? 笑
金平糖のようなこれらタデ科の植物は 可愛いお花(萼ですが)で楽しませてくれますね。

[15358] よくわかりました。

アキノウナギツカミ、ナガバノウナギツカミ、ミゾソバやママコノシリヌグイそれぞれをよく見てなんとなく覚えていましたが、よくちがいが分かりました。
これらの花は僕も大好きな花たちです。
特に、そうですね。金平糖のようなウナギツカミは可愛くて、よく見に行きました。

ワレモコウもなんとなく寂しさを感じさせる植物で、大好きです。
それになまえもまた良いですよね。

居間は完全に理解した積りですが、たぶん忘れてしまうと思うので、コピーして時々見て記憶がなくならないように使用と思っています。

[15359] 本当に可愛らしいですよね。

fujimino さん おはようございます!

タデ科のこれらの植物は本当に可愛いですよね。
どれも金平糖のようで美味しそうです。(^^;

ワレモコウもその色合いがなんともいえないですね。
秋を感じさせてくれます。

そうなんですよね。図鑑とかでは頭に入っていてもいざ 目の前で出会うと混乱してきます。
人間は忘れないと 覚えない頭の構造になっているようです。笑

[15360]

w川・o・川w オォーーー!!

可愛いお花ですね・・・・
タデ科のお花って~本当に素敵なお花でとっても可愛いですよね・・・・

大好きなお花です
とても綺麗に撮れていますね・・・

ありがとう♪(#^ー゜)vです

[15361] お久しぶりです。

畑ちゃん  さん こんにちは!

お久しぶりです。ブログから遠ざかっていたのですが ぼちぼちと再開できればと思っていますのでよろしくです。
ご心配とお気遣いとをありがとうございました。

そうなんですよね~!タデ科のお花は可愛いのがありますよね。
金平糖みたいで食べたくなってしまいますね。

こちらこそ ご訪問とコメントとをありがとうございます!

[15362]

こんばんは☆

この秋にはススキを見に行ったときに、
ワレモコウとナデシコを見ました。
自生してるのを見たのは初めてで、やっぱり感動してしまいますね。
お花屋さんでみるより、強く、たくましく、健気に、そして愛おしく思いました。

その後、調子はいかがでしょうか?

寒くなってますので、風邪にも気をつけてくださいね。今日、インフルエンザの予防接種に行ってきました。

[15363] ご心配をありがとうございます!

aki さん こんんばんは!

そうですね~!花屋さんで見かけるお花より 自生しているお花は 素朴でいて逞しい感じがします。

調子は長い目でみないとわからないようです。
焦っても仕方ないのですが・・・・

去年 インフルエンザのワクチン打ったにもかかわらず 今年インフルエンザに罹患したので今年は考えてしまいます。
でも大流行の兆しがあるようですね。
卵にアレルギーはないのですけど・・・・
跡が痒くなって赤くなって 調子も悪くなります。

[15408] こんばんは

ここ、この間NHKで紹介されていました。
なかなかいいところだなぁと思ってみていましたよ。
あまり長い時間やらなかったので、詳細は???でしたけれど・・・

成東かぁ・・・ちょっと遠いかな?
えっ、マムシがいるんですかぁ?やばいなぁ。
とすると、長靴姿で訪れた方が無難ですね。
ましてやローアングルはちょっぴり危険かも!

[15412] いいところですよ~!

ZEISS  さん おはようございます!

関東ではこの湿原が有名ですね。食虫植物がたくさんあることで有名です。そそ!遠いです!
おまけにナビが途中で壊れて着くのに時間がかかり過ぎました~!

湿原にマムシはつきものです。
ハブと違って 気配を感じると逃げてくれると思いますが・・・・冬はどうでしょうね。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター