2007
10
10

:オミナエシ:


秋の夕陽をいっぱいに浴びてのシリーズ 第2弾 は オミナエシ!
風に揺られてなよなよとする儚げな姿に人々は 万葉の時代からこのお花を愛で たくさんの短歌や俳句に詠んで観賞してきました。
日本人の感性に訴えるものがあるのでしょうね?

b-3828.jpg

オミナエシ(女郎花 )は 沖縄を除く日本全土 中国?東シベリアにかけて分布し 日当たりの良い山野の草地に生えるオミナエシ科 オミナエシ属の多年生草本で 秋の七草の一つ。
チメグサ 敗醤(ハイショウ)ともいいます。花期 8-10月。草丈 60-100cm。

b-3829.jpg

茎の葉は対生していて 奇数羽状に分裂し やや固くてしわがあります。
根茎は横に這って伸び 株のそばに新苗をつくって増えます。

b-3830.jpg

夏までは卵状披針形で長柄のある根出葉だけを伸ばし その後まっすぐな花茎を立て上部で分岐して 茎頂に黄色の小花(花径 3-4mm)を散房状に多数咲かせます。
花冠は 5裂 し 筒部は短く 雄しべ 4本 雌しべ 1本。

b-3831.jpg

果実は長楕円形で 子房は 3室 からなっていますが そのうちの 1室 だけに種子ができ 2つに割れて種子を散布します。

b-3832.jpg

全国の草地や林縁に普通に見かけられる植物でしたが 自生地の減少に伴い 近年は少なくなってしまった植物の一つです。
日本では万葉の昔から愛され 観賞用としていくつかの園芸品種もつくられ 解熱や消炎の効果があるとして漢方にも用いられています。
乾燥させると醤油の腐ったにおいがすることから 敗醤の漢字を当て 漢方では敗醤と呼ばれています。

b-3826.jpg

名前の ”オミナ” は ”美しい女性” の意味で 同属のオトコエシは いかにも男性的ですべてが大ぶりなことに比べて 弱々しいことから来ています。
エシはメシ(飯)が訛った言葉と言われています。オミナメシとも言われる所以です。
黄色いオミナエシを粟飯に見立て粟花 白い花のオトコエシを米飯に見立て米花と呼び 女の飯=女郎花 男の飯=男郎花の漢字を当てたと言われています。

b-3833.jpg

茎まで黄色くとても美しいです。繊細なお花だと改めて感じ入りました。

b-3827.jpg

一面に広がるオミナエシ! 夕陽を浴びてキラキラとしていました。
白く見えるのは 次回ご紹介するサワヒヨドリです。

b-3824.jpg

オミナエシ(Patrinia scabiosifolia Fisch. ex Trevir.)オミナエシ科 オミナエシ属












Comment

[14974]

女郎花、男郎花、
名前の由来を知り、花名を憶えやすいようにしている者には有り難いことです。

今日もありがとうございました。

[14975] 一番に書き込みをありがとうございます!

九ちゃん さん こんばんは!

早々にお越しいただきましてありがとうございます!
オミナエシ オトコエシ 面白いですね。
でも男性はお米を食べるけど 女性は粟でも食べていればいいというのはね~~~!笑

[14976]

女郎花は秋のまぜ挿しに使うと綺麗なのですが、アノ匂いが玉にキズというところでしょうか。
粟飯と米飯の違いは知らなかったです。
聞き捨てならない~!

[14977]

オホホ、女は弱々しいんですね。
オミナエシって名前を付けた人をタイムマシンで
現代に呼んだら、
さ~てこのお花はなんと名前が付くのでしょうか(笑)
近くでじっくり見ると黄色い可愛いお花なんですね。

[14978] 草原なんですね~

草原のオミナエシ、綺麗ですね!

アハハ、今となっては雑穀の方が高価だわ!
タイムスリップで昔の人が来たら、本当にビックリするでしょうね~

サワヒヨドリ~楽しみ!

[14979] すっきり

女郎花、いかにも秋の風情を感じさせる花ですね。
すでにかんかん照りの夏に咲いていましたが、やはりこの花は秋でなくては。
私も少し撮りためていますのでそのうちにUPしたいです。
5枚目の大きな絵を見てようやく納得しました。
果実は長楕円形なんですね。
私はてっきり丸い形に決めていましたが、写真を撮るときにいつも違和感があったのです。
この形だということですっきりしました。

[14980] 女性は差別されていたのです。

ミュー さん こんばんは!

主役ではなく添え物として活けると主役を引き立たせるということでしょうか?
お醤油の腐ったニオイっていうのは??

そそ!失礼の連続です!
先のツリガネニンジンの若芽(トトキ)は美味しいので嫁には食べさせるな! でしたから~~!

[14981] 今じゃ女性の方が・・・ですよね?

きらり  さん こんばんは!

あっはは! 今じゃ女性の方が逞しくて強いですからね~
女性は米で男性は粟ですよ!
なんてネーミングするのでしょうね~
そそ!可愛いお花です。

[14982] 座布団2枚!

kuriko さん こんばんは!

kuriko さんはうまいことをおっしゃいますね~
そうだ!そうだ!粟の方が米より高いです!笑
びっくりですよね~
最近の男性は・・・

[14983] 楽しみにしています。

asitano_kaze さん こんばんは!

秋の七草はすでに夏頃から咲いていて 2度咲きするものもありますね。
でも秋の七草ですからね。
アップ楽しみにしています。
私はあまり観察をしなかったので・・・苦笑

[14984]

pole poleさんいつも思うんですが、自生の写真ばかりで驚いています。
草原ですか!こういう所に行ってみたいです。

[14985]

一面のオミナエシ、すばらしいですね。

男性としてはコメントしづらくて、この辺で失礼します。(^^;ゞ

[14986] そんなことはないですよ~

ミンゴ  さん こんばんは!

植物園にはワンコが入れないので 必然こういったところに行かざるを得ないというか・・・
園芸種には あまり興味がないというか・・・
それでも園芸種もアップしていますよ。

ここは湿原ですよ。草原でもありますが・・・

[14987] 丁度いい季節だったようで・・・

あんずパパ  さん こんばんは!

いい季節だったようで 秋の植物をたくさん見ることができました。
暫くお付き合いいただけると嬉しいです。

あはは!お気持ち 了解しました~笑

[14988]

黄色のツブツブから粟で女の飯ですか~
草原にある姿はたおやかですものね
セイタカアワダチソウとは大違い
今は亡き やまとなでしこ ですかしら・・・

[14989] 大和撫子と言う言葉は死後でしょうか?

haniwa さん こんばんは!

ちょっと変なお話ですよね~
万葉の人々はオミナエシに女郎花という漢字を当てたといいますが・・・
そそ! セイタカアワダチソウとは大違いです!
あはは! 今はもう大和撫子は死後でしょうか?

[14990]

こんばんは☆

最後の2枚は本当にあたり一面オミナエシで黄色い鮮やかな世界ですね!!

男性はお米で女性は粟・・・・やはりここで私もひっかかりました、、、、
粟ではなく栗ご飯だったら喜んでOKですが。

[14991]

群生するオミナエシ、圧巻ですね!
草紅葉の頃もきっと綺麗でしょうね。
秋の風が吹き抜けて行きそうな、こういう光景が好きです。

ナンゴクヒメミソハギを教えてくださってありがとうございました。
pole poleさんからは教えてもらうばかりで~~m(__)m

[14992]

乾燥すると・・ってとこにギョギョッ
でも、やっぱりキレイなイメージですね~

[14993] 見たことがありません

オトコエシはよくみかけるのですが、去年も見つけることができませんでした。かよわそうなオミナエシ、是非見てみたいです。黄色といえばセイタカアワダチソウばかりです・・・

[14994] 秋の光景です!

rudy-love-111 さん おはようございます!

黄色いのが一面というのは ちょっとびっくりな光景っでしょ!

ね~ どういうのでしょうね~
でも粟の方が今ではお高いのですよ! 笑
栗ご飯 美味しいですよね。

[14995] とっても感動しました。

fumifumi  さん おはようございます!

ここまで群生しているオミナエシ 初めて見たので感動しましたよ。
草紅葉の頃もきっときれいでしょうね~
でも 遠くって・・・

いいえ!どういたしまして。
ナンゴクヒメミソハギでよかったのでしょうか?

[14996]

女郎花はよく見ますが、午前中に出かけることが多いので、夕日に当たるところはあまり見たことがありません。
一本だけすっと立った姿も群生もどちらもきれいですね。

[14997] ニオイがね~!

bibi  さん おはようございます!

あはは! ちょっと旧くなると臭いようですよ~~!
いっしょに活けておくと 水も臭くなるようで・・・

きれいでしょ!

ところでお花の名前 あれでよかったのでしょうか?

[14998] 出会えるといいですね。

パル母  さん おはようございます!

そう言えば 去年もオミナエシご覧になられたことがないとおっしゃっていらっしゃいましたね。
何故でしょうかね?
私は逆にオトコエシの方を見たことないですが・・・
セイタカアワダチソウに奪われているのでしょうかね?

[14999] 午後4時の光が好きなんです。

hisamichi  さん おはようございます!

私は 朝弱いので・・・
出かける時は 午後からの方が多くって・・・
それに午後4時頃の陽射しが大好きなんですよ~
柔らかくって 何ともいえない陽射しが・・・
なので 夕陽を浴びた植物が多くなります。

[15000] “のりたま”みたい・・・

そそとしたオミナエシも 群生してると存在感がありますね。
ふりかけのノリタマ! 思い出しちゃいました!( ̄∇ ̄*)>エヘヘ♪

[15001] いっぱい

いっぱい女郎花が咲いていますね(^^)
私はまともに撮れなかったです(T_T)
この花は昔から日本人に愛された花のひとつですね

今から黄色の花を探すとなると・・・
セイタカアワダチソウになっちゃいそうです(笑)

[15002]

おはようございます!

こんなにたくさんの女郎花はみたことありませ~ん。オトコエシもあるとは知りませんでした。。
女郎花はよく生けてましたが、生けるには難しいお花でした。生けるより自然に咲いてるほうがやっぱりいいですねぇ、どんな植物もですが。
苦手意識があったせいか、こんなに女郎花がかわいいお花って覚えてなかったです。
夕陽浴びてる女郎花は風情ありますね。

[15003] のりたまね~

るびい さん おはようございます!

あはは!のりたまですか~~!
1本でも群生でも存在感ありますね。
ありがとうございます。

[15004] はい! いっぱい咲いていました。

しーたけ  さん おはようございます!

そうなんですよ~
いっぱい咲いていました。万葉人に愛されたお花です。
時期的によかったのでしょうね。
あはは!セイタカアワダチソウの他にもアキノキリンソウとかあるではないですか~~!

[15005] 感動しました。

aki  さん おはようございます!

私もこんなに咲いているのを見たのは初めてだったので感動しました。
そうですよね~
どんなお花も切花にしていけるより 自然に咲いているお花の方が 美しいですよね。
その野の花の美しさをどう活けるかが腕なんでしょうけど・・・
時として 野に咲いているよりも美しい場合もあるようで・・・活け花の極意でしょうね。
風情あるでしょ!
ありがとうございます。

[15006] 凄い場所ですね。

オミナエシが一面に咲く様子は、最近ではあまり見られなくなりました。
もう果実も出来る季節ですね。

[15007]

オミナエシも季節を感じさせる植物ですよね。
私も好きな花のひとつです。
これだけ綺麗にたくさん咲いている場所があると、
近くに行っただけで癒されそうだなと思いました♪

[15008]

女郎花、古の日本人が好みそうなお花ですね。
フジバカマなどの立ち姿とも似ているような。
1本だけ立ってると少し寂しげな風情なのだけど、他のお花と挿した時に、とってもステキな演出をしてくれるんですよね。

野に咲く花に目を向けて、こんなふうにステキに撮ってあげられるpolepoleさん♪お花も喜んでいますね、きっと♪

[15009] 私も感動です。

横浜のおーちゃん さん こんにちは!

私もこのように咲いているところは 初めてだったので感動しました。
他にもススキ サワヒヨドリ ワレモコウ アキノウナギツカミなどがたくさん咲いていました。
茶色い果実はまだ ありませんでした。

[15010] たくさん咲いていました~

ポレポレとうさん  さん こんにちは!

私もこれほどたくさん咲いているとは思いもしませんでしたので 感動でしたよ。

黄色いお花は元気をくれますね。
夕陽にさらに染まってとてもきれいでした。

[15011] ありがとうございます!

ヒヨドリ  さん こんにちは!

万葉人に愛されたこのお花が現代にも息づいているというのが また感動ですね。
そそとして美しいのですが こうたくさんあるのもすごいと思いました。
そのように言っていただけて とても嬉しいです。

そそ!次回はヒヨドリさんのお花ですよん!

[15012]

オミナエシ良いですねぇ!
私はいつも短歌や俳句を読みながら鑑賞しています。v-91v-8
あいかわらず繊細な写真が素晴らしいの一言です。v-424

[15013] 俳句と短歌 楽しみですわ~!

びーぐる さん こんにちは!

あらま! やはりどこか違うお方だと尊敬申し上げておりました。なんと高尚な趣味をお持ちで・・・v-9
今度 1句でも1歌でも詠まれてくださいね。

おほめいただきまして ありがとうございます!

[15014] 女郎花

確かまだ汗ダラダラながしてる頃
撮ったような記憶です。
その後見ておりませんが、咲いてるのですね。
群生する女郎花、圧巻ですね!

[15015] フェンネル

時々フェンネルと間違えて名前が出てこなかったりしています。(汗)
これはハーブ??

[15016]

輝いてますね~
それにしても、本当にP様はトンキンにお住まいなのでしょうか?
一体ここは、どこ~?って感じなのですが・・・。
最近 黄色い背の高い雑草、良くみるのですが
これではないらしい・・・。

[15017] 季節の先取りで夏に咲くと思います。

和さん さん こんばんは!

そうですね~ 夏から咲いているようです。
大体 秋の七草は 季節を先取りして咲くようですから・・・粋ですね。

ここはみごとでした。

[15018] 秋の七草の1つとしか・・・

ふん転菓子  さん こんばんは!

あはは!フェンネルはセリ科でしょう。
これは 万葉の時代から歌に詠まれたり 生薬として利用されてきた植物です。
ハーブの定義がよくわかりませんので なんともいえないです。すみません。

[15019] はい!東京に暮らしておりまする~

ENO  さん こんばんは!

はい! 東京の片田舎に暮らしておりますです。
これは都内ではないので・・・悪しからず。
ここは・・・このシリーズ最後のお楽しみということで・・・長く引っ張ります。笑

それはセイタカアワダチソウか センダングサの仲間ではないでしょうか?

[15020]

こんばんは!
 さいごの写真がすきです~♪
 ひょっこり、野うさぎがでてくるような・・・。
 幻想的ですね~。
 

[15021] マムシの出るところですが・・・

HUKUHUKU さん こんばんは!

あはは!ノウサギさんですか~~!
タヌキが出てきそうです。
マムシが出ると書かれていましたが・・・
ありがとうございます!

[15022]

オミナエシ美しいですね~~~
こんなに夕日に映えるとは思いませんでした。
一本すっくと立った風情もステキで、
群生の光り輝く姿もすばらしいですね!
こんなにたくさんの群生みたことありません。
圧巻ですね~

[15027] とってもきれいでした~

やんやん  さん こんばんは!

夕陽に光り輝いていました。
私もこのようにたくさん群生している所は初めてだったので 感動しました。
ありがとうございます!

[15033]

すごい数のオミナエシですね。これだけの群生は始めてみました。
秋には中々遠くまで行けないので、自宅からせいぜい50kmの場所のみですが、何処にもこんなところはありません。
大昔から日本にある植物だけに多くの歌に歌われ、ついつい、ひっそりと咲く感覚をもってしまいますが、こんな風景をめにすると作る詩や短歌もかわって来ますね。

[15037] 感動ものでした~

fujimino  さん こんばんは!

私も初めて見ました~!
同じく遠出はしないので 車で2時間以内に行かれるところにしか出かけないです。
東京近辺に限られてしまいます。
あはは!おっしゃる意味よくわかります。
昔もこんな風に群生していたところもあるのではないかと思います。秋の庭などで・・・
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター