2007
08
24

:ウバユリ:


キツネノカミソリの群生に混じって ウバユリ(姥百合)が何本か咲いていました。
ウバユリは ユリという名がつきますがその佇まいは 花にしろ葉にしろ 普通のユリとは趣を異にしています。
姥という名前は洒落のつもりなのでしょうが・・・
その姿からは 年老いた姥などではなく パワフルな生命力を感じました。
ここにはこの他にも ヤブミョウガやシュウカイドウが自生していました。

b-3529.jpg

ウバユリ(姥百合)は 関東地方以西?四国 九州に分布するユリ科 ウバユリ属の多年草。
草丈 60-100cm。花期 7-8月。
種子から発芽して 6-8年目 で開花し 開花した個体はその後 枯死してしまいます。(1回 繁殖型植物)
主に谷筋などの明るい落葉広葉樹林下に生育します。

b-3526.jpg

名前の由来は 花が満開になる頃には 基部の根生葉が年老いて枯れてしまうことが多いため 歯(葉)のない ”姥(乳母)” に例えたといいますが 実際には葉は残っています。

b-3524.jpg

地下に鱗茎(いわゆる百合根)があり ある程度成長すると親株の鱗茎の基部には数個の鱗茎を形成します。
開花した親株が枯死しても ここから独立した栄養生殖を行うので 親株のそばに群生することがあります。

b-3536.jpg

早春 ユリ科とは思えないような根生葉を輪生状に多数展開します。
なんと! 幅広いハート形で 葉脈が網状脈(多くの単子葉植物では平行脈)なのです。

b-3532.jpg

蕾です。

b-3531.jpg

花の下に苞があります。

b-3540.jpg

7-8月 頃 高さ 1m ほどの直立した花茎を出し ロート形で真横を向いた花(長さ 15-20cm) を咲かせます。
花被片は緑白色で内部には褐色の斑点があり 奥にいくほど色濃くなっています。
花被片は 6枚 で 幅 2-3cm。

b-3542.jpg

上側の花被片 2枚 は 他のものよりやや細くできています。
花被片は基部まで分かれていて 筒状にはなっていません。
花はあまり開かず 花被片の隙間から内部がわずかに見えます。 
雌しべは 1本 で長く 6本 の雄しべはそれぞれ長さが違い 雌しべに寄り添うように垂れ下がっています。

b-3541.jpg

中の様子は外からはよく見えません。

20070824104942.jpg

秋には 果実ができます。ちょうどヒガンバナの咲く頃です。
 
20070824105005.jpg

晩秋には 開裂して種子を散布します。
果実(果)は全開せず わずかに開いた部分も繊維で格子のように塞がれていて 強い風が吹いた時にだけ 種子が散布される仕組みになっています。
1つの果実の中には 周りに銀白色の薄い膜をもった扁平な種子が入っています。(600個)

b-3534.jpg

ウバユリ(Cardiocrinum cordatum (Thunb.) Makino)ユリ科 ウバユリ属












Comment

[13482]

ウバユリってほんと不思議な花ですよね。
夜になると香りが強くなると聞いたのですが、どうなんでしょうね。
確かめる前に花が終わってしまいました。
実の絵はpole poleさんが描かれたんですか?
自分は絵がさ~っぱりなので、絵が描ける人は尊敬します。
ウバユリ、トラックバックしますね~

[13483]

こんにちは~

どのお花もですが、自生してるのは生命力を感じますね。。
ウバユリはかおり、強いのですか?
葉っぱは他のゆりとは違いますね。
葉が特徴なのかな。これだと見つけれそうです。。

[13484]

ウバユリはじめて見ました
凄くいいですね
好みです

花は細くて 野生っぽい姿がまた素敵
葉もハート型なんですね

果実の絵 カサカサとした雰囲気!
素晴らしいですねv-424

[13485]

私もこの百合は知りませんでした(^^;)
確かに葉が網状脈、他の百合とは違いますね・・・

[13486]

植物画がすばらしい!!!

あれはどうやって学ばれたのですか?

[13487] ウバユリ

私が訪れた場所もウバユリが混じって咲いていました。
どこも同じような感じになるんですね(^^)
このユリもなかなか特徴的ですよね(^^)

[13488]

おはようございます~★
群生してるキツネノカミソリの中に、ポツンと咲いてるウバユリ、素敵な画像ですね~。
葉っぱが、カーラのような感じなのですね。
香りのほうはいかがでしたか?

[13489]

発芽までに長い年月が掛かるのですね。だからでしょうか 種がたくさん出来ても発芽の確率も難しそうですね。
自然界は厳しいのですね。でも花は素敵なものですね。

[13490]

ウバユリの葉っぱが、このような形だとは知りませんでした。
キツネノカミソリの群生だけでも嬉しいのに、ウバユリまで見られて良かったですね。
こちらも、見せていただけてよかったです。

果実の画、素敵ですね~♪

[13491]

いつも「ほぉー」「へぇー」「おぉっ」ってかんじで、
無知なところに知識がどんどん蓄積されてくので、最初の方の情報を引き出すのがたいへんです。。。
活性化されるどころか、エラーおこしちゃって・笑
庭に咲いてるお花情報しか知らない私なので、覚える事がいっぱい
キツネのカミソリの由来・・ほんとだ!あった。。。やいやい。。。
今日のウバユリは大丈夫ですよ~ちゃーんと読み込みました~ v-221

[13492] 一番に書き込みをありがとうございます!

かげ さん こんにちは!

お暑い中を一番に駆けつけてくださいまして ありがとうございます!

本当に不思議なお花ですよね~
撮影時 香りはあまり気にならなかったのですが この手のお花は きっと夜に訪花する昆虫のためににおいがきつくなるのでしょうね~
小さな昆虫しか中へは入れそうもないですから。

はい! これは単なるスケッチなので恥ずかしいです。
種子の感じを表すのに こっちの方がわかりやすいかな? と思いまして・・・

TB いただいたようですが 反映されていないようですが・・・
こちらからも TB 返しをさせていただこうと思っていますが・・・・どの記事に?

[13493] 是非 見つけられてください。

aki  さん こんにちは!

おそらく 夜になると香りが強くなるのではないかと思いますが・・・間違っていたらごめんなさいです。

とても変わったユリですよね。花が終わると葉もほとんど枯れてしまうので 見つけるのなら 今のうちだと思いますよ。
でも 特徴のある果実をつけるので 秋になってもわかると思います。

探されてみてくださいね。

[13494] お好きですか?それは嬉しいです。

クロはち さん こんにちは!

ねっ!渋い感じがいいでしょ!
クロはちさん好みですか?
それはよかったです。

あは!この習作 去年もアップしたものですよ~
ありがとうございます!

[13495] 初見?それはよかったです。

misty さん こんにちは!

初めてでいらっしゃいますか?
不思議なユリでしょ!
果実がまた素晴らしいのですよ。

[13496] おほめいただきまして ありがとうございます!

Miwako  さん こんにちは!

ありがとうございます!
これは作品ではなく 単なるスケッチですが・・・

初めはお教室に通いましたが そのうち自己流で・・・
最近はほとんど描かなくなりましたが 今描かなければならない絵があって 苦労しています。

[13497]

しーたけ  さん こんにちは!

やっぱり照葉樹林中には多く見られますね。
キツネノカミソリとのコラボは圧巻でした。

渋くってなかなか魅力的なユリです。
しーたけさんのを楽しみにしています。

[13498] コラボ 感動しました~

B&J  さん こんにちは!

キツネノカミソリに圧倒されて初めは気がつかなかったのですが そこここに自生していました。
素敵なコラボが撮れて嬉しかったです。

ユリとは思えない葉ですよね~
香りは あまり気になりませんでしたが 夜はどうでしょうね~

[13499] シックで趣があって素敵です。

ターシャママ  さん こんにちは!

ユリもそうですが なんでも種子からは時間がかかりますね。
昔 山でこの果実をゲットしたことがあり 種子を撒いてみたのですが 1つも発芽しませんでした。

今は インテリアとして飾っていますが 時々種子がこぼれます。笑

お花は地味ですが シックな感じでいいですね~

[13500] ユニークなユリですよね~

ミュー さん こんにちは!

ねっ!面白い葉っぱでしょ!
エンレイソウの仲間もやはり網状脈ですよね~

ユリ科のお花は 単子葉植物では結構数があるのです。変わり者もいます。(^^;

楽しんでいただけて嬉しいです。
あはは!このスケッチ ご覧になられた覚えおありでしょ?

[13501] こちらこそ ありがとうです!

bibi  さん こんにちは!

あはは!無理に押し込まなくってもいいのではないでしょうか?
人間は興味のあることから 覚えてゆくものですから・・・
私も知らないことだらけです。

たくさんの活字をお読みいただけただけで嬉しいです。

[13502]

ウバユリですかぁ!ずいぶん地味で
奥ゆかしい咲き方ですねえ。v-12
奥ゆかしいのは博士と同じですけどね。v-421
この場所って雰囲気が高麗の巾着田に似ています。

[13503] はい! とても地味な感じです。

びーぐる さん こんばんは!

はい! とても地味で奥ゆかしいユリでございます!
仙人様ほど 私くは奥ゆかしくはございませんが・・・v-8

巾着田もこんな感じなのですか?
照葉樹林に咲くから 環境が似ているのでしょうね~

[13504]

pole poleさん
写真ばかりでなく植物画も素晴らしい~♪

なぜかキツネノカミソリの咲く場所にはウバユリがこちらでも咲いています。
姥百合とはなんとも可哀そうな名前。
発芽から開花まで6年から8年かかるようですが、そういうことを考えたら、とても貴重な植物ですね。
いつもながら深い観察に(@_@)(@_@)です。

[13505] ありがとうございます!

fumifumi  さん こんばんは!

あは~!ありがとうございます。
これは ちょっとスケッチしただけです。

そのようですね。キツネノカミソリとウバユリとは 似た環境に生育するのでしょうね~
ネーミングのかわいそうなお花の1つかもしれません。
あんまりお花に逢うチャンスがなかったので これだけ咲いていたことに感激でした。
いえ!いえ! そんなことはないですよ~
ありがとうございます。

[13506]

うばゆりの果実は見たことがあるけどお花は見たことがありません。
野性味があり、すっくとした立ち姿がいいですね。
外国にも咲くのでしょうか。
でも、控え目でも芯がある、大和撫子のイメージにぴったりです。
キツネノカミソリと一緒の写真、好きです(=^_^=)
ウバユリの果実は実物より優しい感じがします。
poleさんの腕でしょうね! 風情がありますね~^^

[13507] ありがとうございます!

あまぞんりりー さん こんばんは!

お花は地味で目立たないせいもあるのか 見るチャンスが少ないようですね~
私もそうでしたよ~
名前からしてなんだか よぼよぼな感じがしますけど おっしゃるようにその佇まいは とても趣があると思います。
外国にあるのかどうか・・・調べていないのですみません。

素敵なコラボができて 嬉しかったです。

あはは!これは去年もアップしたスケッチですよ~
写真で説明するよりわかりやすいかな? と思いまして・・・
ありがとうございます。

[13508] こんばんは

1回 繁殖型植物だったのですね
いつも林の中に群生しているから
毎年出てくるのだと思いました。
そう思うとなんだか精一杯花をさかせて、種を作っているのに
種だけ集めてドライフラワーにしているのを見ると
可哀想な気がしてきました。

[13509]

ウバユリの語源は、現代では似合わないようですね~。
殆ど葉は元気にしているようですね~。

子供の頃、花の咲かない方の球根を掘って澱粉代替にしていましたが、あれもウバユリなんでしょうか?

[13510] ウバユリ

ウバユリは見てますが、
なかなかこんな咲き始めのいい状態の花は見れません。
ちょっと咲き進むとほんとに姥状態です。
花が咲くと枯れてしまう1回繁殖型植物とは知りませんでした。
↓のキツネも自生とか素晴らしい場所ですね。

[13511] さすがです

ウバユリ、なかなかダイナミックな姿ですね。
こんなにも細長いのはどういうわけなんでしょうか。
ちゃんとそうなった理由があるんですよね。
自然界には気まぐれで形が面白いものなんてあり得ないですから。
そうなるべくしてなった進化の過程が厳然とあるのですね。
姥というイメージは、このひょろひょろの形を見ていると何となくそうかなとも思います。
それにしても果実も種子もちゃんと載せるあたりは、さすがpole poleさん、その用意周到さがうかがわれます。

[13512]

パワフルなのはpole poleさんですよ。
素敵な植物(しかも私達の知らないような)探して
写真で紹介してくれて、
感謝感激です。

[13513] 花後枯れてしまうのは 残念ですね。

panda さん こんばんは!

そのようですよ。
枯れてしまうのですよね。
種子をドライにするのですか?果実ではなくて?
この種子 たくさんの数がぽろぽろとこぼれて 庭に撒いたことがありますけど 全く発芽しませんでした。
すごい数ありました。
鱗茎で増える方が 可能性は高そうですね。

[13514] 名前の由来についてはいろんな解釈があるようです。

九ちゃん さん こんばんは!

ほんとうに! 姥は歳行ってもなお逞しく という意味の方があっている気がします。
名前の付け方って ぴったりのこともあれば??のこともありますね。

よくはわかりませんが 地方によっては ”カタクリ” と呼ばれているようですので でんぷんの代用にしたかもしれませんね。

[13515] ウバユリ見られてラッキーでした!

和さん  さん こんばんは!

調べてみるとそのようです。
種子は薄いのがたくさん 入っているようですが これがすべて発芽するわけではないとすると 効率があまりよくないですよね~
やっぱり親株からできた鱗茎の方が効率がいい気がします。

これが見られるとは思ってもいなかったので とてもラッキーだったと思います。
これから咲くであろう蕾もたくさんありましたから。
他にもヤブミョウガ シュウカイドウなどもあり とてもいい環境でした。

[13516] 不思議な植物です!

asitano_kaze さん こんばんは!

この花の構造からして 訪花昆虫は 長さが段々になっている雄しべの裏側についた花粉を 背中につけて運び出せる小さなものに限られるように思います。
他のユリのように 花が開いてはいないので。
夜に強い香りを出すのかもしれません。

あはは! そんな用意周到ではないですよ。
たまたまあった素材で構成できただけですから。
そのように言っていただいて ありがとうございます。

[13517] こちらこそ ありがとうです!

きらり  さん こんばんは!

そんなにパワフルではないですよ~!
この暑さでヘロヘロですから・・・

そのように言っていただけるだけで とても嬉しいし 次もやってみようと言う元気をいただきました。
こちらこそ ありがとうございます!

[13518]

うわ!こんな珍しいお花を見せていただけて。
まぁ・・・うん、確かにですね・・・ちょっとショボくれた感じがウバユリって感じなんでしょうか(笑)
一つの果実に600個の種子v-12
すごい・・・野生の凄みを感じます。

しかし・・・ほんとに珍しいお写真、ありがとうございます。

[13519]

ウバユリの葉をみせてくださってありがとうございます。
見ていたのかもしれませんが、ゆりの葉ではない!!と着信拒否していたのでしょうね。
ウバユリの花は不思議なオーラがただよっているきがしてジッと見ていないのです。(今はOKかも)

[13520] 楽しんでいただけて嬉しいです。

ヒヨドリ さん こんばんは!

まぁ~ 確かに珍しいかもしれませんね。
果実はよく ドライフラワーとして売られているので 見かけるかもしれませんが お花が咲いているところはなかなか見ないものですから。
私もこんなにきれいな状態で咲いているのをみることができて ラッキーでした。感激です。

かさかさの種子が零れ落ちてくるのですよ~~
薄い翼がついているので 風に乗って 遠くまで運ばれるのでしょうね。
不思議ですね~

楽しんでいただけてこちらこそ ありがとうございます!

[13521] ユリだと着信されてくださいね!

haniwa さん こんばんは!

いつもコメントをありがとうございます。
単子葉植物としては珍しい葉ですよね。
もっともエンレイソウも面白い葉をしていますが・・・

あはは!ユリと思いたくなかったのですね?
お花も面白いですから 是非じっと観察してみてくださいね。
とくに花弁を開けて中をご覧になると なるほどと納得されますから。

[13522]

うんばば!うばうば!
おちょろちいでしゅ。しゅでに、コメ40きってまちた。
のろのろでした。
こそこそ・・・。とりあえず、ぶんちゃんとおねんねするでちゅ!

野生のユリは都会に住んでいるせいか、あまりみかけません。
あ、いえ、私一部ウソをついておりました。私の行動範囲は人里ばかり・・みかけないデスネ。こういうヒトたち。
すっくと立ってる姿をみかけたら、嬉しいだろうなぁ。

そして、P様が珍しく植物画を出している~。
以前に描いたものですか?
実が、かわいい感じなのですね!今年は、写真撮れるのかな?

それにしても、P様の植物学は、独学なのですか?師匠みたいな人がいたりするのですか?なんでこんなに詳しいのだろーと・・・えへ、関係ないことばかりですみません。

ファンより。
くすっ

[13523]

こんばんは!
 お初なユリです~♪
 作られた感を感じさせない
 ピュアな佇まい~。好きです!!!

 ボタニカルアートもステキです♪
 

[13524] そんな~こそこそしなくてもいいんですよ~

ENO  さん こんばんは!

おちょろちくはないでちゅ!笑
何をこそこそされていらっしゃるのでしょう?
お忙しい時には スルーしていただいて構わないのに こうしてお訪ねくださり 嬉しいです。

あはは!ぶんと寝ますか?
お仕事は人里でなければできないのですから 当たり前ですよ~!
人里近くの林に行けば 逢えると思いますよ。
すっくと背が高いので すぐに目に付くと思います。
でも 地味で目だ立たないかも~~!

独学ですよ~師匠はおりませんです~
もともと野生生物が好きで 動物が好きだったのですが 植物を描くようになってから さらに植物のことを知りたくなったというだけのことです。
知らないことの方が多いので 恥をかいていることも多々あると思いますよ~

そそ!エゴノキ 見てきましたけどこちらではまだ あのように爆ぜてはおりませなんだ~~!
ファンだなんて!
ぶんのファンでしょ!

[13525] 渋くっていいですよね~

HUKUHUKU  さん こんばんは!

飾らないシンプルさが野趣味たっぷりでいいですよね~その上 渋くって!

園芸種のユリにはみられない佇まいがそそるでしょ!

あはは!これはボタニカルアートとまでは行かない単なるスケッチです。
でも ありがとうございます!

[13526]

こんにちは☆

蕾も葉も普通のゆりとは随分と違うのですね~
開花まで6~8年掛かって、一回花が咲いて枯れてしまうなんて、、まるでリュウゼツランのようですね。

オレンジのキツネノカミソリの群生の中にこの白いウバユリを見つけられたのですね。
種の植物画もとても素敵です。

[13527] とても素敵なコラボでした~

rudy-love-111 さん  こんばんは!

はい! 思い描いていらっしゃるユリのお花とはだいぶ様相が違うと思います。
そうですね~ 笑

キツネノカミソリとのコラボができて ほんとうに感動しましたよ~!
果実の植物画は 去年もご覧になっていらっしゃると思います。
おほめいただき ありがとうございます。

[13528] お~ウバユリ~

ウバユリ、こんな感じなんですね!
種からだとそんなに掛かるんですね!
葉っぱ、ほんとに面白いですね~
キツネノカミソリとウバユリ~良いですね~
種~綺麗~

[13529]

ウバユリ、すっくと立った姿が潔いですね。
polepoleさんの写真から、ほんとうに生命力を感じます。
ウバユリの葉っぱがこんなだったとは、わたしも知りませんでした。
とてもユリ科とは思えないような大きさと形で、株元に放射状に付いているのですね。
polepoleさんのお陰で、とてもよく観察が出来ました。

また、ボタニカルが素敵ですね~!
実が爆ぜた姿もまた、とてもおもしろく絵になりますね。
詳しく教えていただいてとても嬉しいです。
ありがとうございます。

[13530] 鶴みたい・・・

素敵な色合いの お花ですね。
2枚目の写真、鶴か フラミンゴのようで
とても優雅な感じがします。
蕾も 葉っぱもとても変わっているんですね~@@;

キツネノカミソリとウバユリとヤブミョウガにシュウカイドウですかぁ~^^
渋いですね~(^・^*) 私好みです・・・ウフh ('-'*)

[13531] 渋くっていいですよ~

kuriko さん おはようございます!

ウバユリ なかなか渋くっていいでしょ!
感激でしたよ~
葉っぱも ユニークだけどお花もね。

立ち姿が素晴らしい!
二つのコラボができて 本当に嬉しかったです。

[13532] ありがとうございます!

みー  さん おはようございます!

お久しぶりのコメントありがとうございます。
とても背が高く すっくとたった姿は おっしゃるように潔いですね。
葉っぱもお花も とてもユニークなユリ科植物です。
楽しんでいただきまして ありがとうございます。

写真より 絵のほうがわかりやすいかな? と思いまして・・・
これは去年もご覧になられていると思いますよ。
ありがとうございます。

[13533] 行ってよかったです!

るびい さん おはようございます!

なかなか渋くっていい感じでしょ!
すっくと立ったすがたは 凛々しいです。
ツルかフラミンゴですか・・・なるほどね。

そうなんですよ~ヤブミョウガもシュウカイドウもありました。シュウカイドウはまだ蕾でしたが・・・
ヤブミョウガは 白いお花が咲いていました。
本当に素敵な林でした。

[13534]

うばゆりって
野生み 溢れるお花ですね
葉もユリの葉とは全く違うんですね

赤いきつねのかみそりの中に一際 映えていますね


[13535] 二つのお花の咲く時期がいっしょだったので・・・

miti さん こんにちは!

そうですね~
野趣味たっぷりのお花ですね~
果実もとても味があって好きです。

このコラボはとても素敵でした。
どちらも丁度 お花の時期が合っていたのでなおさら 感動でした。

[13536]

ウバユリね・・・
きれいに咲いていますね。
ああ、羨ましいです。
今年の初めにP様のイラストのものを見つけて、夏に花を見ようとしていたのにもう咲いたと言われガッカリしていたのです。神代植物園も終わっていたし・・・
でも見せていただき嬉しいです。
私も来年は見たいな~(オニが笑う?)
花後をTBさせていただきますね。

[13537] TB ありがとうございました~

池田姫  さん おはようございます!

まぁ~それは 残念ですね~
もう終わってしまったでしょうかね?
喜んでいただけて よかったです。
来年は是非 探されてお写真撮られてくださいね。

花後のTB ありがとうございました。
こちらからも お返しさせていただきました。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター