FC2ブログ
2020
07
25

:ノウゼンカズラは 夏色真っ盛り!:



今年の梅雨は長引きそうですね~
雨は降らないと困りますが 災害を起こすほどの降り過ぎも困ります。
相変わらず コロナの新規感染者数は増加の一途をたどっています。
概ね高齢者は自粛しているのに 若者は無症状でも感染しているかもしれないのに外へ出たがります。
たいしたことないと思っているようですが 後遺症に悩まされている若者も多くいるのが現実です。
有効な対策を取っていない現状では 来月にはたいへんなことになりそうです。

ノウゼンカズラ(凌霄花)です。
名前の由来は 凌は ”しのぐ” 霄は ”そら” と言う意味です。
つるから付着根を出して樹木や壁面などを這い 天空を凌ぐほど高く登るところから来ています。
ノウゼンというのは 凌霄の字音によるといわれ 古くはノウセウカズラと読まれ これが転訛してノウゼンカズラとなったようです。
原産地は中国で 日本へは平安時代に渡来。
最盛期には 花数が 100個 以上となり  特に雨や曇の日が続くと 花や蕾が落ちやすく 毎日落花した花殻の掃除が大変ですま
ハチドリによる鳥媒花ですが アゲハ さんが頭を突っ込んでいるのを見たことがあります。また 甘い蜜を求めてアリ さんがたくさんいます。
果実はさく果ですが 日本ではほとんど結実しないようです。


1.
bmm20-336.jpg

ノウゼンカズラ(凌霄花)は 中国原産のノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属の蔓性落葉低木。

樹高 5-6m。ツル長 3-10m。花期 7-8月。花色 橙黄色。花径 6-10cm。萼片 5裂。

2.
bmm20-335.jpg

枝先に円錐花序を萌出し 大きな花を対生。花房は垂下します。 

3.


花冠は広い漏斗型で 先端は 5裂 し平開。
雄しべは 4本 のうち 2本 が長いです。
中央の雌しべの柱頭は 2つ に分かれます。

オンマウスしてね!

4.
bmm20-337.jpg

雄しべ 雌しべの様子がよくわかります。

5.
bmm20-331.jpg

クサカゲロウ さんが休んでいました。

6.
bmm20-332.jpg

葉は対生。 奇数羽状複葉。

7.
bmm20-334.jpg

ノウゼンカズラの花序は 1m 近く垂れ下がり 次々と美しい花を咲かせます。

8.
bmm20-333.jpg

雨粒を抱いた花。

9.
bmm20-338.jpg

ノウゼンカズラ(Campsis grandiflora K. Schumann)ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属


* 今日のぶんちゃん ”かっこいいでちょ!” の 巻 '04.07.25


1.
bun20-77.jpg

ハーレーのジャケットと帽子をつけて。

2.
bun20-78.jpg

ぶん: ”かっこいいでちょ!”

3.
bun20-79.jpg

ぶん: ”ちょうでもないでちゅか~!”


* 今日のもんちゃんはお休みです。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


Living for today... の オニドコロの雄花と雌花とです! もよろしく!




Comment

[38112] pole poleさん、おはようございます〜♪

散歩をしているとノウゼンカズラの花を良く見る時期ですね。
落ちても落ちても次々と咲いて長い間楽しませてくれますね。

コロナの勢いが止まりませんね。
言葉だけの対策では押えることは出来ないですね。
自分自身で守るしかないのでしょうね。

[38113]

☆ tanuki_oyaji  さん おはようございます!

1番にお越しいただきましてありがとうございます。
そうなんです。我が家のももう何年も毎年たくさんの花をつけて目を楽しませてくれています。アゲハチョウ さんやほかの虫 さんたちにとっても貴重な蜜源のようです。
ちょっとの風や雨でもぱたっと地面に落ちます。

自分自身で守っていくしかないようですね~
困ったものです。早く収束に向かうよう何らかの対策がひつようでしょうね。

ありがとうございます。

[38114] こんにちは♪

雨続きの空模様は、ノウゼンカズラにとって
歓迎できないかもしれませんが、雨粒を宿した
花姿もまたしっとりと美しいものですね。
ご近所のお宅でも次々に咲いて次々に落花
しているようで、道路をオレンジ色の花が
彩っていました。(遠くから見ただけなので)
道路を車で走っているときにも、ちょこちょこ
見かけますが、最近はアメリカノウゼンカズラ
の方が多いようにも感じます。
 
感染者の数がどんどん増え続け、陽性率も
上がっているようですね。
このところ、故郷・愛知でもドーンドーンと
大きな数字が出ていてとても心配です。
移らない・移さないの感染予防を、1人1人が
いま一度見直していかないといけませんね。
この先が恐ろしいです。

[38115]

☆ ポージィ  さん こんばんは!

そうですね~
やはり お日様が恋しいでしょうね。
おっしゃるように 雨粒をまとった姿もまた風情があっていいなと思ったりしています。
次から次へと花をつけて楽しませてくれるのはいいのですが 落花する量が半端でないので 蕾 花 葉 茎といろいろと落ちます~~
アメリカノウゼンカズラは こちらではあまり見かけないようです。
色合い的にはこちらの方がさわやかな感じで好きです。

コロナ感染はこわいですね~
ただの風邪などと甘く見てはいけないようです。全身に悪さを及ぼすようです。
自分の身は自分で守るしかないですね~

ありがとうございます。

[38116]

pole poleさん。こんばんは。

この時期よく見かけます。
オレンジなのでとても目立ちますから。
黒いアスファルトの上に散っていると、残った花都で少し華やかに見えますよね。

画になるときは撮影したい。
街角スナップです。
持ち主は大変ですけど。

[38117]

☆ ふん転菓子  さん こんばんは!

年々 我が家のノウゼンカズラはたくさんの花をつけるので 花後はアスファルトの上には たくさんの花殻でいっぱいになります。
とても目立つ色合いなので 遠くからでもとても目立ちますね。
アゲハチョウ ホシホウジャク ナガサキアゲハなどがやってきます。
今年は残念ながらチョウチとの絡みは 撮っていませんが・・・

ありがとうございます。

[38118]

色合いも独特で豪華なお花。
子供の頃から憧れを持って見ていました。
蕊の位置や様子がとても面白く、そこもユニークですね。
きっとホウジャクなどが吸いやすい様に出来ているのでしょうね。

[38119]

我が家のノウゼンカツラは種類が違うようですが 本当はそちらのがほしかったのです。 花は綺麗ですが毎朝掃除が大変です。よそ様のを見てほしくなり購入したのですがあちらこちらに伸びて強くてチョッピリ困り物でもありますね。
今日のぶんちゃん今日カッコいいです!!!

[38120]

☆ とんとん さん こんにちは!

日本ではハチドリ さんのような鳥がいないので 結実はしにくいようです。
ホシホウジャク さんもおっしゃるようによくやってきています。
アゲハ さんも。
でも結実したのを見たことないです。

ありがとうございます。


[38121]

☆ カピラ小坂 さん こんにちは!

そうでしたね。そちら様にあるのはアメリカノウゼンカズラで色合いがちょっと濃い感じですよね。
あちこちにツルをのばして たくさんの花をつけるのはいっしょで 毎日 お掃除がたいへんですよね。
花が終わるといつも強剪定をしてしまうので 冬の間はおおもとに幹だけになります~~

ぶん かっこいいですか~
きっと喜びます。

ありがとうございます。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター