FC2ブログ
2020
05
10

:シンプルだけど美しい ナガバオモダカ!:



あっという間に 世界で 400万人 を超えてしまった新型コロナウィルスの感染者数!
凄まじい勢いに ただ ただ恐怖です。
このところの日本の感染者数は減少しているようですが 検査数が圧倒的に少ないので 本当のところは何もわかっていないというのが現状です。
自粛する人と気にも留めない人とがいるのは 複雑な気持ちになります。
自分が罹患したら 他人に感染させたら どうなるかと今少し想像力を働かせてほしいところです。

ナガバオモダカ(長葉面高)です。
名前の由来は 葉の形が 長いことから来ています。
オモダカとは 葉の形が 人間の顔に見えることから ”面高”。
ジャイアントサジタリアの名称で 観賞用水草として流通しています。

花は 昼頃に開き 夕方には閉じる一日花。
雌雄同株の雌雄異花で 日本にあるものは雌花だけなので 種子繁殖はしませんが地下茎(ランナー)で栄養繁殖をします。


1.
bmm20-164.jpg

ナガバオモダカ(長葉面高)は 北アメリカ大陸の東北部から中部 南東部にかけて自生し 湖沼や河川 湿地の水底から生えるオモダカ科 オモダカ属の多年生の抽水植物。
外来生物法により要注意外来生物に指定。日本には帰化植物として各地で移入分布しています。

草丈 20-60cm。花期 4-9月。花径 1-2cm。花色 白色。花冠 直径7-8mm。
葉の長さ 7-30cmの楕円形。

2.


茎の頂部に花序を出し 小さな白い花を咲かせます。
花序には 3個 ずつの花が輪生します。
萼片 3枚。花弁 3枚。雌しべの集合体は緑色。

オンマウスしてね!

3.
bmm20-154.jpg

たくさんの花付き!

4.
bmm20-155.jpg

きらきら~!

5.


花盛り!

オンマウスしてね!

6.
bmm20-158.jpg

まだまだ蕾もいっぱい!

7.
bmm20-153.jpg

花弁が 1枚 落ちて。

8.
bmm20-163.jpg

シンプルだけど美しい!

9.
bmm20-161.jpg

ナガバオモダカ(Sagittaria graminea Michx. )オモダカ科 オモダカ属



* 今日のぶんちゃんともんちゃん ”草の海で!” の 巻 '09.05.10


1.
buntomon20-10.jpg

草茫々!
元は 川だったようです。

2.
buntomon20-11.jpg

変顔するぶんちゃん!

3.
buntomon20-12.jpg

ラストは ふたり仲良く!


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


Living for today... の オヤブジラミって 変なネーミング! もよろしく!








Comment

[37983]

おはようございます!

またまた、珍しい植物を拝見しました。
たぶん覚えられないですけど~。新しいものは、もう頭に入ってこなくなっています(笑)
本当にシンプルな花なのに、びぶんさんが撮ると・・・輝く白さの可愛いらしい花に見えるから、魔法でもかけてるようです(笑)

ぶんちゃん・もんちゃんのツーショットは見てましたが・・・珍しい場所にいますね。
おすましぶんちゃんと、暑がりなもんちゃんが対照的です(笑)

[37984]

☆ まこちゃん さん おはようございます!

1番にお越しいただきましてありがとうございます。

そんなに珍しくはないと思いますよ。
メダカなどを飼っていらっしゃる方にはおなじみのようです。
そのように言っていただけると光栄です。
魔法なんてかけていませんよ~
その花の美しさを引き出そうと思い撮っています。少しでも癒しになってくださればうれしいです。

ここはおそらく雨季には 川になって水が流れていたのだろうと思います。この季節は草茫々ですけどね。
野川公園です。
太陽が正面にあったので まぶしがって変顔をしましたが おすましもしていたようです。もんは 何時も舌をだしていますね~笑
でも お姉ちゃんといっしょでうれしくって仕方がないようです。
ぶんの迷惑も考えずにぴったりと寄り添っていましたから。

ありがとうございます。

[37985] こんにちは

何年か前、田んぼでオモダカは見ましたが、
ナガバオモダカは見たことがないかもしれません。
ナガバ‥は葉が裂けていないのですね。
花はそっくりに見えます。どっちも可愛い♪
お写真撮られた場所ではたくさんのナガバオモダカが
生えているのですね。花もいっぱい。
光とのコラボが素適です~~
 
草むらのぶんちゃん・もん君、草の香りはいかが?
もん君の方が楽しんでいるお顔に見えます(^^)

[37986]

☆  ポージィ さん おはようございます!

そうなんです~
オモダカのように三角の葉にはなっていないで長いだけです。
お花はほとんど同じですが 日本には雄花が帰化していないので結実はしないようです。
これは小学校の庭にある小さな池なのですが メダカやオタマジャクシがいっぱいいました。
ランナーでたくさん増えるようです。

小さな川が干上がって草の海になっています。
ぶんは 早く車に戻りたいのであまり気乗りしなかったようですが 反対にもんは お姉ちゃんとぴったり寄り添ってとっても嬉しそうでした。

ありがとうございます。

[37987] pole poleさん、こんばんは〜♪

ナガバオモダカですか、群生しているのですね。
初めて見たように思います。
白い花を綺麗に撮られていますね。
オモダカって葉の形から来ているとは知らなかったです。

[37988]

pole pole さん
こんばんは。

ちょっと気になったのですが、

☆ Living for today... の オヤブジラミって 変なネーミング! もよろしく!

をクリックしても、リンク先が
hana0142406107subaru.blog81.fc2.comhttp://

となっていて開きません。

.comhttp:// を .com にしないと・・・

[37989]

pole pole さん。おはようございます。

湿地帯に咲く白い花で、細見ですから幻想的でしょうね。
高原で少し霧が出ている中、時間とともに現れる。
水芭蕉も同じ感じですね。

湿地帯では今まで見たことが無いのか気が付きませんでした。
今度見つけてみようと思います。
種g育たなければ根が。
色々な選択肢がある植物は凄いな。

[37990]

☆  tanuki_oyaj さん おはようございます!

はい! たくさん群生しています。
普通のオモダカも湖沼などで 群生しています。こちらは葉っぱのかたちが矢じりのような三角ですが 花の姿はほとんどいっしょです。
ネーミングはおもしろいです。
白いお花好きなんです。

ありがとうございます。

[37991]

☆ おるごどん さん おはようございます!

ご忠告ありがとうございました~
早速直しましたです。
以前はブログの記事に直接リンクできたのに 最近は URL に記事のリンクをつけても ブログにしかリンクできないのです。
何故なんでしょうか? 教えていただけると嬉しいです。

ありがとうございます。


[37992]

☆ ふん転菓子 さん おはようございます!

湿地帯とか高原とかミズバショウが繁茂しているとか そんないい場所ではないです。小学校のコンクリートでできている小さな池です~~
普通のオモダカは 薄汚れたような湖沼で見ることはできますよ。
ほかのオモダカ類は 雄株 雌株がちゃんとあるので 結実するようですが これは日本には雌株の幹化しているようなんです。

植物 はしたたかに生き残る戦略を身につけています。

ありがとうございます。



[37993] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[37994]

☆ [37993] の 鍵コメ さん こんにちは!

ありがとうございました~
いつも通りにやっていたのですが ある時から リンクできなくなっていたのです。こちらのほうは 一部が間違っていたようです。
もう一つの方は 別にまちがっていなかったようなのですが できないままでいたので気になっていました。
おかげさまで リンクできるようになりました。
ありがとうございました。

[37995]

水の中にオモダカの白い花が咲く姿はとても綺麗ですね。
種類がいっぱいあるのでまず葉っぱを確かめますが、ナガバオモダカとヘラオモダカの葉っぱ似ていそう〜。
在来のオモダカは見る機会が減っていますね。

コロナは2年くらかかると言う話。
本腰を入れて対処しないといけませんね。
医院に行ったら混んでいて長居してしまったので、すごく心配しています。
12日間は、自己観察して大人しくします。

[37996]

☆ とんとん さん おはようございます!

そうなんですよね~ 以前もこれを見た時 どちらか迷ったのですが 雄花が見つからず 雌花ばっかりでした~ 葉っぱの形も長いのでナガバとしました~ ヘラ(サジ)オモダカは 以前見たことあるので。

普通のオモダカは 本当に見るチャンスがなくなっている気がします。

あらま~ それは大変な思いをされたのですね。
私も歯医者と医院に行くのは気が重いです~~
きっと大丈夫ですよ。
何事もないことを願っております。

ありがとうございます。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター