FC2ブログ
2018
12
31

:ご無沙汰しておりました~!::




ご無沙汰しております。
更新もせずに 皆様方にはご心配をおかけいたし申し訳ございませんです。
私は元気でおります。
 
何をしていたかというと・・・
10月29日には 何十年ぶりかで大学のクラス会に出席し 懐かしい友との談笑の時間を持つことができました。
翌 30日には 左肩にできた脂肪種の切除で 人生初めての入院(と言ってもたった1日だけでしたが)を体験しました。
退院した夜に 兼ねてから危ない状態だった義母の呼吸が荒くなってきて ”おそらく明日” と 告知されました。
これまでも何度か危機を迎えましたが その度に ”生きる!” という義母の執念でしょうか 不思議と何度も蘇っておりました。
ですが 今度ばかりは・・・ 11月01日 夜 義母は 静かに息を引き取りました。
前々日 クラス会に出席できたのも 翌日の手術も合間を縫ってのことで 奇跡だったというしかありません。
家族での葬儀も滞りなく営み 12月15日には 納骨式も済ませました。

こだわりが強く 肉親はおろか他の誰とも一緒には暮らせない性格だった義母は 一人暮らしを望み 動けるうちは好きなようにやっていましたが ここ数年はめっきり体力も衰え 去年 私の母が他界した折にも危ない状態でした。それでも週に何度かはヘルパー さんに来ていただいたり 訪問医療を受けたりして気丈に独り暮らしをしておりました。時間の守れない人で ヘルパー さんの訪問時間になっても ベッドから起きずに寝ていることが多く 耳も遠いので 何度も電話をかけたり ドアフォンを鳴らしても出てこないことが多く そのたびに近くに住んでいる私たちが 呼び出されてカギを開けに行くことが度々ありました。それは ”もしかしたら?”  の不安が伴い カギを開けて無事を確かめるのがいつも怖かったです。義母の望みは 病院などではなく 私の母の時のように自宅で最期を迎えることのようでしたが そうもいっておられず 今年になってからは 医師の勧めもあって7月からは 介護施設のお世話になりました。
介護士 さんのお仕事は傍で見ていてもとても重労働で ひとりで何人も看なければならないので 食事時などとても大変そうでした。私たち家族もできる限りの訪問とお世話をさせていただきました。頭ははっきりとしているのに 寝たきりというのは いかばかりだったことでしょう。みるみる体力もなくなって行きましたが 食事だけはしっかりととっていたので 医師の判断とは違い 結構存えてくれました。しかしながら こういうのは残酷だとつくづく思いました。
介護士 さんの待遇が問題となっていますが 大変な重労働に対して もっと高いお給料を払うべきだとも思いました。

そんなこんなでバタバタしており ブログのことがずっと気になってはいましたが 更新できずにおりました。
今日の大晦日もあと数時間で 平成最後の大晦日となります。
2年続いての喪中となりましたので 新年のご挨拶はご遠慮させていただきます。
寒さ厳しき折 皆様方にはくれぐれもご自愛くださり 良いお年をお迎えください。

来年 また再開しましたらよろしくです。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 







Comment

 | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター