2014
08
28

:シカクヒマワリ キクイモモドキ キクイモの黄色いお花たち:



今日も小雨が降ったり止んだりで涼しいくらいです。
一気に涼しくなると体がついて行けないような・・・
来週はまた残暑なのでしょうか。

黄色いお花から元気をもらうシリーズとして時々アップしているキク科のお花たちです。

それぞれの過去の記事もご覧くださいね。

黄色い花から元気を! 茎が四角いから シカクヒマワリ

黄色い花から元気を! キクイモモドキ

黄色い花から元気を! キクイモ


1.


シカクヒマワリ(四角向日葵)は 北アメリカ南東部原産のキク科 テトラゴノセカ属の 1年草。
名前の由来は 茎が四角いことから来ています。

枝先にたくさん咲いていました。

オンマウスしてね!

2.


葉は心形で 対生。葉の先は尖り 基部は茎を抱いています。
茎は直立し 茎の上部で枝分かれして先端に 10cm くらいの黄色い頭花をつけます。

オンマウスしてね!

3.
hbun-5393.jpg

ヒマワリを小さくしたような感じですが しべの先端が長くってちょっと変わっているでしょ!
花後の姿は 丸っこくって可愛いです。

4.
hbun-5397.jpg

ヒマワリのように左右にくるくるではなく 長く伸びているんですね~

5.
hbun-5398.jpg

シカクヒマワリ(Tetragonotheca helianthoides L.)キク科 テトラゴノセカ属

6.
hbun-5400.jpg

キクイモモドキ(菊芋擬)は 北アメリカ原産で 全国の野原などに分布するキク科 ヘリオプシス属(キクイモモドキ属)の多年草。別名 ヒメヒマワリ(姫向日葵)。

7.
hbun-5399.jpg

名前の由来は ヒマワリ属のキクイモによく似た花を咲かせることから来ていますが キクイモとは違って塊茎はできません。明治時代の半ばに渡来し 庭園や花壇などの観賞用に栽培されたものが 逸出した帰化植物。
葉は 対生しています。

8.
hbun-5401.jpg

舌状花は 8-15枚。中央の筒状花は 舌状花よりやや濃い黄色をしています。
キクイモの花弁より幅が広くなっています。

9.
hbun-5402.jpg

キクイモとは違って 筒状花は円錐形に盛り上がっています。
茎の赤い色が美しいです。

10.
hbun-5403.jpg

キクイモモドキ(Heliopsis helianthoides (L.)Sweet (Compositae))キク科 ヘリオプシス(キクイモモドキ)属

11.
hbun-5404.jpg

ラストはよく見かけるキクイモです。
キクイモ(菊芋)は 北アメリカ原産のキク科 ヒマワリ属の多年草。
別名はアメリカイモ ブタイモ サンチョーク エルサレムアーティチョーク。

12.
hbun-5405.jpg

名前の由来は キク(菊)に似た花をつけ 芋ができることから来ています。
外来生物法によって要注意外来生物に指定されています。

13.
hbun-5406.jpg

↑のキクイモモドキは 葉が対生していること 地下茎が芋状にはならないこと 花床が円錐形であること 花後も舌状花が残っていることが多いなどの点で 区別がつきます。
後姿も美しいでしょ!

14.
hbun-5408.jpg

上の方に咲いていた花は ちょっと小さ目でした。

15.
hbun-5407.jpg

キクイモ(Helianthus tuberosus L.)キク科 ヒマワリ属


おまけ! 今日のぶんちゃん ”いつもの播磨坂で!” の 巻 (08.08.28


1.
bunchan-3478.jpg

ランチをしにいつもの播磨坂のレストランで。
ぱぱに抱っこされてご機嫌なぶん姫。

2.
bunchan-3479.jpg

幸せそうなお顔でしょ!

3.
bunchan-3480.jpg

あっちを向いたり こっちを向いたり・・・

4.
bunchan-3481.jpg

その一方では・・・
もんがにこにこ!

5.
bunchan-3482.jpg

もん: ”えへへ~!”
これまた 幸せそうなお顔ですね。
こんな楽しい時間もあったのですね~~


花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 

今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

☆ タヌキマメの爽やかな色合い! もよろしく!








Comment

[35482]

かわいらしい”ヒマワリ”ですね!
それとキクイモモドキですか。もどきは命名された側からするとちょっと可愛そうかな
どの花も綺麗ですから・・・

[35483]

キ色のは御花は本当に元気をもらえますね。この数日の気温差でいささかまいります。キク科だけにどこか似てますがそれぞれにどことなく違います、でも外来生物法によって要注意外来生物に指定されているとか?何が注意なんでしょうか?
ブんちゃんと門ちゃん 見比べると何となく門ちゃんはおどけ顔?かびっくりがお?ですね。

[35484]

☆ しーたけ さん おはようございます!

1番にお越しいただきありがとうございます。

はい! 小さなヒマワリです。ヒマワリとは属も違いますが・・・
キクイモモドキ ネーミング 可哀想ですね。

ありがとうございました。

[35485]

☆ kapira 小坂 さん おはようございます!

そうですね~ ビタミンカラーの威力でしょうかね。
そちらも気温が低めなのですね。

繁殖力がすごいので 昔から日本に在来している植物たちを駆逐しかねないので 要注意植物なのです。

そうなんです~
もんは おまぬけなところが多々あります。
吠えたり 唸ったりの仕事はしっかりとやるのに・・・
男の仔って 絶えず縄張りを守っている(?)ので その反動でひょうきんな部分があるのかもしれません。
反対に女の仔は とても従順で優しい仕草を見せてくれますね。
どちらもそこが可愛いのかも~

ありがとうございました。

[35486] こんにちは

暗い空が続く今週、明るい黄色が気持ちイイです。
どのお花も似てるけれど、実は違いが。
シカクヒマワリのシベの長さの違いや花後また
グリーンの花が咲いたような様子、面白いですね。
キクイモモドキにキクイモ 野に咲いていると
良い雰囲気出しているなと思います。要注意外来
生物と思うほどに数を見たことはないので。
キクイモは高機能食品として注目している人も
いるようですね。
 
ぶんちゃんにもん君、それぞれに表情が違いますが、
幸せそうなのは共通ですね♪

[35487]

☆ ポージィ さん おはようございます!

そうなんですよね~
どんよりとしたときこそ 黄色い花は元気をくれますよね。

似ていて非なるものばかりを集めましたけど それぞれに特徴がありますね。
キクイモやキクイモモドキ おっしゃるように自生していると いい雰囲気です。
要注意外来生物ですが 健康食品として注目されていますよね。

はい! ふたりとも穏やかで幸せそうな顔をしています。

ありがとうございました。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター