2014
01
16

:ロウヤガキとシセントキワガキ!:



寒いですね~! の言葉以外に思いつきません。
これからが寒さの本番ですからね~

今回はたわわにぶら下がったロウヤガキ(老鴉柿)とシセントキワガキ(四川常盤柿)です。
これらは観賞用の柿で 食用柿と違い 枝に直接つかずに柄にぶら下がってつくのが特徴です。
ロウヤガキの名前の由来は 冬になっても黒くなった実がぶらさがっている姿を ”老いたカラス” に見立てたことから来ています。”鴉” とは カラスのことです。
萼片がとても大きく 別名のツクバネガキ(衝羽根柿)という名前の由来にもなっています。

一方シセントキワガキの名前の由来は 原産地の四川と常緑樹であることから来ています。
果実はロウヤガキと同じく 柄にぶら下がってつきます。
球形から卵形で 表面にわずかに毛が生えています。
ロウヤガキの方は落葉してしまいますが シセントキワガキの方は冬でも葉があります。

そもそも カキという名は 秋の山野になる赤い実からアカキ(赤木) 実が堅いことからカタキ(堅) つやつやして輝いていることからカカヤキ(輝)などから来たという多説あります。

過去のこれらのカキの記事に詳細が載っていますよ。

小さなカキ ロウヤガキとシセントキワガキ!


1.

先ずはロウヤガキから・・・

hbun-4324.jpg

冬の青空にこの色合いはとても目立ちます。

2.


この時季になっても鳥さんはやってこないようです。 '14.01.07

オンマウスしてね!

3.


宿存している萼片は ツクバネガキ(衝羽根柿)の名の通り 羽根つきの羽根のようですね!
葉っぱは落ちてしまっていますが 萼片はまだ緑色を保っているのですね~

オンマウスしてね!

4.


雀斑の多いものもあれば そうでないものも!

オンマウスしてね!

5.
hbun-4329.jpg

この樹の実は丸っこい感じですが・・・

6.
hbun-4335.jpg

こちらは尖っていますね~

7.
hbun-4331.jpg

中には こんな風にドライになっているものも!
去年の残りでしょうか・・・

8.
hbun-4325.jpg

ロウヤガキ(Diospyros rhombifolia)カキノキ科 カキノキ属

9.

続いてシセントキワガキです。

hbun-4334.jpg

その隣には 葉っぱが青々としているシセントキワガキもなっていました~
雀斑はないけど 毛深いです。

10.
hbun-4333.jpg

色合いは ロウヤガキよりもオレンジがかっていて緑の葉との対比が美しいですね。

11.
hbun-4339.jpg

11月 にたわわに稔っていたもの。

12.
hbun-4338.jpg

まだ 黄色くなり切っていない果実もありました。

13.
hbun-4332.jpg

シセントキワガキ(Diospyros cathayensis A.N. Stward)カキノキ科 カキノキ属


おまけ! 今日のぶんちゃん ”節分のリハーサルですよ~!” の 巻 '08 01.16


1.
bunchan-2970.jpg

節分のお菓子を買ったら こんなかわいいお面がついていました~
早速 爆睡中のぶん姫につけてみました。

2.
bunchan-2969.jpg

ぶん: ”ふぅ~ん! むにゃむにゃ! なんか~!”

3.
bunchan-2971.jpg

ぶん: ”その顔は 何か企んでいまちゅね~!”

4.
bunchan-2972.jpg

何も企んでなんかいませんよ~だ! ^^;

5.
bunchan-2973.jpg

大きな鬼のお面もそばに・・・
節分の時は 鬼になってね! 笑

6.
bunchan-2968.jpg

自分がどんな姿になっているかも知らずに再び夢の世界へ!


花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 

今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

☆ メジロ さん ピラカンサはおいしいですか? もよろしく!







Comment

[34715]

どちらもアタシが知ってる、いわゆるフツーの柿とはちょっと違いますね。
ロウヤガキにいたっては、はじめは赤いんですねぇ。
少し時間が経ったもの、羽つきの羽にそっくりです。
柿のネーミングの由来、はぁ~と妙に感心いたしました。
いつも不思議に思うのですが、
こんなに色んな植物をお散歩で見つけられるんですか?
ご近所にあるってこと?
ココに来ると、アタシはずいぶん色んなものを見落としてるな~って思います。
ココで見せていただけるので、見落としているものも拾えてます。ありがとうございます。^^

ぶんちゃんに鬼はかわいそう~。

[34716]

☆ くらふぇ さん こんにちは!

1番にお越しいただきましてありがとうございます。

そうですね~ぶら下がっているという所と小さいという所 まるでカキには思えませんよね。
花はカキのはななんですけどね。
ははは~ ネーミングの由来っておもしろいですね。

近所に何があるのかは頭の中に入っていて季節季節で そこへ行きます。珍しい植物は 植物園か大きな公園です~

植物の絵を描いたり 写真を撮ったりするようになって 昔は気が付かなかったものへと眼をやるようになりました。
そう言っていただけてとても励みになります。
ありがとうございます。

そうですね~ 鬼 さんではなくお福 さんの方ですものね。

コメントと応援とをありがとうございます。

[34717]

以前にもアップされてるとのことで拝見しましたがどうもみおとしていたようです、ロウヤカキ一見すると渋柿みたいですね。ドライのは面白いです。もう一つのもともに実物は見てませんがもし見つけても多分柿とは築かないと思います、いつもいろいろと「お教えいただきありがとうございます。
ブんちゃん お面つけられても気がつかないほど安心しきってるのでしょうね。

[34718] こんばんは

おやおや 今回のふたつも結構な実つきですね。
今年は当たり年の木が多いのかな。
ロウヤガキもシセントキワガキも珍しいですね。
前者を1回見たことがあるくらいなものです。
このまんま落ちもせずにドライになってしまった
実もあったのですね。面白いです~。
ぷっくりのロウヤガキに、イカ飯を思い出したのは
なぜかしら(^^;)
シセントキワガキには金柑を思い出しました。
 
ぶんちゃん鬼は怖くないよぉ~ 
よもや鬼になったとは知らず、安心しきって眠りの
世界へ、ですね。

[34719]

☆ カピラ 小坂 さん こんばんは!

そうですね~ この独特な形は小さいけど渋柿に似ていますね。
シセントキワガキの方は ホオズキみたいな感じですね。
ロウヤガキの方は盆栽などでも時々見かけます。

そうなんですよね~ 何をしても眠いのが先だって・・・
付けられていることはわかっているのでしょうが 眠さには勝てないというか・・・笑

コメントと応援とをありがとうございます。

[34720]

☆ ポージィ さん こんばんは!

そうなんですよね~ 実付きのいいこと!
鳥 さんも食べないので残っているのでしょうね。
あはは~ いかめしに似ているように思われましたか~
そう見えなくもないですね。
キンカンね~ どちらもそう見えるかもしれませんね。

自分の姿は見えないから  そんなことになっているとは夢にも思っていないでしょうね。笑
可愛い鬼 さんです~

コメントと応援とをありがとうございます。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター