2013
10
18

:ナンテンハギとウラナミシジミ!:



今朝もだいぶ冷え込みました。
皆様 風邪などひかれませんようにお気を付け下さいね。

今回はナンテンハギ(南天萩)にやって来たウラナミシジミ(裏波小灰蝶) さんです。 
ナンテンハギの名前の由来は 葉の形がナンテン(南天)に似ていて 花の形がハギ(萩)に似ていることから来ています。

過去のウラナミシジミとナンテンの記事も併せてご覧くださいね。

ウラナミシジミがやってきたお花は・・・

ハギに産卵しにやって来たウラナミシジミ!


1.
hbun-3869.jpg

ナンテンハギ(南天萩)は 北海道~沖縄にかけて分布し 山地の草原に生えるマメ科 ソラマメ属の多年草。別名 フタバハギ(双葉萩)。

草丈 50-100cm。花期 6-10月。花色 紅紫色~青紫色。白。果実(豆果)長 3cm。

2.


ハギというよりやっぱり ソラマメの花 に似ているでしょうかね。

オンマウスしてね!

3.
hbun-3871.jpg

こんな感じのお花です。

4.
hbun-3880.jpg

蕾。

5.
hbun-3868.jpg

と そこへやって来たのは ウラナミシジミ さんです。

6.


可愛い姿で一所懸命に吸蜜中!

オンマウスしてね!

7.
hbun-3867.jpg

真上からごめんなさい!

8.
hbun-3878.jpg

残念ながら 翅は広げてもらえませんでしが・・・

9.


それでも この可愛さで充分です!

10.


すでに咲き終わった花からは 緑色の莢が顔をのぞかせています。

オンマウスしてね!

11.
hbun-3879.jpg

ナンテンハギ(Vicia unijuga)マメ科 ソラマメ属
ウラナミシジミ(Lampides boeticus Linnaeus, 1767)シジミチョウ科 ウラナミシジミ属


おまけ! 今日のぶんちゃん ”ハロウィンだ~!” の 巻 '08.10.18


bunchan-2714.jpg

有楽町で開催されていたカウパレードとハロウィン祭り!
大きなカボチャハウスの前で。


いつも応援クリックをありがとう! ↓ 今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

☆ アザミにやって来た 虫 さんたち! もよろしく!

orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-2357.html




Comment

[34344] こんばんは

ナンテンハギ…会ったことないです~
山野の草原に生えるのでは、うちの辺りの道端
では見られなくても仕方ないかな。
綺麗な色ですね。そしてすっきり葉っぱの美人さん。
会ってみたいです。
 
マメ科とあって(?)ウラナミシジミさんが来ていた
のですね。可愛いウラナミシジミさん。ウラナミシジミも
美人ハンサムさんですよね。
この子の翅はまだまだ綺麗ですね。昨日川沿いを
歩いたら、たくさんのウラナミシジミが忙しくヒラヒラ
している所があったのですが、ヨレヨレに傷んだ子が
多かったです。
 
ぶんちゃん&もん君、ふたりともカボチャたちに
同調してか、置きもの化しているように見えます~

[34345]

☆ ポージィ  さん こんばんは!

1番にお越しいただきましてありがとうございます。
私も植物園以外では 出会いはありませんです。
葉っぱを取り立てて写しませんでしたが・・・ナンテンの葉によく似ていると思いました。

はい! 産卵はしていなかったようです。
結構 何頭もいましたので 彼 彼女たちは 傷がついていたり きれいだったりと。

あはは~ 置物みたいですか~

コメントをありがとうございます。

[34346]

pole pole さん
こんばんは。

ウラシマと言わずにウラナミと名付けたのは波がヒタヒタトと寄せるような文様を上手く表現していると思います。
pole pole さんが裏波裏波小灰蝶と裏波を2回繰り返しているのもより波の押し寄せる様子を強調しているものと敬服しておりますv-12。訂正しておいてね。

ミゾソバに訪れていたウラナミシジミをTBさせていただきましたので承認をお願いします。

[34347]

☆ おるごどん さん おはようございます!

TB ありがとうございました~

ウラナミシジミの和名も訂正させていただきました~
ご指摘をありがとうございます。

名前の謂れは そちらで詳しく説明されていらっしゃるので あえて書きませんでした~~v-8

コメントをありがとうございます。

 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

裏波小灰蝶

ウラナミシジミ (シジミチョウ科ウラナミシジミ属) シジミチョウの名前の由来はシジミ貝が開いた様で羽表がシジミ貝の内側のように薄っすらと紫色に輝いているからと思われます。漢字で書くと「小灰蝶」の漢字があてられていますが、羽裏の色が灰色のものが多いからでしょう。 ウラナミシジミは羽裏に波の文様があるから付けられた名前であることは容易に想像できます。 オレンジ色に縁どられた黒い斑点と触...
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター