2013
09
04

:ザクロの果実が目立ってきました~!:



今朝は 鳥島近海を震源とする強い地震が関東 東北にありました。
お天気は 今日も 変です。
西日本は 雨 栃木県では竜巻があったようで 被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

今回は 今頃の季節 だいぶその姿が目立つようになってきたザクロ(柘榴 石榴)です。
古典園芸植物のひとつで 江戸時代に日本で育種 改良され 独自の発展を遂げた園芸植物。 
今日では 世界中で栽培され イラン産 カルフォルニア産が特に有名です。
名前の由来は 有力な原産地の一つとして考えらえているイラン イラク トルコにまたがるザクロス山脈から来ていて これを現地音に近い ”ザクロ(石榴)”と音訳したようです。

ザクロには ”一実百花” の喩えもあり ”花が百咲き ようやく 一果 が実る"  と いわれるように 実が付きにくい果樹だそうです。

また 紅一点という言葉は ”万緑叢中紅一点” の略で 中国の詩人 王安石の詞 ”石榴詩” にある言葉で ”緑の草むらの中に 一輪だけ咲いている赤い花(=ザクロ)の美しい情景” を詠い上げたものから来ています。
現在では意味が転じて 男性ばかりの中に女性が一人だけ混ざっていることや ひときわ目立つ存在のことを言います。
残った萼片が王冠に似ていることから 王冠をいだく果物として権威のシンボルにもなっています。

過去のザクロの記事もご覧くださいね。

ぴっか ぴかなヒメザクロ!

ルビーなザクロ!


1.
hbun-3585.jpg

鮮やかな緑の葉っぱの中で この赤は本当に目立ちます。 '13.06.08

2.


まさに紅一点ですね~

オンマウスしてね!

3.


花付きはいいのですけどね~

オンマウスしてね!

4.
hbun-3587.jpg

やっぱり ハッとする赤ですね。

5.
hbun-3589.jpg

花は子房下位。蕚片  6枚。花弁  6枚。雄蕊 多数。

6.


果実は 花托の発達したもので 球状。
こちらは 大きいですが 色が緑です。 '13.07.26

オンマウスしてね!

7.
hbun-3594.jpg

こちらはちょっとだけ赤みが。

8.
hbun-3596.jpg

この果実はだいぶ赤くなって来ていますが・・・
↑ の 7. です。 '13.08.06

9.


萼片が王冠に見えるでしょうか。 '13.08.06/'07.09.08

オンマウスしてね!

10.
hbun-3584.jpg

晩秋になって 相当赤く色づきます。 '07.11.25

11.
hbun-3599.jpg

同じ樹なのですが この年は豊作だったようです。 '07.09.22

ザクロ(Punica granatum L. (1753))ミソハギ科 ザクロ属


おまけ! 今日のぶんちゃん ”ぱぱに抱っこされてご機嫌!” の 巻 '05.09.04


1.
bunchan-2603.jpg

ドッグ・カフェにて。

2.
bunchan-2604.jpg

ぱぱの膝にいれば怖いものなし!

3.
bunchan-2605.jpg

他のワンコには目もくれません。


いつもありがとう! ↓ クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

☆ この夏 出会ったチョウ さんたち! もよろしく!






Comment

[34160] こんばんは

地震ありましたね~
そして今日も大雨被害に竜巻被害。かっての
日本の気象ではなくなってしまっていますね。
 
ザクロがだいぶ色づいてきたんですね。
今年は遠目に赤い花を見たきり(遠目でもよく
目立ちますね!)でした。
ザクロは花が終った後、落ちてしまった花托?の
タコさんウィンナーのような様子。それにやはり
なんといっても、味わいある、絵になる実の様子が
好きです♪
 
ほんとだ、ぶんちゃん恐いものなし~ って
安心しきっていますね。

[34161]

ザクロは何となく懐かしさを覚えます。昔はあちこちで赤い実がなっていて美味しくはないのに食べていたものです。今はフルーツ屋さんに売ってますね。果実になると気がつくのですが花をじっくり観察していませんでした。赤いかわいい花ですね、機会があれば見てきます。(確か近くにありましたので)
ブんちゃん パパさんのお膝で安心しきっていますね。

[34162]

☆ ポージィ さん こんばんは!

1番にお越しいただきまして ありがとうございます。

ほんとうにね~ 亜熱帯化しているのでしょうか・・・

はい! だいぶ大きくなって色づいて来ました。
花は確かに目立ちますが やはりルビーのような種子をいっぱい詰めた果実が魅力ですね。
あはは~ 王冠ではなくタコ さんウィンナーですか~なるほど。

はい! 下には何頭かのワンコがいたのですが。。。

コメントをありがとうございます。

[34163]

☆ カピラ 小坂 さん こんばんは!

懐かしいですか~
そう言えば 実家にもありました。
今は イスラエル産などのザクロがいいお値段で売られていますね。
花は 小さいですが 緑の葉っぱの中ではとても目立ちます。
もしかしたら花はもう終わってしまっているかもしれませんが 時々 咲いています。

はい! 安心しきっています。
下には 何頭かのワンコがいたのです。

コメントをありがとうございます。

[34164] おはようございます^^

最近は地震や竜巻、豪雨と
留まることを知らず、怖い日々ですね!!!
今回の竜巻は群馬からは遠いので
大丈夫でしたのでご安心を。。。
ご心配をお掛けしましたが
何の影響もありませんでした^^
ありがとうございます。

ザクロの赤い花が印象的です♪
ザクロのある場所を二ヶ所知っているので
チャリ散歩してみようかな?
ぶんちゃん
パパのお膝が一番安心できる場所なのね^^
ポチ☆彡

[34165]

☆ 理彩也 さん おはようございます!

ほんとうにね~ 自然災害は避けることができないので 恐ろしいです。
日本も亜熱帯化してしまっているのでしょうか。
被害がなくってよかったです。

ザクロの赤い花 とてもインパクトがありますね。
是非 チャリ散歩で撮ってあげてくださいね。
花はまだ咲いているかもです。

そうなんです~ ここにいれば怖いものなし! なんです。

コメントとクリックとをありがとうございます。

[34166]

ザクロって実がなりにくいんですね。
ちっとも知りませんでした。
ザクロもビワと同じで、実がなってから
「あら~、ザクロがこんなとこに~」と気付くので
お花をしっかり見たことがありませんでした。
いや~、アタシこのお花大好きです。^^
色といい、花弁の薄い感じ、ふわっと感。
花弁が薄い紙のようです。
来年はちゃんと花を見ようっと。

ぶんちゃんはパパ大好きなんやねぇ。
大好きな人に抱っこされると安心やね。
一番安らぐ時やね。

[34167]

☆ くらふぇ さん こんにちは!

そうのようです。
ビワのお花 地味で目立たないかもしれませんね。
それに引き替え この赤はとても目立ちます。
おっしゃるように 紙のように薄くって きれいですよね。
まだ 咲いているかもしれませんよ。
どこかで出会えるといいですね。

そうなんです~ ぱぱのこと大好きなんです。
私のことも好きですが・・・
怖いものなしです~~

こちらにもコメントをありがとうございます。

[34169]

久々に震度4の地震でしたね~。朝からどし降りの雨で、埼玉は雷も鳴っていました。今日も朝早くから何度も雷が落ちて、珊瑚はこのところ生きた心地がしないのでは・・・。
ホントに日本中の何処かで、毎日のように被害が出て、どうなっているのでしょうね?
今回の越谷の竜巻では、ちょっとコースがずれたら、我が家の方だって大変なことになっていたでしょうから、通り道にならずに済んだ事を、神様に感謝しなくてはいけませんね。

ザクロは実の方は良く見ていましたが、花はこんな可愛い、きれいな色をしてたのですね。

ぶんちゃん、まだ若いですね~。仔犬の時からパパママの膝の上で甘えられたから、雷が鳴っても怖くなかったのでしょうね。
珊瑚はずっとひとりでお留守番だったから、怖い思いをしてきたのでしょう。今もあんなに怖がるのは、トラウマになっているのかもですね。可哀相なことをしてしまいました。

[34171]

☆ まこちゃん さん こんばんは!

朝 大きく揺れた時はびっくりしました~
その後は 雷 大雨 竜巻と天変地異がたくさん押し寄せてきて・・・
そちらも 危ないところだったのですね~
風のことだから どこへ吹くかは全く風任せですものね~
被害に遭われずに済んでよかったですね。
それにしても珊瑚ちゃんは 雷には大迷惑なのでしょうね~
可哀想に。
ぶんもでしたが もんも雷には全く反応しませんです。
わずかな物音にも吠えるのに これだけは不思議です。
へそ天して寝ているんですよ~
夕べは一晩中 雨だったり雷だったりで 都内もおかしなことに。
幸い 我が家の方は何ともなかったですが。

ザクロの花はとても美しいですね。

ぶんは幼かった頃 打ち上げ花火の音や 太鼓と鐘の音 トラックが車のすぐ隣を通り抜けたりすると怯えていましたよ。
雷を初めて経験した時は 私が怖がらなかったせいか 全く平気でした。近くに落ちるとさすがになんだ! なんだ! とハウスから出て来ましたけどね。珊瑚ちゃんのように怯えることはなかったです。
何がきっかけなのかは よくわかりませんよね。

こちらにもコメントをありがとうございます。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター