2013
05
30

:ノハナショウブといっしょに!:



浮間公園には キショウブ(黄菖蒲)とノハナショウブ(野花菖蒲)とが仲良く群生していました。
名前の由来は 野に咲くハナショウブ(花菖蒲)から来ています。
日本を代表する古典園芸植物であるハナショウブ(花菖蒲 Iris ensata var. ensata)の原種で 大昔から日本各地の池や湿地などの水辺近くに生えていたと考えられています。有毒であるために 牛馬に食べられないことで繁茂して来ました。

万葉集にも登場するのですが 日本には 古くから ”花かつみ(花勝見)” という美しい花の言い伝えがあります。
人々の憧れの花とされる幻の花 ”花かつみ” と呼ばれる花が どんな植物なのかは諸説ありますが ノハナショウブと考える説があるのもうなづけます。
ちなみに学名の属名 Iris はギリシャ語で ”虹” を意味し 種小名の ensata は ”剣形の” という意味で spontanea は ”野生の” という意味だそうです。

いずれがアヤメ カキツバタといいますが その違いは 外花被片の基部の模様で区別できます。
アヤメ(菖蒲)は 外花被片の基部に網目状の模様があります。
カキツバタ(杜若)は 外花被片の基部に白い目型の模様があります。
ハナショウブ(花菖蒲)は 花の種類が多く 紫系統 黄色 白 絞り等多彩ですが 外花被片の基部に黄色い目玉模様があります。
このノハナショウブ(野花菖蒲)も基部に黄色い目玉模様があります。

ショウブもアヤメもどちらも漢字で表すと ”菖蒲” になることに問題もあるようで・・・

過去のハナショウブの記事です。

儚いから 美しいハナショウブ!


1.
hbun-3053.jpg

ノハナショウブ(野花菖蒲)は 日本では 北海道 東北 四国 九州に アジアでは朝鮮半島 中国に分布し 水辺や湿原 湿った草原に自生するアヤメ科 アヤメ属の多年草。

草丈 40-100cm。花期 6-7月。花色 赤紫色 青紫色。花径 10cm。
葉 長さ 30-60cm 幅 5-15mm。蒴果 2-3cm の楕円形。

2.
hbun-3050.jpg

葉の表面中央には 中脈が隆起して目立つのがノハナショウブの特徴。
あまりよくわかりませんね~ --;

3.
hbun-3054.jpg

ここのは赤紫ではなく 青紫系統のようです。
この佇まいが何とも言えません。

4.


茎先に 2-3個 の苞をつけ 時に分枝します。
外花被片は惰円形で大きく 中央部に黄色の斑紋があります。 3枚。
内花被片は長楕円形小さく 直立。 3枚。
花柱の上部は 3分岐 して花弁状になり 分岐の先は 2裂 し 全縁。
内花被片と外花被片の基部は くっついていて深さ 15mm ほどの筒になっていて そこに蜜が入っています。

オンマウスしてね!

5.


キショウブとのコラボ!

オンマウスしてね!

6.
hbun-3060.jpg

キショウブとは きっちりではないですが 咲き分けていました。

7.


外花被片の基部には 蜜標という黄色い模様があり ここに夕陽が当たると輝いて素晴らしい光景を魅せてくれます。

オンマウスしてね!

8.


今年はおそらく開花が早かったのだろうと思います。
すでに咲き終わっている花がたくさんありました。

オンマウスしてね!

9.


浮間公園のシンボル 風車の周囲にはたくさん群生しています。

オンマウスしてね!

10.


1輪 だけ きれいなカキツバタが咲いていました~
ノハナショウブやキショウブとは 趣を異にしています。

外花被片の基部は 白い模様でしょ!

オンマウスしてね!

カキツバタ(Iris laevigata)アヤメ科 アヤメ属

11.


陽のあたる場所と日陰とでは 雰囲気がこんなにも違います。
向こう岸にはキショウブがたくさん!

オンマウスしてね!

ノハナショウブ(Iris ensata Thunb. var. spontanea (Makino) Nakai ex Makino et Nemoto (1930))アヤメ科 アヤメ属

12.


柵の向こう側に放り出されて・・・
あちこち ペロペロするんじゃない!
この植物は有毒なんだから!

13.
mon-606.jpg

もん: ”しょ~なんでしゅか~ 毒なんでしゅか~ 知らんかった!”

14.
mon-608.jpg

また やっている~~”

15.


もん: ”なんか言ってる~?”

オンマウスしてね!


おまけ! 今日のぶんちゃん ”まるで 花の妖精!” の 巻 '10.05.30


bunchan-2298.jpg

カトレアの花を頭につけて。
以前にも似たようなカットは公開しましたが これは違うんですよ~!


いつもありがとう! ↓ クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

☆ もう ETとしか思えないウマノスズクサ! もよろしく!






Comment

[33716]

ノハナショウブ きれいですね。やはりショウブと言えばこの色を連想します。でも正直言ってアヤメ カキツバタ ショウブの区別がなかなかつきません。そちらでの写真も何度も繰り返してみたのですが~~、マア いい加減な観察力ということなんでしょうね。
ブんちゃん きれいです!!!

[33717]

☆ カピラ 小坂 さん こんばんは!

1番にお越しいただきまして ありがとうございます。

そうですね~ この色が一番落ち着いているかもしれませんね。
区別は 記事中にも書きましたが 咲いている場所でも区別できますよ。カキツバタが一番 水辺でその次がショウブ アヤメは畑のような乾燥したところにも咲きますから。
大きな花被片の根元の模様を見れば 一目でわかると思います。
アヤメは 網目模様があり ショウブは黄色 カキツバタは白ですから。

ぶん きれいですか~ ありがとうございます。
本当は 10年のこの写真を見るのはとても辛いんです。

コメントをありがとうございます。

[33718]

梅雨の季節にぴったりの花ですよね
花びらに水滴がぴったりの花ですよね(^^)
今年は梅雨の期間が長そうなので土砂降りでなければ雨と花をテーマに撮ってみたいものです

[33719]

☆ しーたけ さん こんばんは!

そうなんですが~~ この日は真夏のような暑さの中でした~
なのに こんなに咲き終わってしまって・・・
梅雨時は どうなっちゃっているのでしょうね。

土砂降りは 困りますね。
露の晴れ間は 雫がついて美しいですものね~

こちらにもコメントをありがとうございます。

[33720] こんばんは

ハナショウブの原種のノハナショウブ。
見た事ないです。ハナショウブも1~2度しか見たこと
ないのですが、そのときにはなかったような。
手付かずの自然の水辺にこんな花が咲いていたら
どんなにか素適でしょう。
この公園で咲くノハナショウブも美しいですね。
一輪で見ても、群生で見ても、それぞれ素適な風情が
感じられます。
ハナショウブとカキツバタの区別がいまひとつ
分からなかったのですが、記事を拝見してはっきり
分かりました。黄色と白ではっきりした違いがあるの
ですね。
あは もんくんはぺろぺろして確かめるのが好きなん
ですね。やめなさいと言われてちょっと困った顔。
でもやめられな~い ?
 
カトレアの花をいただいたぶんちゃん、白い妖精のよう。
素適です。

[33721]

☆ ポージィ さん こんばんは!

普通は水辺というより ノハナショウブは 山の湿地帯などに群生しているのだと思います。
カキツバタが 一番水辺の近くに生息し アヤメは畑などの乾燥したところにも咲いていて ハナショウブの仲間は その中間くらいですね~
やはり 外花被片の基部の模様を見れば はっきりとわかります。カキツバタが 一番好きかもです。
カキツバタを期待していたのですが ほとんど咲いていませんでした~

あはは~ 落ち着かないのでしょうね。
緊張をほぐすために 何でも舐めます~~
最近はすぐに舌を出します。笑
遊んでいても 腕とか手とか指の1本1本を丁寧になめられます。気色悪いったらありゃ~しないのですけどね。

ぶんのこのシリーズは 好きなんですが どうも10年の写真は特に 6月近くになると正視するのが 辛いです。

コメントをありがとうございます。

[33723]

こんばんは~。
そちらも梅雨入りしたようですね。
今年は早過ぎますね。
そんな季節には嬉しい涼しげな色をしたノハナショウブですね。湿原でよく見かけますが、標高の高い場所ではまだこれからでしょう。
キショウブとのコラボも素敵ですね。
pole poleさんの観察力にはいつも感心しています。
見習わないとと思いながら、なかなか出来ません^_^;
今日のぶんちゃん、カトレアの花飾りが似合いますね。
お目目がキュート(*^。^*)

[33724]

キショウブ、ノハナショウブきれいですね。3月まで、板橋に住んでいました。浮間公園は近かったのに、いかなかった事を後悔しています(笑)それと同時に以前住んでいたアパートの庭にあやめが毎年咲いていたのを思い出しました。通りすがりでちょこっと拝見しただけなのですが、写真も絵も素晴らしいですね。私は植物専門のイラストレーターをしていますが、写真が大変参考になり、助かりました。ありがとうございました。わんちゃん、もう亡くなられたのですね。撮る人の愛情のこもったお写真、とても美しいです。

[33726]

☆ fumifumi さん おはようございます!

はい! 梅雨入りしましたが 今日は晴れています。

山の湿地に群生しているノハナショウブというわけには行きませんが こんなに群生していたのには感激しました~
本当は カキツバタを見たかったのですが ほんの少ししか咲いていませんでした~
キショウブと両方見られたのでよしとしました。

家で咲かせたカトレアの花をつけて・・・
でも この写真は正直 辛すぎるので正視できません。

コメントをありがとうございます。

[33727] 初めまして!

☆ さむ さん ようこそです!

ご訪問とコメントをありがとうございます。

この公園のお近くにお住まいだったのですね~
私は 初めて行きました。
過去の写真や植物画もご覧いただいたようで・・・
URL もなかったので そちらにお伺いすることができないのが 残念です。
写真がお役に立てましたか~ 持ち出しはされないでくださいね。

そうなんです。可愛がっていたワンコが急逝してしまったのです。今は 残された1頭と暮らしていますが 想い出が多すぎて。

ブログをお持ちでしたら 是非 伺いたいので URL を教えていただきたいです。

[33728] おはようございます^^

ノハナショウブって初耳~♪
素朴な感じがするけれど、カラーがステキ☆
理彩也には見分けられないと思うけれど
出会いたい花、、、もう遅いでしょうね?
浮間舟渡駅からすぐ・・・と言うけれど
チャンスがあったらオランダ風車も見てみたい^^
ぶんちゃん
おお、カトレアの冠☆彡
ぶんちゃんにお似合いよん♪
可愛い~☆彡 (^▽^)マンメンノエミ☆
ポチ☆彡

[33729]

☆ 理彩也 さん こんにちは!

ノハナショウブは ハナショウブの原種です。
素朴な感じがいいですね。
これを見たのは 5月18日だったので 今頃はもう終わっていると思います。
本当はカキツバタをみたかったのですけどね。
この公園は この池を中心に周囲にショウブや 水生植物がある素朴な公園で あまり見るべきものはないような・・・
それでもバンやカルガモがいましたけどね。
風車のそばへは 行きませんでした~
放射線量のことも気になっていたので。

カトレアのティアラ いいでしょ!
でも本当はこの写真を見るのは辛いのです。
似合っていますか~

コメントとクリックとをありがとうございます。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター