FC2ブログ
2006
09
20

:アサザ:


b-457.jpg

アサザは 各地の湖沼 水路 溜池などに群生する多年性の浮遊植物です。
地下茎は水底の地中を匍匐し 長い茎は水面まで伸びます。
卵形?円形の葉を浮かべるところは スイレンに似てますね。 
6-9月頃 キュウリに似た 3-4 センチの黄色の5弁花をつけます。

b-459.jpg

かつては 琵琶湖  霞ヶ浦 諏訪湖などに大群落があったそうです。
がっ!湖沼の埋め立てや水質汚濁で 減少の一途を辿っているのが現状です。
環境省のレッドデータブックで 絶滅危惧II類(VU)にあげられています。

b-461.jpg

アサザの保護や水辺の自然環境を取り戻そうと 各地でいろんな運動があるようです。
そのひとつが霞ヶ浦の ”アサザプロジェクト” 
ボランティアの方々により採取したアサザの種子を 里親に出して育ててもらう制度もあります。

ちなみにこれは我が家の小さなビオトープ!
絶滅の危機を逃れて なんとか生き残ってほしいアサザ!

b-458.jpg

アサザ(Nymphoides peltata)ミツガシワ科











Comment

[1468] 未来に残さなければ・・・

もうこれ以上便利にならなくても。。。
って、誰もが思っているのに
誰もが、自分の周りだけは便利になって欲しいと思ってしまうのですね。。
人間が壊そうとしているんだから、人間が守らなければ。。
この黄色いお花の群生もう一度みられる日が来るといいですね。

[1469]

またまた同じのが出てきました。
私の撮ったのは、アメリカアサザだったかな?
本当によく調べておられますね。

私のブログ開けません。サーバーが変になってるみたいです。(*_*;

[1470]

私の好きな黄色のお花ですね。
「アサザ」って名前なんですね。
polepoleさんのブログを見ているといろいろな
お花の名前を覚えられて楽しいですね。

[1471]

浮遊性の植物と言えば、水芭蕉しかしりませんでしたが、どこかで見たことあるような感じがしますi-190
でも、絶滅危惧種なんですねi-182
自然が損なわれていくことは残念でなりませんね。
お花だけみると、胡瓜のお花かと思ってしまいました・・・i-229相変わらず、トンチンカンでお恥ずかしいですi-201

[1472] その通りです!

e-343おきろんさん こんばんは!

おきろんさんのおっしゃる通りですe-463
人間が壊してしまったものは 人間が元通りにしなくてはなりませんよね。
今日のおきろんさんの素晴らしいコメント 心に響きます。ありがとう!

[1473] お写真きれいです!

v-222ミューさん こんばんは!

そうなんです。さっきから何回かアクセスしたのですが 開きませんでした~どうしたんでしょう?

アメリカアサザ ネットの方で拝見しましたよ~
他の水生植物もとても素敵でした。
ミューさんのお写真はとてもきれいです。

[1474] 黄色の君さんへ!

e-275すぷりんぐさん こんばんは!

黄色の君さんですね。
黄色のお花は元気をくれる気がします。
植物の名前はたくさんあるので 覚えるのはとてもたいへんで 私もいつも図鑑とかネットとにらめっこです。笑

[1475] いずれ人間にも・・・

v-259だいママさん こんばんは!

北海道ではあまり見かけないかもしれませんね。
いえいえ!トンチンカンなどではありませんよ。
ネットにもキュウリに似た花と書かれていますもの。
自然が破壊されて行けば いずれ人間にも返ってくることを認識しなければいけませんよね。

[1476]

昨日のゲンノショウコ、見つけられませんでした。白い花をみたらのぞいてみたのですが、探すとなかなかないものですね。
今日はまた変った花びらですね。ギザギザが不思議な花ですね。一瞬、食虫植物かと思いました。
小さい花なんでしょうね。群生して開花したらどんなにすばらしいでしょう。

[1477]

びぶん植物学博士!いつもありがとうございます。
黄色って難しいのにすごくきれいに出ていますね!!(^^♪
おきろんさん、風邪引いちゃったのかなあ?

[1478] 群生 見てみたいです!

v-267パル母さん こんばんは!

あはは!ゲンノショウコは白とは限らないようですよ。
空き地とかに見られると思います。
そうそう!ギザギザがおもしろいですよね。
3~4センチはあるから そんなに小さなお花ではないと思いますが 群生していたら見事だとおもいます。

[1479]

葉っぱの緑とお花の黄色のコントラストがとてもきれいですね~。
アサザのこともレッドデータブックのことも今日初めて知りましたが、
polepoleさんのおかげで環境問題や自然の大切さについて、
改めて考えるキッカケをいただきました。

[1480] おきろんさ~ん!

v-16びーぐるさん こんばんは!

そんな~!只人です。
この前もおっしゃってくださいましたが 黄色は難しいのですか?何も考えてはいないので・・・
おきろんさん!びーぐるさんがご心配されていますよ~!v-12

[1481]

偶然にもこちらの朝刊に、ミツガシワ科の浮葉植物のガガブタの写真が載っていました。白と黄色の可愛らしい花で、白い毛があるの花弁を少し離れてみると雪の結晶のようです。

絶滅危惧種という言葉があることを恥じなければいけませんね。

[1482] は~い!!

元気モリモリですよ~(^0^*オッホホ

[1483] ありがとうございます!

v-82ふうこさん こんばんは!

お褒めいただきまして ありがとうございます。
そんな大それたつもりはないのですが・・・
私たち一人一人が 自然の大切さを認識できればいいなぁ~と。

[1484] おっしゃるとおりです!

e-509あんずパパさん こんばんは!

ガガブタは白い花弁のギザギザが アサザとはちょっと違っていますが 可愛いお花ですよね。
これも群生していたら きっとすばらしいですよね。

湖沼の開発も必要かもしれません。水質汚濁は工夫すれば防げるはずです。でも・・・
おっしゃるよう に絶滅危惧種という言葉は死語にしなくては・・・e-460

[1485] 早い!

e-282おきろんさん 再びこんばんは!

すご~!
すばやい反応にびっくりです。e-350
風邪引いていらしたんですか~プププ・・・

[1486]

 こんばんは。
こんな愛らしい花は、救済せねば
なりませんね。人間が破壊し、救う
時も人間・・・、何だか矛盾していま
すが、そうも言ってられませんね。
 話は変わりますが、先日、蝶に詳しい
方に話を聞いたら、昔では見絶対見る
ことの無かった蝶が首都でも見れるように
なったと。温暖化の影響で・・。
 植物・動物の生態系を崩壊させてしま
った我々の罪は大きいですよね・・・。

[1487] 温暖化も原因のひとつですね。

v-190HUKUHUKUさん こんばんは!

お誕生日おめでとうございます!した?笑

矛盾した世の中なんだけど 嘆く人も嘆かない人もいるというのが現実です。
チョウのお話は テレビでも取り上げられていたので知っています。
地球全体が温暖化することで 生態系がどんどん乱れて行くことがわかっていながら 手を拱いているのが実情ですね。
幼い時からの教育が必要でしょうね?
物を大切にしない 捨てる 忘れる が得意じゃ困りますものね。

[1488]

 たびたび、登場しました・・・。
本当、pole poleさんのおっしゃる通り
幼児期からの教育が必要です。
 「国家の品格」ではないですが
どこから、歯車が狂ったのでしょうか。
*ちなみに、私は英語より「国語」重視派。
自分がしゃべれないせいもありますが・・・。(泣)

[1489] 拍手!

v-222HUKUHUKU さん 再びこんばんは!

幼児期の教育って本当に必要だと思いますよ。
外国ではちゃんと教えるチャンスがあるのに この国では・・・
幼い頃から自然を大切にする心を培うことが大事ですよね。
あはは!上に同じです。

[1490]

今日は皆さん 真面目に語り合っていますね~。
本当に その通りですよね!
一人一人が ちょっとずつ努力すれば・・・ね♪

アサザって とっても小さいんですよね。
わたし、この前 植物園で見て ビックリしました。
びぶんさん おうちで育ててらしたんですね~!!
いつも お水を貯めておくのは やっぱり大変ですか?

[1491] ビオトープの管理者は別人!笑

v-222アレッサさん こんにちは!

そうなんですよ~
難しいけど 一人一人の努力ですよね。

スイレン アサザ オモダカ ヨシ ミソハギ ハスなどの水生植物は スイレン鉢に植え その下ではメダカ(クロメダカ)を飼育してます。そうすればボウフラも発生しないで一石三鳥くらいのメリットがありますよ。って私が面倒みているわけではありませんが・・・

[1495]

小さいのですか??
ギザギザの花びらがと黄色がとっても可愛いです。
人間って欲張りなのですよね、、、もっともっと便利にって・・・・・
その便利さを手にする為にどの位の自然の犠牲があるかは考えないのでしょうね。
ヨーロッパは自然への考え方や取り組み方がやはり違うとように感じます。
人々もそんなに便利なものよりも自然と共存していく事を大事に思っているのではないかと感じます。
人間が全てを支配できるはずないですよね。

[1498] そのとおりです!

v-236rudy-love-111さん こんばんは!

3~4センチの花です。
欧米や発展途上国でも幼い頃から 自然と接触する術を教わっているところが多いのに この国は?
便利さを追求するあまり 忘れたり捨てたりしてはいけないことが見えてない気がします。
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター