2011
08
27

:♂と♀とではこんなにも違うシオカラトンボ!:



今日は 隅田川の花火や高円寺の阿波踊りと東北の復興を願っての祭の催しがありました。
少しでも被災地の方々の励みになるといいですね。
そんな被災地の方々の気持ちとはまるでかみ合わない 民主党代表の告示と記者会見!
菅政権よりもましになるのでしょうか。
どうも自分たちのことしか考えていないように思いましたが・・・

今年初めて撮ったシオカラトンボとムギワラトンボ!
ご存知のように このふたつのトンボ 同じトンボで雄と雌との関係なんですが・・・
名前の由来は 雄は老熟するにつれて体全体が黒色となり 胸部~腹部前方が灰白色の粉で覆われるようになってツートンカラーの色彩となります。この粉を塩に見立てたことから来ています。
これがいわゆるシオカラトンボ!
雌や未成熟の雄では 黄色に小さな黒い斑紋が散在するのでムギワラトンボ!
両者の違いは複眼の色にあります。
♂はブルー ♀はグリーン!

過去のトンボの記事もご覧くださると嬉しいです。

トンボ! とんぼ! 蜻蛉!


1.


シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)は 日本全土 ロシア(極東) 中国 韓国 台湾などに分布し 
湿地帯や田などに生息する中型のトンボ科 シオカラトンボ属の昆虫。

体長 50-55mm。後翅の長さ 43mm前後。出現時期 4-11月。

オンマウスしてね!

2.


♂の複眼は青。

オンマウスしてね!

3.
bun-5328.jpg

正面顔!

4.
bun-5334.jpg

複眼なんですが~ チラッとこっちを見ているような・・・

5.
bun-5331.jpg

塩を吹いているように見えますか~

6.


体と目のブルーとがとても美しいトンボです。

オンマウスしてね!

7.
bun-5318.jpg

こちらは 俗にムギワラトンボと呼ばれているシオカラトンボの♀。

8.


雌や未成熟の雄では 黄色に小さな黒い斑紋が散在するので ムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)とも呼ばれます。
♀の複眼は緑。

オンマウスしてね!

9.


正面顔! 目がグリーンでしょ!

オンマウスしてね!

10.


オンマウスしてね!

シオカラトンボ(Orthetrum albistylum speciosum (Uhler, 1858))トンボ科 シオカラトンボ属


おまけ! 今日のぶんちゃん  そんなの食べちゃ~ 駄目よ! の 巻 '01.08.27


1.
bun-5315.jpg

先ずは日向ぼっこ!

2.
bun-5316.jpg

ぶん: ”退屈でちゅね~! これは何でちゅか~! ムシャムシャ!”
「それ 食べちゃ駄目よ!」

3.
bun-5317.jpg

そんなことが通じるはずもなく くちゃくちゃ舐めてはちぎっていました~--;
おかげでアレカヤシの下の方は 歯の跡が・・・


いつも応援をありがとうございます。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

☆ 夏だ! 花火だ! クサギだ! もよろしく!

http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-1904.html


Comment

[30855]

pole pole さん

こんばんは。

今日オニヤンマを撮りましたので追加しました。
雄か雌かわかりませんが、きれいな緑色の目でした。

お約束のTBをしましたので承認をお願いします。

[30856]

☆ おるごどん さん こんばんは!

早速にお越しいただきましてありがとうございます。
それも1番で!

TB ありがとうございます。
オニヤンマ 追加分 すでに拝見したような???
きれいなエメラルドグリーンですね~
近所では 見ることができません~~

[30857] きれいな生き物

こんにちは

思わず歌ってしまいました。
 トンボのめがねは水色めがね
 あおいおそらをとんだから とんだから~♪
この歌を覚えたのは確か保育園の頃と、
なぜか覚えています。なんだかワクワクしたことも。
シオカラトンボの目はターコイズブルーに見えます。

シオカラトンボとムギワラトンボが、同じ種類の
トンボと知ったのは、ほんの2~3年前のことです。
きっと、ムギワラトンボのことは見てもオニヤンマと
思っているんだろうな、私。大きさは違うでしょうに。
同じく保育園の頃、オニヤンマと思われる大きな
トンボに噛まれたことがあります~ 軽くでしたが。

また幼いぶんちゃん登場ですね。
小さなときはみんな色んなものに興味津々ですね。

[30858]

☆ ポージィ  さん こんばんは!

こちらにもコメントをありがとうございます。
きれいな複眼ですよね~
歌が飛び出たのですね。^^;
シオカラトンボの目もムギワラトンボの目もとても美しいですね。

私も幼かった頃は 違う種類だと思っていました。
雄と雌のかんけいだったとはね~~
鳥なんかにはよくある話ですが・・・

あらら~ トンボにかまれると結構痛いでしょ!
私も捕まえて指を出したらかまれたことありますよ。

はい! 4ヶ月の幼いぶんです。
足は短いけど 足先は大きいです~
好奇心が旺盛なんでしょうね。
でも いたずらはほとんどしませんでした。
これもいたずらの部類といえば そうなんですが・・・
1度だけ 私のお気に入りの箪笥の取っ手を齧ったことがあります。ちゃんと言い聞かせて以来何もしませんでしたが・・・
オモチャ以外ものを口にするということは ほとんどありませんでした。
もんは ちょっと目が離せませんが・・・--;

[30859]

トンボですね~ 私も最近よくみるようになりました。シオカラとムギワラが雌雄だったとは知りませんでした。塩が乾燥して白くなったり?カサカサのムギワラだったり、何にしてもトンボって乾燥肌?のイメージですね。
polepoleさんの記事を見た後は、散歩のときなどに無意識にさがしてしまいます(笑)きのうは高速道路から見えるユリの多いのにびっくりでした。種で増えるわけでもないのに群生ではないけど山のあちこちに咲いていました。クサギも見つけたいと思います。
ぶんちゃん、何でも興味ある時期ですね。歯がかゆくて、パパの腕が待ち切れなかったのでしょうね。パルは室内の鉢の土を掘ってましたよ。もちろんひっくり返して・・・ぶんちゃんの葉っぱかじりはいたずら部門ではないですね~ぶんちゃん、「歯磨きしてまちゅ」と言ってるようです。

[30860]

あらま~ 知らなかったです
シオカラトンボって オスだったんですね
メスは ちょっと地味な色合いなのですね
オスとメスで目の色も違うなんて知らなかった~
勉強になりました
シオカラトンボって かっこいいですよね

[30861]

☆ パル母  さん おはようございます!

そうなんですよね~ 昔は違う種類だと思われていたようなんですが 雌雄だということがわかったようです。
あはは~! 乾燥肌 いえているかもしれませんね。
カラカラな感じですものね~

そうですか~ それは嬉しいです。
タカサゴユリの群生をご覧になられたのですね。
種子で増えるんですよ。
今では あちこちに群生しているようですよ。

クサギもちょっとした山の中にはあると思います。
秋に美しい実がなるので それを見つけておかれれば 来年花の時季に見つけられると思います。
まだ 花は咲いていると思います。
いい香りもしますよ。

この頃は乳歯が生え変わる時季なので イライラするんでしょうね~ おっしゃるようにいっしょに乳歯も抜けていました~
歯がむずむずしていたのでしょうね。食べていたわけではなかったので・・・引きちぎった葉が下に落ちていました。

あらら~ 鉢をひっくり返されては困りますね。
ぶんは そういういたずらは一切しませんでした~

[30862]

☆ ぶーたんママ さん おはようございます!

昔は 違う種類だと思われていたようですよ。
雌雄の関係なんですね~
若い♂は ちょっと紛らわしいこともあります。
目の色の違いでわかると思います。
シオカラトンボ カッコいいですか~
ブルーと黒とで統一されて すっきりとしたスタイルですよね。

[30863]

花火とか阿波踊りは毎年やっているわけで、とって付けたように
復興を願ってとか言われると「なんだかな~」という気がします・・
と嫌味の一言!v-91v-12v-8
それは別にして、トンボいいタイミングでバッチリですね!v-424
3なんて完全に人面トンボですね!!

[30864]

☆ びーぐる  さん こんにちは!

こちらにもコメントをありがとうございます。

ですよね~! おっしゃるとおりです。
言葉だけでは何とでもいえますからね。
自分の家に何十年も帰れない方々のお気持ちを考えると 新た寝て この人災を引き起こした国と東電とに憤りを感じます。

トンボ ありがとうございます。
3枚目 目の下 ちょんまげをつけ 隈取した顔に見えますよね。v-8

[30865]

トンボの顔って変~~ 口は一番下ですかね。
シオカラトンボ、今年はまだ見ていません
田んぼは近くにあるんですが・・

ぶんちゃん 歯がのびる時期だったんでしょか
まりはいろいろ齧ってくれましたが^^ 一時期なんですね。

[30866]

☆ haniwa さん こんばんは!

目ばかりが大きくって 特に正面から見ると面白いですね~
お庭にやってこないのですか?
うちの近所は シオカラトンボ アキアカネくらいしか飛んでいないんですよ~

乳歯が抜けて永久歯に生え変わる時って 歯がむずむずするのでしょうね~
ぶんは 1回だけ 私のお気に入りの箪笥の取っ手を齧りました~
言って聞かせてからは オモチャ以外の物は齧りませんでした。
その箪笥の傷跡 自分で修復しましたが 今となっては 想い出となってしまいました~
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback

蜻蛉

トンボ (トンボ科) 雑草撮りをしていて出会ったトンボ達です。 http://0424hana0714bun...
Trackback URL

«  | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター