FC2ブログ


予報通り 今日は気温 湿度とも低めで爽やかです。
でも また台風が来ているので蒸し暑くなりそうですから 今日だけのことでしょうね。

夏の暑い日差しのなか健気に咲いていたセンノウ(仙翁)です。
鮮やかな色合いが目を引きます。
夏の乾燥には弱いらしく 花弁があちこち傷ついていました。

センノウは 鎌倉時代の末~室町時代の初め頃 中国から渡来しました。
名前の由来は 本種が京都 嵯峨の仙翁(せんおう)寺で最初にみいだされたことから来ています。


1.
bmm-2001.jpg

センノウ(仙翁)は 中国東部から中部 南西部原産のナデシコ科 センノウ属の多年草。
別名 センノウゲ センノウケ センヌケ 仙翁花 剪秋羅。

草丈 40-100cm。花期 7-9月。花色 深紅色。花径 4cm。

2.
bmm-2002.jpg

茎は根元より数本-10数本が株立ちとなります。
花は茎の先端にまとまって咲きます。

3.
bmm-2006.jpg

株全体に短い毛が生えていて 直立する茎には葉が対生し 卵状披針形で先は鋭くとがっています。

4.
bmm-2007.jpg

花は目のさめるようなカーマイン・レッド(朱色を帯びた明るい赤)なのですが 傷ついているのがたくさんありました。
萼片は棍棒状で先端は 5裂 。
萼片や茎にも細かい毛が密生していますね~

5.
bmm-2010.jpg

花弁は 5枚で 先端は深く不規則に切れ込んで花弁の先端は細かに切れ込んでいるのが特徴です。
各弁の基部にそれぞれ二つの小鱗片があります。

6.


拡大してみました。

オンマウスしてね!

7.
bmm-2005.jpg

クモ さんがいました~

8.
bmm-2003.jpg

センノウ(Lychnis bungeana‘Senno’)ナデシコ科 センノウ属


今日のぶんちゃんともんちゃん ”浴衣を着て” の 巻 '08.08.17


1.
18bunchan-59.jpg

色違いの祭り半纏を着て。
これまた色違いの鉢巻と。

2.
18bunchan-60.jpg

ぶん ちゃんの提灯と。

3.
18bunchan-62.jpg

鉢巻は嫌がって取ってしまいました~

4.
18monchan-69.jpg

一方のもん ちゃんは・・・
初めのうちは ぶん ちゃん同様鉢巻をして。

5.
18monchan-70.jpg

電池が切れてしまいました~

6.
18monchan-71.jpg

そして やはり鉢巻を取って 神妙な顔をしていますね~


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 



☆ ジャガイモの花に似ているワルナスビ! もよろしく!







台風13号 は 洋上をゆっくりと北上して各地に暴風雨をもたらしているようです。
幸い 都内は朝方には雨も止み 今は太陽も出てきてむっとするほど暑いです。

今日は長崎に原爆が投下された日。
今年は国連の事務総長 グテーレス氏が出席しました。
核のない世界は 一体いつになったら実現するのでしょうか。

この暑い中 お熱い仲のトンボ さんたちです。

過去のシオカラトンボの記事です。

・ ムギワラトンボの方がピンと来る?


・ やっと シオカラトンボに出会いました!


1.


シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)は 日本全土 ロシア(極東)中国 韓国 台湾などに分布し 湿地帯や田などに生息する中型のトンボ科 シオカラトンボ属のトンボ。

体長 50-55mm。後翅の長さ 43mm前後。出現時期 4-11月。分布 北海道 本州 四国 九州 沖縄など。

老熟するにつれて 雌雄の色は異なり ♂は老熟すると体全体が黒色となり 胸部から腹部前方が灰白色の粉で覆われ ツートンカラーの色彩となります。複眼は青。
名前の由来は この粉を塩に見立てたことから来ています。

オンマウスしてね!

2.


♀や未成熟の♂では 黄色に小さな黒い斑紋が散在するので ムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)とも呼ばれています。♀の複眼は緑。

オンマウスしてね!

3.
bmm-1980.jpg

交尾は草や地面の上で行われます。
草ぼうぼうのこの場所の先は池になっているので どこまで足を踏み入れられるかわからず・・・

4.
bmm-1985.jpg

よく見ると 彼らの上の方には バッタ さんも!

5.
bmm-1982.jpg

ハートマークが見たくって横に回ってみました~

6.
bmm-1983.jpg

上が♂で 下が♀です。

7.
bmm-1984.jpg

複眼の色で区別がつきます。

8.
bmm-1987.jpg

トンボの翅の付け根はまるでヘリコプターのようにメカニック!
それに 翅脈の模様の美しいこと!
自然界に見られるボロノイ図です。

ボロノイ図とは ある距離空間上の任意の位置に配置された複数個の点(母点)に対して 同一距離空間上の他の点がどの母点に近いかによって領域分けされた図。
自然界では このトンボの翅 アミメキリンの模様 ウミガメの頭や足の模様 細胞の並び トウモロコシの粒の並び方など ボロノイ図に似たものが結構あるのです。

9.
bmm-1986.jpg

シオカラトンボ(Orthetrum albistylum speciosum (Uhler, 1858))トンボ科 シオカラトンボ属


今日のぶんちゃん ”やっぱ! これだね~!” の 巻 '07.08.09


1.
18bunchan-53.jpg

日向ぼっこに飽きて 部屋の中に入れて! と懇願しています~~

2.
18bunchan-54.jpg

部屋に入るとやっぱりこれだ~!

3.
18bunchan-55.jpg

夢中です。


今日のもんちゃん ”スイカといっしょに!” の 巻 '11 08.09


1.
18monchan-63.jpg

伝助スイカが入っていた段ボールの箱の中に入って・・・
もん ちゃんが入るのにちょうどよい大きさなのです。笑

2.
18monchan-64.jpg

一生懸命にポーズしてくれています。

3.
18monchan-65.jpg

一瞬 ぶん ちゃんかと思いました~
よく似ています。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


☆ ジャガイモの花に似ているワルナスビ! もよろしく!






今日も命にかかわるような暑さです。
皆様 くれぐれもご自愛くださいね。

不要不急の外出はできるだけ避けたいところですが そうも言っておられず 今日は歯医者に出かけ 今帰宅したばかりです。暑かったのなんのって・・・
手拭いに保冷剤を数個入れて首に巻いているのですが 2時間 もすればとけてしまいます。
それで予備の保冷剤を保冷バッグに入れ 出先で取り換えてはいるのですが・・・
ドライアイスでもないとね~
帰りに山手線に乗ったら 窓の外は雨だったので これで少しは涼しくなるのかと思ったら いつの間にか止んでしまいました。どこで熱雷が発生してもおかしくはないです。

今日はわんこばかりですが・・・暑いのでご勘弁下さい。




18-8月のカレンダー

8月 のカレンダーです。
この日も暑くって暑くって・・・
ふたりの様子を見ればおわかりでしょ。

教育の森で。 '08.08.01 



今日のぶんちゃん ”日向ぼっこの後は・・・” の 巻 '06.08.03


1.
18bunchan-47.jpg

このところ この日のぶんちゃんは このシリーズばっかりですが・・・
カットは微妙に違うのですよ。

2.
18bunchan-48.jpg

ぶん: ”なんだか 眠くなって来ちゃったわん!”

3.
18bunchan-49.jpg

日向ぼっこの後は寝るに限るようです。


今日のもんちゃん ”不忍池で!” の 巻 '14.08.03


1.
18monchan-57.jpg

ハスの花を見に行ったのですが 日差しを遮るものが何もない池では・・・

もん: ”あち”~~!”

2.
18monchan-58.jpg

いくら暑さに強い日本テリアとはいえ この陽射しではね~~

3.
18monchan-59.jpg

そりゃ~ 舌も出るわさ。
このあと這う這うの体で この場所からおさらばしました~


今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


☆ ムクゲの花を手向けます! もよろしく!






異例なコースをたどった 台風12号 は 各地に甚大な被害をもたらしています。
自然の力って本当に恐ろしいですね~

さて 前回からちょっと間があいてしまいました~
今回は初めてアップするホルトソウです。
名前の由来 ホルトというのはポルトガルの意味で ポルトガルから渡来したことから来ています。
つまり ポルトガルソウの略転でホルトソウ!
日本には薬用植物として渡来し 現在では逸出して野生化しているものもあります。
傷つけると白色の乳液を出し 全草に有毒物質を含んでいます。


1.
bmm-1969.jpg

ホルトソウは 南ヨーロッパ 北アフリカ 西アジア 中央アジア ベトナム 中国原産のトウダイグサ科 トウダイグサ属の越年草。

花期 5-6月。草丈 50-70cm。花色 緑色。種子 卵球形。

ホルトソウの果実です。

2.
bmm-1970.jpg

茎は直立し 円柱形で 白緑色。
葉は長三角形で 全縁で葉柄がなく 十字対生し 葉の基部は茎を抱いています。無毛。
茎の下部の葉は線形で先は丸く 上部の葉は長卵形で先は鋭くとがっています。

3.
bmm-1964.jpg

花がつく節で対生する葉状のものは総包で 花のようにみえるのは花序。
包葉は卵形で 対生。
三角形の包葉の間に目立たない杯状花序をつけます。

5月 に咲いていた花です。

4.
bmm-1965.jpg

杯状花序は 雌しべのみ あるいは雄しべのみに退化した何個かの花が 包葉に包まれていて 花序全体が一個の花のように見えるのが特徴です。
茎の上部で分岐し 葉状の苞の間から 1本 の雄しべからなる多数の雄花と 1本 の雌しべからなる雌花の組み合わさった杯状花序を段々につけます。

5.
bmm-1966.jpg

小総包は 短い 2本 の角をもち その先は淡黄色の腺体となっています。

6.
bmm-1967.jpg

あまり目立ちませんが トウダイグサ科のお花は 本当に面白いですね~
色合いが地味で葉っぱとの区別がつきにくいですけどね。

7.
bmm-1968.jpg

4個 の腺体の形がおもしろいですね~

何度見ても不思議なお花です。

8.
bmm-1973.jpg

花後の果実です。
花柱は 3本 で 先端が 2つ に分かれているのがよくわかります。

9.
bmm-1971.jpg

果実は 3分果 に分れていて球形のさく果。

10.
bmm-1974.jpg

6月 の終わりには徐々にしわしわになり 茶色くなってきます。

11.
bmm-1975.jpg

茶色くなった果実!

12.
bmm-1972.jpg

ホルトソウ(Euphorbia lathyris.L.)トウダイグサ科 トウダイグサ属


今日のぶんちゃんともんちゃん ”この暑さの中でも日向ぼっこするわん!” の 巻 '08.07.30


1.
buntomon-166.jpg

床がやけどしそうなほど暑いバルコニー!
そんななかでも このふたりは日向ぼっこに余念がありません。
見ているこっちが暑くって! 暑くって!

2.
buntomon-167.jpg

もん: ”ふわ~っ! 気持ちいい!”
ぶんちゃんは とっくに夢の中!

3.
buntomon-168.jpg

お立ち台から降りて別の場所で。 ここでも日向ぼっこ!
今度はもんの方が寝てしまっています。
仲いいですね~!


今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


☆ ヒカゲチョウとの出会い もよろしく!


orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-3030.html


 | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター