FC2ブログ


連日 新型コロナウィルスの話題で持ちきりですが 気がつけば立春も過ぎ 春のような温かさが続いております。
暖冬というのは どうやら本当のようですね~
冬の晴れ渡った青空に広がるピンクのサクラに温もりを感じます。
メジロ さんを待っていたのですが この時は現れてくれませんでした~

過去のカワヅザクラの記事です。

カワヅザクラにやってきたメジロ さん!

1.
bmm20-17.jpg

咲き始めたばかりのカワヅザクラ! '20/02/04

2.
bmm20-19.jpg

緑との対比がとても美しいと思いました。

3.
bmm20-20.jpg

縦位置で。

4.
bmm20-21.jpg

まだまだ蕾もいっぱい!

5.
bmm20-22.jpg

葉も展開し始めていました。

6.
bmm20-23.jpg

'20/02/11

7.
bmm20-25.jpg

メジロ さんの代わりに ヒヨドリ さんがいました~

8.
bmm20-26.jpg

クチバシには 花粉がいっぱい!

ヒヨドリ(Hypsipetes amaurotis (Temminck, 1830) )ヒヨドリ科 ヒヨドリ属

9.
bmm20-27.jpg

きれい!

10.
bmm20-24.jpg

カワヅザクラ(Cerasus lannesiana Carriere, 1872 'Kawazu-zakura')バラ科 サクラ属

私のミスから ぶんちゃん もんちゃんの画像がめちゃくちゃになってしまいました~
整理が終わってから(いつのことになるのやら・・・) アップしますね。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


ジョビ さん おいしいですか~ もよろしく!








新しい年は早くも成人式を迎え どんどん進行しているようです。
皆様は 如何お過ごしでしょうか。
私はというと・・・令和になってからですが 以前より関心のあった神社・仏閣巡りを始め 同時に御朱印を集めています。昨年末までには 100体 を超える御朱印を頂きました。折々 ご紹介させていただきますね。

昔から七福(寿命 裕福 人望 清廉 愛敬 威光 大量)とは 人の本質で最も尊い宝とされ これらに神仏聖人を当てはめ 室町時代後半に 七福神として瑞祥の象徴とされてきたのが始まりといわれています。 
後になって 1年 の幸福祈願に七福神を安置する神社・仏閣を巡拝し 心から幸福を祈る慣わしが 町人文化が根付いた江戸時代後半から盛んになり 今日に至っています。
私も新年にちなんで ”七福神巡り” をいたしておりますが 今回は ”墨田川七福神” をご紹介させていただきます。
ここ墨田川では 文化元年(1804)に開かれた百花園に集う江戸の町民文化を代表する文化人たちの発案で ”墨田川七福神” が始まったそうで 元旦から 1月7日 までの間に巡拝します。通年お参りできる七福神もあります。

最近ではカメラを持ち歩かなくなり スマホで代用することが多くなりました。この期間のみ御開帳の御神体や寺社の出来がいまいち気に入らないので それぞれの寺社でいただいた御神体の御分体を掲載させていただきますね。


それでは・・・

1.
bmm20-9.jpg

毘沙門天(多聞寺) 威光
毘沙門天は インドの神様で右手に矛  左手に多宝塔を掲げ インド神話では福の神とされています。毘沙門とは多聞と訳し 多くの人々の願い(福徳 知恵 美貌 力 能弁など 10種 の利益)を聞いてかなえさせるといいます。武装分岐の守護神四天王随一の多聞天です。

多聞寺の御本尊である毘沙門天は弘法大師の作。

bmm20-3.jpg

毘沙門天の御朱印!
御朱印にロゴを入れるとは・・・

多聞寺 墨田区墨田 5‐31‐13

2.
bmm20-10.jpg

寿老神(白鬚神社) 寿命
寿老神は 中国の延命長寿の神様で 巻物を結んだ杖を携え 三千年の長寿の象徴の鹿を連れています。不老不死の霊薬を所持していることから 長寿の神として親しまれています。
寿老神は老人星の化身といわれ 福禄寿とは似た者同士。

墨田川七福神の中でなかなか見つからなかった寿老人を 白い鬚の長寿の神様として白鬚大明神にあてたことからきています。

bmm20-7.jpg

寿老神の御朱印!

白鬚神社 墨田区東向島 3-5‐2

3.
bmm20-11.jpg

福禄寿(向島百花園) 人望
福禄寿は 中国の神様で 短身・長頭の姿で 年齢も数千年を超すといわれ 長寿の神として親しまれています。不老長寿の薬が入った瓢箪を携え 福徳を授けてくれます。
南極星の化身と言われ 鶴か亀を連れていることもあるようです。

福禄寿尊像は 開祖佐原鞠塢が百花園の草花にちなみ 本草の神として愛蔵し信仰していたもの。

bmm20-4.jpg

福禄寿の御朱印!

向島百花園 墨田区東向島 3-18-3

4. 
bmm20-12.jpg

弁財天(長命寺) 愛敬
弁財天は インドの水辺の女神で 琵琶を奏でる姿をし 音楽 弁才 財福を司る女神。
神道では古事記に出てくる神。市杵島媛命と申し上げ水(河)の神様。七福神唯一の女性で 江戸時代は富貴の神として庶民の人気を集めました。
河(水)の神ということから蛇がお使いとして選ばれ 巳の日に参拝する風習が生まれました。
田畑の農作物にとって 最も重要な水を供給するので 五穀豊穣の守り神と言われています。

三代将軍家光が鷹狩り途中の腹痛を寺内井戸水で薬を服用して快癒したことから 長命水の名をいただき 寺号も長命寺としました。

bmm20-5.jpg

弁財天の御朱印!

長命寺 墨田区向島 5‐4-4 長命寺の桜餅

5.
bmm20-13.jpg

布袋尊(弘福寺) 大量
布袋尊は七福神の中で唯一 実在した中国の禅僧。常に大きな布の袋を背負い この中に福財が入っていたそうです。
無邪気で無欲な心の豊かさを諭す神で 弥勒の化身といわれています。
笑顔を浮かべた円満な容姿をしていて 喜びを施し親しまれています。

境内にある ”咳の爺婆尊像” は 風外和尚が修行中 両親を偲び刻んだもので 風外の石像だから風邪にも強かろうと風邪除けの信仰を集めました。咳止飴を買い求めました~

bmm20-6.jpg

布袋尊の御朱印!

弘福寺 墨田区向島 5‐3-2

6.
bmm20-15.jpg

恵比寿神(三囲神社) 清廉
恵比寿神は 日本古来の神様。
大国主命の子息 事代主命が恵比寿神と言われ 左手には古来より福を現す ”鯛” を持ち 右手には福を釣るという ”釣り竿” を持っており 大漁の神として 海の守護と商業が栄えた室町時代頃からは商売繁盛の神様として信仰されています。

7.
bmm20-14.jpg

大国神(三囲神社) 裕福
大国神は インドの神様で大黒天とも呼ばれ 武神でしたが 右手に小槌を持ち米俵を踏まえている姿に 恵比寿神と並んで厨房の神とされています。

bmm20-8.jpg

恵比寿神と大国神との御朱印!

ここ三囲神社には 恵比寿神と大黒天とが一緒に祭られています。 
三井寺の僧源慶が弘法大師創建の由来を持つ荒れた祠を再建したとき 出土した神像の周りを 白狐が現れ三回巡り 消え去ったことから ”みめぐり” の名が起こったとされています。
大國・恵比寿は越後屋(現三越)に祭られていたもの。ついでながら 以前三越にあったライオン像も境内に鎮座していました~

三囲神社 墨田区向島2-5-17

8.
bmm20-16.jpg

揃い踏み!
3㎝ 前後の本当に小さな御分体ですが 実にきれいな仕上がりに驚きました。

たくさんのアップだったので 今日のぶんちゃんともんちゃんは またにさせていただきます。。

今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


やっとロウバイが・・・ もよろしく!








明けましておめでとうございます!

永らくブログを放置して 皆様にご心配をおかけいたしました。
ご訪問をいただいたり クリックをありがとうございました。

去年の 7月 の終わりに天候不順も手伝ってか 珍しく風邪を引き何十年かぶりに喘息の発作を起こし 入院するはめになりました。すぐに退院はできたのですが その後も調子が悪くって今日に至っております。
ぼつぼつではありますが 更新できたらと思いますので よろしくお願いいたします。


まずは 新年のご挨拶です。


bmm20-1.jpg



仲良く日向ぼっこ!


bmm20-2.jpg


ぶんともんからも よろしくです!


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


明けましておめでとうございます!もよろしく!








関東 東海 東北以外は梅雨明けしたようですが 熱帯低気圧のせいで 梅雨明けは来週に持ち越されそうです。
梅雨入りしてからの日照時間が極端に短いという記録を残し 今日太陽を見たのは久しぶりの気がします。
とはいえ 外はこのほか暑く 蒸し暑いです。
カリガネソウ(雁草 雁金草)です。
名前の由来は 雄しべと雌しべとが弓のように飛び出ている姿をカリ(雁)が飛んでいるのに見立てたことから来ていますが 花の形を船に見立てて ホカケソウ(帆掛草)とも言われます。

過去のカリガネソウの記事です。

・ カリガネソウ 今年も!


1.
bmm19-174.jpg

カリガネソウ(雁草 雁金草)は 東アジア(日本 朝鮮半島 中国)に分布し 全国の山地に自生するシソ科(クマツヅラ科) カリガネソウ属に分類される多年草。別名 ホカケソウ(帆掛草)。

草丈 60-100cm。花期 8-10月。果期 10-11月。花冠長 8-10mm。 花色 青紫色。

2.
bmm19-165.jpg

茎上部の葉腋から花柄を出し 集散花序に たくさんの花をまばらにつけます。
長いしべはこの可愛らしい蕾の中に折りたたまれています。

3.
bmm19-168.jpg

花弁と萼片は 5枚 であることが多く(4~6枚 のもある) 花弁は凹形で 縁がひだ状になっています。
2枚 は上に 2枚 は左右へと大きく広がり 下側の花弁は大きく舌状となっていて 蜜標となる白い斑点紋様が入っています。

4.


舌状の花弁は 昆虫が吸蜜する時 とまりやすくするため。

オンマウスしてね!

5.


雄しべより雌しべの方が長く 雄しべ(長さ 3-3.5cm)は 4本 で 2本 が長く 2本 が短くなっています。
雌しべは 1本 で先端は 2つ に割れています。

オンマウスしてね!

6.


ハナバチなどの花粉を媒介する虫が花を訪れると  左右の花弁に脚をかけるようにして止まり 花に虫の重みが加わると花序が垂れ下がって花が首をもたげるように角度を変え 虫の背中に花粉と柱頭が付いて花粉を付けるとともに受粉する仕掛けになっています。

オンマウスしてね!

7.


バックのオレンジ色は ノウゼンカズラです。

オンマウスしてね!

8.
bmm19-176.jpg

透過光で輝いて。

9.
bmm19-177.jpg

カリガネに見えるでしょうか・・・

10.
bmm19-179.jpg

それとも帆掛け船?

11..
bmm19-178.jpg

若い果実。熟すと黒くなります。
宿存した萼片のカップのなかには 4ヶ の種子が 並んでいます。

12.
bmm19-173.jpg

カリガネソウ(Tripora divaricata (Maxim.) P. D. Cantino)シソ科 カリガネソウ属


* 今日のぶんちゃんともんちゃんは お休みします。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


アゲハさんの花巡り! もよろしく!





 | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター