台風 15号 のせいか 昨日は午後から晴れ からっとした気持ちの良いお天気でした。
今日からはまた暑くなるとか・・・



9月カレンダー

9月 になりましたね~
ホテイアオイを見に行った時のぶん ちゃん('07.09.24)と もん ちゃん('12.09.09)です。
オニバスの自生地に行った帰りに寄りました。
行った年はそれぞれ違いますが・・・


さて ホソバウンラン(細葉海蘭)です。
名前の由来は 海岸の砂地に生える在来種のウンランに比べて 葉が細長くなっていることから来ています。
ユーラシア大陸原産で 明治~大正時代に観賞用 薬用植物として持ち込まれた帰化植物です。
日本の気候に適合したのか 各地で道ばたなどに野生化しています。


1.
bmm-1738.jpg

ホソバウンラン(細葉海蘭)は ヨーロッパ~アジア原産で草地や道端に生育する
オオバコ科 ウンラン属の多年草。

草丈 30-80cm。花期 5-8月。花色 淡黄色または白。花冠長 18-32mm。花枝 1-4mm。
果実長 9-12mm。種子 約 1.5mm。

2.
bmm-1739.jpg

花全体は直立し 筒部の基部が 1cm ほど真下に長く伸びて距になっているのが特徴です。
距の中には蜜を貯めています。

3.
bmm-1745.jpg

萼片 5枚。
上唇は 2裂 し 下唇には黄色~オレンジ色の隆起部分があり 筒部は先が細長い距となっています。
この花は上唇と下唇が密着していて 筒部を隠しているので外からは 雄しべや雌しべの存在がわかりません。
このような花を仮面状花とよんでいます。下唇の隠された部分には細かい毛がたくさん生えています。

4.


アリ さんのお尻!

オンマウスしてね!

5.
bmm-1746.jpg

喉の部分が淡黄色で ゆで卵の黄味みたいでしょ!
英名を butter and eggs といい なるほど 花の色をよく表していますね~

6.
bmm-1742.jpg

茎は直立。葉は長さ 2.5-5㎝ の線形で 基部は茎を抱きません。
葉は互生し 長さ 5㎝ 幅 5㎜。

7.
bmm-1747.jpg

ホソバウンランの花に訪れる昆虫はハチの仲間が中心で チョウチョは訪れません。
こんな仮面状態では チョウチョはどうやって吸蜜してよいのかわかりませんよね。
ハキリバチの仲間とトラマルハナバチが中心となっているようです。

8.
bmm-1743.jpg

ホソバウンラン(Linaria vulgaris L.)オオバコ科 ウンラン属 


今日のぶんちゃん ”ぱぱ! 守ってね!” の 巻 '08.09.03


1.
17bunchan-590.jpg

レストランで順番を待っている間 何かにおびえたようなぶん ちゃん!
ぱぱの後ろに隠れています。

2.
17bunchan-591.jpg

順番が回ってきて。
それでも何かが気になるご様子!

3.
17bunchan-592.jpg

ぶん: ”あ~~怖かった~! ぱぱ! ちゃんとあたちを守ってね!”


今日のもんちゃん ”一緒にお寝んね!” の 巻 '09.09.03


1.
monchan-573.jpg

お揃いのカドラーにそれぞれ入ってぬくぬく!
奥のぶん ちゃんは すでに眠ってしまっています。

2.
monchan-574.jpg

もん:: ”ボクちゃんもそろそろ・・・”

3.
monchan-575.jpg

トロ~~ン!


今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


☆ オニバスは絶滅から守らねば! もよろしく!








早朝 突然に北海道上空を北朝鮮のミサイルが通過しました。
これから先のことがとても気にかかりますね~

シカクヒマワリ(四角向日葵)です。
名前の由来は 茎の断面が四角になっていることから来ています。
炎天下でも健気に咲いている姿からは 勇気をもらえそうです。

過去のシカクヒマワリの記事です。

炎天下のシカクヒマワリ!


1.
bmm-1727.jpg

今年も出会えたシカクヒマワリ!

2.
bmm-1736.jpg

どのお花も太陽をたくさん浴びてキラキラと輝いていました。

3.
bmm-1737.jpg

こんな風にね。

4.
bmm-1725.jpg

いろんな段階のお花たち。

5.
bmm-1726.jpg

虫さんもやってきます。

6.
bmm-1730.jpg

葉は心形で 対生。葉の先は尖り 基部は茎を抱いています。
後姿。

7.
bmm-1732.jpg

茎は直立し 茎の上部で枝分かれして先端に 10cm くらいの黄色い頭花をつけます。
筒状花。

8.
bmm-1729.jpg

真ん中のしべがみな落ちて。

9.
bmm-1731.jpg

舌状花も落ちると・・・

10.
bmm-1734.jpg

名前の由来となった茎は四角いでしょ!

11.


こちらもきらきら~!

オンマウスしてね!


12.
bmm-1735.jpg

シカクヒマワリ(Tetragonotheca helianthoides L.)キク科 テトラゴノセカ属


* 今日のぶんちゃんともんちゃんはお休みします。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


☆ クサギの花は 花火みたいです! もよろしく!








今朝は やっと太陽が輝いているのを見ることができました。
早朝は 空は青一色でしたが 午後になると雲が出てきました。
今日は 35度 になるとか・・・

ぶんちゃんの月命日に ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)を手向けます。
名前の由来は 高野山では開祖の弘法大師(空海)が竹を植えることを禁じたので ”竹箒”を作れないことから この木の枝を束ねて箒の代わりに用いたことから来ています。
その花のつく葉が長いので ナガバノコウヤボウキ!
類似種のコウヤボウキは 葉や枝に毛が多く 花が当年枝の先端につくのに対して ナガバノコウヤボウキは 葉が細長いこと 両面無毛であること 花が束生した葉の中心に付くことなどによって区別できます。

過去のナガバノコウヤボウキの記事です。

ナガバノコウヤボウキは地味だけど・・・


1.
bmm-1721.jpg

ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)は 本州(宮城県以南) 四国 九州に分布する
キク科 コウヤボウキ属の落葉小低木。

樹高 50-100cm。花期 7-9月。花色 白。 筒状花 1.5cm。果実 そう果。長さ 7mm。
枝は紫色を帯び 無毛。

2.
bmm-1723.jpg

花は 2年枝 の束生した葉の中央に頭花を 1個 つけます。
頭花は白い筒状花が 数個 集まっています。
花冠は 5裂。雄しべ  5個。 雌しべ 1個 。
いずれも花冠から突き出します。

3.
bmm-1720.jpg

葉縁には小さな鋸歯。両面とも無毛。
葉っぱはとっても固いです。
なので 箒になるかもですね。

4.
bmm-1722.jpg

筒状花の数 少ないですね~

5.
bmm-1719.jpg

今年の花はどれも こんなでした。

6.
bmm-1717.jpg

花後にできた果実。 
ボサボサ状態ですね~ '16.09.03

7.
bmm-1718.jpg

でもきれい!

8.
bmm-1724.jpg

ナガバノコウヤボウキ(Pertya glabrescens Sch.-Bip.)キク科 コウヤボウキ属


今日のぶんちゃん ”ふたりで日向ぼっこなのですが・・・” の 巻 '09.08.28


1.
17bunchan-586.jpg

ぶん: ”きつい日差し!でちゅね~!”

2.
17bunchan-587.jpg

でも 気持ちよさそうです。

3.
17bunchan-588.jpg

早く部屋に戻りたい様子です。


今日のもんちゃん ”つまらない!” の 巻 '09.08.23


1.
monchan-570.jpg

もん: ”いいお天気だな~!”
再び ぶんちゃんもいます。

2.
monchan-571.jpg

もん: ”お姉たんは かまってくれないしなんかつまらない!”
後ろでぶんちゃんは寝ています。

3.
monchan-572.jpg

こうなりゃ 寝るっきゃないでしょ!


今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


☆ クサギの花は 花火みたいです! もよろしく!






都内は 8月 1 日 以来ずっと雨です。こんな雨続きは 40年 ぶりだとか・・・
午後からは ひどい降りになってきています。あちこちでゲリラ豪雨も発生しているようで変です。
気温も低いまま 夜は寒いくらいです。

さて 今日のお花は チョウキンレン(地湧金蓮)です。
名前の由来は ”地湧金蓮” の字の通り ハスに似た鮮やかな黄金色の花が 地面から湧き出ているように見えることから来ています。
花期が長いために 長く楽しめ 黄色い苞が非常によく目立ちます。
昔 もん ちゃんとお散歩をしている時に鉢植えのチョウキンレンに出会ったことがあります。

折しも今日は日本の敗戦記念日。犠牲となられた方々に 心よりの哀悼の意を捧げます。
戦争に正当な理由などないです。人類の英知と勇気とで避けなければいけないと思います。


1.
bmm-1704.jpg

チョウキンレン(地湧金蓮)は 中国雲南省原産で 中国南部(雲南省)からインドシナ半島の山地(標高 2000m 前後)に自生するバショウ科 ムセラ属の常緑多年草。
別名 チャイニーズイエローバナナ。

草丈 60-80cm。花期 5-11月。花色 黄色。花径 30cm。

2.
bmm-1705.jpg

茎の頂部で花弁のように四方に開いている部分は苞。

3.


苞の付け根に見えるたくさんの小さな筒状の器官が 1つ1つ の独立した花です。

オンマウスしてね!

4.


そばに寄ってみるとよくわかります。

オンマウスしてね!

5.
bmm-1708.jpg

それらの花が終ると次の苞が開き 次の花が出てきて開花します。

6.
bmm-1710.jpg

花は春から秋にかけて次々に咲き 長期間咲き続けます。

7.
bmm-1711.jpg

開花した株は世代交代のために枯れますが 地際に子株が出てくるので それが次の株となります。

8.
bmm-1713.jpg

横から見ると・・・
茎がたくさん! 葉柄です。

9.
bmm-1714.jpg

その葉柄の先にあるのが葉っぱ。

10.
bmm-1715.jpg

塔のように順次重なっています。
まさに地面から湧き上がってきた黄金色のハスの花ですね~

11.
bmm-1716.jpg

チョウキンレン(Musella lasiocarpa (Fr.) C.Y. Wu ex H.W.Li)バショウ科 ムセラ属


今日のぶんちゃん ”日向ぼっこの後のクールダウンですが・・・” の 巻 '09.08.15


1.
17bunchan-580.jpg

お立ち台から部屋に戻って ベッドの上でへそ天してクールダウン中!

2.
17bunchan-581.jpg

ぶん: ”気持ちがいいでちゅ!”

3.
17bunchan-582.jpg

と そこへやってきたのは もん ちゃんです。
ぶん: ”うぅ~ん! なんでちゅか~!”
もん: ”お姉たん! そこをどいてボクちゃんに譲ってくだしゃい!”
この後 どうなったかは ↓ です。

今日のもんちゃん ”へっ! へっ! へっ!” の 巻 '09.08.15


1.
monchan-564.jpg

↑ で ベッドでへそ天で寝ていたぶん ちゃんをどかせて。
ぶん ちゃんは 優しいのでもん ちゃんにその場所を譲ってあげました。
ベッドからハウスに直してあげると ちゃっかりと入っています。

2.
monchan-565.jpg

キーウィ君を入れてあげました~

3.
monchan-566.jpg

もん: ”へっ! へっ! へっ! うまくいった~”
ぶん ちゃんからベッドを取り上げて 楽をしているもん ちゃんでした~


今日もクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


☆ ワスレグサのサマーオレンジは もよろしく!





 | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター