FC2ブログ


全国的にコロナの新規感染者数が増加しているというのに 相変わらずPCR検査数は全く増えないようです。検査によって 陽性者数があがると困るのでしょうか・・・
国の無策ぶりには 誰もが憤りを感じざるを得ません。

オニユリ(鬼百合)です。
名前の由来は 花の形が大きく 豪快に見えることが ”鬼” を連想させることからとか 花被片の内側にある橙色に黒紫色の斑点が ”赤鬼” を 連想させることなどの説があります。
また ユリ(百合)という名前の由来は ユリの球根である鱗茎(ユリ根)が おおよそ 100枚 もの麟片が重なり合っていることから "百合" という漢字があてられたようです。
種子は作りませんが 葉腋に暗紫色のムカゴを作ります。これが1番の特徴でしょうか・・・


1.
bmm20-342.jpg

オニユリ(鬼百合)は グアム東部 中国 朝鮮半島 日本などの野山に自生する
ユリ科 ユリ属の多年草。
別名 テンガイユリ(天蓋百合) タイガーリリー。

草丈 1-2m。花期 7-8月。花色 橙色に暗紫色の斑点。花径 20-25cm。

2.
bmm20-343.jpg

花は 先端につき 花弁は強く反り返ります。

3.


緑をバックに!

オンマウスしてね!

4.
bmm20-344.jpg

葉は互生し 小さめの披針形で 先端はゆるく尖ります。
葉っぱが光に透けて産毛が輝いています。

5.
bmm20-347.jpg

花が咲き進むと 葯がしぼんできますね~
天蓋百合というネーミングも納得です。

6.
bmm20-339.jpg

ハチ さんの仲間がやってきました。
胴がきゅっとくびれてかっこいいですね~

7.
bmm20-340.jpg

アゲハチョウ さんの仲間も飛んできました~
クロアゲハ さんかと思ったのですが・・・

8.
bmm20-341.jpg

翅がボロボロで尾状突起などよくわかりませんが 空を別のアゲハ さんと飛んだ時にとても大きくてゆったりと飛んでいたので ナガサキアゲハ さんかもしれません。
間違っていたら ご指摘くださるとうれしいです。

ナガサキアゲハ(Papilio memnon Linnaeus, 1758)アゲハチョウ科 アゲハチョウ属

9.
bmm20-348.jpg

オニユリ(Lilium lancifolium Thunb.)ユリ科 ユリ属


* 今日のぶんちゃんともんちゃんとは これまでにアップしてしまったので お休みします。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


Living for today... の ヤノネボンテンカには驚きの秘密が! もよろしく!







今年の梅雨は長引きそうですね~
雨は降らないと困りますが 災害を起こすほどの降り過ぎも困ります。
相変わらず コロナの新規感染者数は増加の一途をたどっています。
概ね高齢者は自粛しているのに 若者は無症状でも感染しているかもしれないのに外へ出たがります。
たいしたことないと思っているようですが 後遺症に悩まされている若者も多くいるのが現実です。
有効な対策を取っていない現状では 来月にはたいへんなことになりそうです。

ノウゼンカズラ(凌霄花)です。
名前の由来は 凌は ”しのぐ” 霄は ”そら” と言う意味です。
つるから付着根を出して樹木や壁面などを這い 天空を凌ぐほど高く登るところから来ています。
ノウゼンというのは 凌霄の字音によるといわれ 古くはノウセウカズラと読まれ これが転訛してノウゼンカズラとなったようです。
原産地は中国で 日本へは平安時代に渡来。
最盛期には 花数が 100個 以上となり  特に雨や曇の日が続くと 花や蕾が落ちやすく 毎日落花した花殻の掃除が大変ですま
ハチドリによる鳥媒花ですが アゲハ さんが頭を突っ込んでいるのを見たことがあります。また 甘い蜜を求めてアリ さんがたくさんいます。
果実はさく果ですが 日本ではほとんど結実しないようです。


1.
bmm20-336.jpg

ノウゼンカズラ(凌霄花)は 中国原産のノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属の蔓性落葉低木。

樹高 5-6m。ツル長 3-10m。花期 7-8月。花色 橙黄色。花径 6-10cm。萼片 5裂。

2.
bmm20-335.jpg

枝先に円錐花序を萌出し 大きな花を対生。花房は垂下します。 

3.


花冠は広い漏斗型で 先端は 5裂 し平開。
雄しべは 4本 のうち 2本 が長いです。
中央の雌しべの柱頭は 2つ に分かれます。

オンマウスしてね!

4.
bmm20-337.jpg

雄しべ 雌しべの様子がよくわかります。

5.
bmm20-331.jpg

クサカゲロウ さんが休んでいました。

6.
bmm20-332.jpg

葉は対生。 奇数羽状複葉。

7.
bmm20-334.jpg

ノウゼンカズラの花序は 1m 近く垂れ下がり 次々と美しい花を咲かせます。

8.
bmm20-333.jpg

雨粒を抱いた花。

9.
bmm20-338.jpg

ノウゼンカズラ(Campsis grandiflora K. Schumann)ノウゼンカズラ科 ノウゼンカズラ属


* 今日のぶんちゃん ”かっこいいでちょ!” の 巻 '04.07.25


1.
bun20-77.jpg

ハーレーのジャケットと帽子をつけて。

2.
bun20-78.jpg

ぶん: ”かっこいいでちょ!”

3.
bun20-79.jpg

ぶん: ”ちょうでもないでちゅか~!”


* 今日のもんちゃんはお休みです。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


Living for today... の オニドコロの雄花と雌花とです! もよろしく!






このところ 7月 も下旬に近いというのに低めの気温と雨続きとでうんざりですね~
コロナ感染者数も びっくりするくらい毎日増加していることに危機感を持たずにはいられません。

今回はネジバナ(捩花)です。
名前の由来は 小さな花が 花茎の周りを螺旋状に捩れながら 次々と咲いて行くことから来ています。この螺旋には 右巻きと左巻きとがありますが そのあらわれ方は ほぼ 1対1 だそうです。
別名のモジズリ(捩摺り)とは 織物の一種 ”忍捩摺(信夫捩摺 しのぶもじずり)”から来ています。”信夫もじずり”は 古代奥州(みちのく)信夫郡で作られた絹織物の模様が もじれて(もつれて)乱れたようであるところから。その染め方は 乱れ模様のある巨石の上に 白絹を置き 忍草(しぼくさ ノキシノブ)を摺って 模様をうつし出し 緑に染めたといわれています。
ナワバナ(縄花)は 花が 縄をなったような形から来ています。


1.
bmm20-318.jpg

ネジバナ(捩花)は 北海道 本州 四国 九州 奄美 琉球に分布し 平地の道ばたや広場 田畑の雑草 あぜ道などに生育するラン科 ネジバナ属の多年草。
別名 モジズリ(綟摺) ネジリバナ ネジレバナ ネジリソウ ナワバナ ヨジリンボウ。

草丈 10-40cm。花期 4-10月。果期 5-10月。花径 5mm。花色 淡紅色~白色 緑色。

2.
bmm20-316.jpg

花茎から伸びる子房は緑色で 茎に沿って上に伸び その先端につく花は 真横に向かって咲きます。
下から咲きあがってゆきます。

3.
bmm20-317.jpg

花茎の周りに ピンクの花が螺旋階段のように並びます。
この螺旋には右巻きと左巻きとあるようです。

4.
bmm20-319.jpg

花の構造は 背萼片 1枚 側花弁 2枚 側萼片 2枚 の 5弁 がピンクで 唇弁が白。

5.


葯帽と花粉塊とが見えます。

オンマウスしてね!

6.


小さなお花ですが こうしてみると立派なランですね~

オンマウスしてね!

7.


淡いピンクのお花も清楚です。

オンマウスしてね!

8.
bmm20-315.jpg

なかには捻じれないで 同じ方向を向いているのもあります。

9.
bmm20-324.jpg

まるで櫛のようですね~

10.
bmm20-325.jpg

最もネジバナらしいかな。

11.
bmm20-321.jpg

ネジバナ(Spiranthes sinensis (Pers.) Ames var. amoena (M.Bieb.) H.Hara)ラン科 ネジバナ属

* 今日のぶんちゃんともんちゃんとはお休みします。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


Living for today... の 清涼感あふれるツルハナナス! もよろしく!


http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-3410.html



このところの気温の乱高下や蒸し暑さには閉口ですね~
大雨による災害も甚大で まだ梅雨明けもしていないのでこれからも心配です。
これ以上の災害は勘弁してほしいところです。

今回はサクララン(桜蘭)です。
名前の由来は 桜色の花を咲かせ 葉っぱがランに似ていることから来ていますが サクラの仲間でもランの仲間でもありません。
日本の南部から熱帯アジア オーストラリア 太平洋諸島などに約 200種 ほど分布しているホヤの仲間のつる性植物です。
花は多肉質で光沢があり 芳香のある種類が多いようです。
水滴をまとった花姿に 涼を感じてくだされば幸いです。


1.
bmm20-303.jpg

サクララン(桜蘭)は マダガスカル原産で 九州以南から熱帯アジア オーストラリア 太平洋諸島に自生し 海岸近くの林の中などに生息するガガイモ科 サクララン属のつる性常緑多年草。 

草丈 30-50cm。花期 6-10月。花色 白 ピンク。花冠 12-15mm。

2.
bmm20-308.jpg

蕾です。
蝋細工のようですね~

3.
bmm20-313.jpg

葉腋から短い花梗を伸ばし 散形花序(枝先に 1個 ずつ花がつく)に 40-60花 を手鞠状につけます。

4.
bmm20-312.jpg

茎は岩や樹幹などを這い 葉は対生し 楕円形で肉質。

5.
bmm20-304.jpg

多肉質で花冠の先は 5裂 し 白色で 花冠の中心部が星形の淡紅色に色づきます。
光沢のある美しいまるでサクラのような花を咲かせ 花には強い香りがあります。

6.


雌しべと雄しべとはくっついて ずい柱と呼ばれています。
写真の花の中心部の副花冠は このずい柱の突起です。

オンマウスしてね!

7.


裏側から見ると・・・

オンマウスしてね!

8.
bmm20-314.jpg

ガガイモ科の花は つくりに凝っている割には 結実に成功する花は少ないようです。
花は 案外毛深くって 面白いです~

9.
bmm20-311.jpg

光を浴びて。

10.
bmm20-307.jpg

サクララン(Hoya carnosa)キョウチクトウ科 サクララン属


* 今日のぶんちゃんともんちゃん ”相合い傘で!” の 巻 '09.07.12


1.
buntomon20-27.jpg

私のお気に入りの日傘!
源氏香の模様です。
ふたりともいいお顔しているよ~!

2.
buntomon20-29.jpg

もんはそっぽを向いて!
ぶんは 不機嫌そうに!

3.
buntomon20-28.jpg

はい! すましてね!

4.
buntomon20-30.jpg

ふたりとも疲れちゃったかな~


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


Living for today... の 白と青紫のキキョウで 涼を! もよろしく!




 | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター