FC2ブログ


都内もついに梅雨入りしたようです。
昨日は 32度 を超えた真夏日だったのですが からっとしていたので何とかしのげました。
これからの季節は何といっても湿度が問題ですよね~

さて 今回はアジュガです。
アジュガは セイヨウキランソウ(Ajuga reptans)から作出された園芸品種が多く栽培され 春に青紫色やピンク色の花を多数咲かせます。
日本に自生するジュウニヒトエやキランソウもアジュガの仲間です。
別名で セイヨウジュウニヒトエ 学名からアジュガ・レプタンス(A. reptans)とも呼ばれます。
ほふく茎でマット状に広がります。

過去のジュウニヒトエの記事です。

・ 越生の林床で見た植物 3



1.
bmm19-102.jpg

アジュガは ヨーロッパ 中央アジア原産で アメリカ大陸を除く温帯地域に分布するシソ科 キランソウ属の多年草。

草丈 10-30cm。開花期 4-6月。花色 ピンク 青紫 白。花径 2cm。花冠 1cm。
果実 分果。

2.
bmm19-111.jpg

立ち上がった茎先に総状花序を直立させ 青紫花をした唇形の花を多数咲かせます。

3.
bmm19-105.jpg

筒状になった花の先が上下に分かれ 唇のように見える唇形花です。

4.
bmm19-103.jpg

花冠は上唇と下唇とに分かれ 上唇は短く 2裂 し 下唇は大きく発達して 3裂 。
真ん中の裂片は更に大きく 浅く 2裂 します。

5.
bmm19-106.jpg

萼片 花弁は5枚。
雄しべは 4本 で わずかに長短があり 長いのが 2本 と短いのが 2本。
長い雄しべは 花糸の外側が青味を帯びて短毛があり  葯の基部付近で先が内側に曲がっています。

6.
bmm19-107.jpg

雌しべは 1本。
中央には先の方で2つに分かれた柱頭があります。

7.


苞葉ごとに花は複数。花序の軸は毛が密生。
葉の表面は深緑で艶があり 茎の節ごとに対生する長さ 4-6cm 幅 1-2cm の単葉。
葉の縁には波状の鋸歯があり 基部は狭く 先端側に広がります。
花の基部では縮小して茎を抱く包葉となる場合もあります。

オンマウスしてね!

8.
bmm19-112.jpg

爽やかな色合いでしょ!

9.
bmm19-114.jpg

花粉がこぼれて。

10.
bmm19-104.jpg

アジュガ(Ajuga reptans)シソ科 キランソウ属


* ぶんちゃんの画像は何とか戻せましたが 2010‐2016までのもんちゃんの画像はもう少し時間がかかりそうなので 今日のぶんちゃんともんちゃんは おやすみします。



今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


キンランとおまけのギンラン! もよろしく!







どうやら 暑さのピークは過ぎたようですが 今度は湿度が高くって蒸し暑いです。
今回は 何にしようかと思い悩みましたが タツナミソウにしますね。
名前の由来は 花が穂状に多数付き 同じ方向を向いて花を咲かせる姿が 波頭の文様を思わせることから来ています。
種類は多く 日本産の多くの種が 筒状で先が膨らみ 上が丸く膨らんだ花をつけます。

過去のタツナミソウの記事です。

・ タツナミソウが美しい!


1.
bmm19-88.jpg

タツナミソウ(立浪草)は 東アジア(北海道を除く日本列島 中国東部~南部 台湾 朝鮮半島 インドシナ)に分布し 林縁や草地に生えるシソ科 タツナミソウ属の多年草。世界におよそ 200種 存在。別名 ヒナノシャクシ(鄙の杓子)。

草丈 20-40cm。花期 4-6月。花色 紫 藤色 赤紫 濃淡のある桃色 白など。花長 2-4cm。花冠 約 2cm の唇形。

2.


茎の先に長さ 3-8cm の花穂を出し 一方向にかたよって花をつけます。
筒部が長く 基部で急に曲がって直立。

オンマウスしてね!

3.
bmm19-91.jpg

紫色をした唇形の花を 日向の側に波立つように 10数個 つけます。

4.


上唇はかぶと状にふくらみ 下唇の内側には紫色の斑点があります。

オンマウスしてね!

5.


茎は赤みを帯び 花序枝には白色の粗い開出毛が多くあります。

オンマウスしてね!

6.
bmm19-99.jpg

葉は数枚が対生し 長さ 幅とも 1-2.5cm の広卵形。
先は丸みを帯び 基部は心形。
葉の両面には軟毛が生え 縁には鈍い鋸歯があります。

7.
bmm19-98.jpg

萼は唇形で 上唇には半円形の隆起があり 花後に萼はやや長くなって 開口部を閉じます。
萼片は上下 上の萼片が捲れ上がると その下側の萼片に種子が 4個 乗っている形。
種子は 下側の萼片に乗っかる状態で出来ます。

8.


どこもかしこも毛深いです~

オンマウスしてね!

9.
bmm19-94.jpg

開花直前の蕾は お魚のようにも見えます。

10.
bmm19-93.jpg

タツナミソウ(Scutellaria L. (1753))シソ科 タツナミソウ属


* 未だ画像の整理がつかないので 今日のぶんちゃんともんちゃんとはお休みします。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


ツマキチョウは春の妖精 さん! もよろしく!

http://orugodon.blog17.fc2.com/blog-entry-3162.html





ご無沙汰いたしておりました。
 pc の調子が悪く 突然に画像が消えてしまったりして焦っていたのです。
花の画像はなんとか戻ってきましたが ぶんちゃんたちの画像がアップできないままです。
時間が空いてしまっても何なので 4月 に撮ってあったイカリソウをアップしますね。

名前の由来は 船の錨に似た花をつけることによります。
花は四方に伸び 角のような部分(錨の鉤にあたる部分)は ”距” と呼ばれる器官です。
これは花弁の一部が袋のように変化したもので 距の中には 花粉を媒介する昆虫をおびき寄せる蜜が入っています。
種子にはエライオソームが付着していて アリを誘引して種子を運ばせ 分布を広げます。

過去のイカリソウの記事です。

・ イカリソウとホザキノイカリソウです!


1.
bmm19-81.jpg

イカリソウ(碇草 錨草 )は 本州の東北地方以南の太平洋側 四国の半日陰の山野や林間に分布するメギ科 イカリソウ属 の落葉多年草。

草丈 20-40cm。花期 4-5月。花径 4-5cm。花色 紫色 白 黄色 ピンク。

2.
bmm19-83.jpg

花弁は 4枚 で 錨のような距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)を突出します。

3.
bmm19-86.jpg

距には蜜が入っているのがわかります。

4.
bmm19-87.jpg

萼片は二重になっていて 8枚 あり 外側の 4枚 は早くに落ち 内側の 4枚 が大きくなります。

5.
bmm19-79.jpg

葉は 花の咲き始める頃 または花の終わる頃に展開して来ます。

6.
bmm19-85.jpg

3 出複葉で その 1つ の小葉は ゆがんだ卵形をしています。

7.
bmm19-80.jpg

まさにアンカー! 

8.
bmm19-82.jpg

たくさんの花付き!

9.
bmm19-84.jpg

花後には 果実ができてきます。

10.
bmm19-78.jpg

イカリソウ(Epimedium grandiflorum C.Morr. var. thunbergianum (Miq.) Nakai (1944))メギ科 イカリソウ属


* 今日のぶんちゃんともんちゃんは お休みします。


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 


ツマキチョウは春の妖精 さん! もよろしく!













朝から冷たい雨が降ったり止んだりで 午後になると朝よりもぐっと気温が下がってきた気がします。北日本はすっぽりと寒気に覆われて季節が逆戻りです。
さて 春の妖精 さんのひとつ オキナグサ(翁草)です。
名前の由来は 花後にできる白く光沢のある長い綿毛が集まった果実の姿を 老人の白髪に見立てたことから来ています。
夏の終わりに花芽をつくり 晩秋に葉が枯れ 綿毛に包まれた花芽が中心に残り その状態で冬を越します。
だいぶ前にアップしたきりでしたが 肝心な白髪状態を撮ったことがないのでいつか! と思っています。もしかしたら 撮ってあっても忘れているのかも~~~
キンポウゲ科のお花はどれもかわいらしいですね。

過去のオキナグサの記事です。

・ オキナグサです!


1.
bmm19-76.jpg

オキナグサ(翁草 )は 日本(本州・四国・九州) 中国 朝鮮半島原産の
キンポウゲ科 オキナグサ属の多年草。

草丈 20-40cm。花期 4-5月。花色 暗赤紫色。花径 3-5cm。萼片 2.2.5cm。

2.
bmm19-72.jpg

花茎を伸ばして 暗赤紫色の花を花茎の先端に 1個 つけます。

3.
bmm19-74.jpg

茎につく葉は 3枚 が輪生し 無柄で基部が合着して 線状の裂片に分裂しています。

4.
bmm19-71.jpg

花茎の高さは 花期の頃には 低くて 10cmくらいなのですが 花後の種子が付いた白い綿毛がつく頃には 30-40cm になります。

5.
bmm19-73.jpg

葉や花茎など 全体的に白い長い毛におおわれています。

6.
bmm19-68.jpg

花弁のように見えるのは萼片で 6枚 あり 長さ 2-2.5cm。
開花の頃はうつむいて咲きますが 後に上向きに変化します。

7.
bmm19-67.jpg

花後 萼片が落ちかかった姿。

8.


白いお鬚になってゆく様子です。

オンマウスしてね!

9.
bmm19-75.jpg

ちょっとだけですが 群生していました~

10.
bmm19-77.jpg

オキナグサ(Pulsatilla cernua (Thunb.) Bercht. et C.Presl)キンポウゲ科 オキナグサ属


今日のぶんちゃん ”ボタンの花といっしょに


1.
bun19-23.jpg

庭に咲いたボタンの花といっしょに!

2.
bun19-24.jpg

何が気になるのかな~? もん ちゃんでしょうか・・・


今日のもんちゃん ”夜の浅草で!” の 巻 '14.04.26


1.
mon19-19.jpg

浅草に着いたのは夕方!
面白いオブジェがあったのでいっしょに。でもそっぽ向いていますね~^^;

2.
mon19-20.jpg

何時しか暗くなって・・・
お店の中の照明に照らされて。
お目めがこぼれそうです~~

3.
mon19-21.jpg

もん: “ぱぱ 早く戻ってこないかな~!”


今日もクリックしていただけると嬉しいです。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村

花抜き120
いつも応援クリックをありがとう! 

ネーミングの由来が怖いラショウモンカズラ ! もよろしく!








 | HOME |  »

Bun meets man.

プロフィール


ブログ内検索


最新のコメント


最新の記事


最新のトラックバック


月別アーカイヴ


全記事(数)表示


ランキング





Links


カテゴリ


RSSフィード


FC2カウンター